☆お客さま☆

« 新婚気分♪ | トップページ | ☆愛々傘☆ »

2007年5月 5日 (土)

新婚気分♪②

  赤ちゃんを  抱えて出かけ  新婚と

               間違えられて  二人赤面

 昨日は「初授乳☆」(?)でしたが、あのあと赤ちゃんをベビーバッグに入れて、食材のお買い物に出かけました。

 お隣さんへ預けてもよかったんですが、彼も私も新婚気分を味わいたいということで、まるでホントに家族3人で出かけるような気持ちになりました(照)。

 周りに何もないのにぶつけたらいけないとキョロキョロしながら(笑)なんとか駅前の「○|○|」(←分かります?:笑)のデパ地下に行きました。

 さすがにGWなので、夕方前とはいえ人もまばらで赤ちゃん連れにはちょうどいい感じでした。

 以前にセレブっぽい女性が、子供に「母ちゃ~ん」と呼ばれていた付近を親子3人(照)で歩いていると、マンションの同じ棟に住む母の知人にバッタリ会い、やはり赤ちゃんに気づかれました・・・。
「あらっ」
 私はその先に何を言わんとしてるのかが分かるので、こちらから事情を説明しました(笑)。
「そうだったの。でも、ねこちゃんの赤ちゃんを抱っこしてる姿、似合ってるかもね」
「えっ・・・」
「彼がそばにいるから、かな?」
「そ、そうですか?」

 私はてっきり、子供が赤ちゃんを抱っこしてるって言われるのかと思ってただけに、知人のおばさんの言葉は意外でした・・・。
 でも、ちょっと考えてみるとTくんがそばにいるからかな?と言われたってことは、やっぱり私一人ではまだまだママの姿はしっくり来ないということでしょうか(笑)。

 無事戻ってきた1日だけの親子3人でしたが、帰宅してすぐに友達からメールが入り、30分以内に着くという知らせに、私は急に寂しくなってしまいました・・・。

 たった1日、それも授乳以外はほとんどおとなしくしてるか、寝てるかだけだったのに、まるで自分の子供のように感じてきた私は自然と涙が溢れてきました。
 Tくんは驚きましたが、今度はこっちから会いに行けばいいじゃないと慰められ、せっかく緊張してご両親へ挨拶に行った友達に心配させたらいけないと思い、Tくんに赤ちゃんを預け、私は洗顔とメイクを直して(といっても10分くらいで終わりましたけど:笑)友達夫婦を待ちました。

 友達夫婦のご両親(彼氏の両親)への挨拶は・・・思ってた以上にスムーズだったようで、片道2時間以上かけてきた甲斐があったと喜んでいました。しかも、今度来るときは赤ちゃんも連れてきなさいということでした!
 疲れてるからなのか、そんな嬉しいご両親の言葉も淡々と伝える友達よりも私のほうが感動して、さっき泣き止んだ涙がまたあふれそうになりました(微笑)。

 本当の親子3人が帰ったあと、少しの間Tくんとベッドでボーっとしていましたが、Tくんのお腹が「ぐぅ~」っと鳴ったことで二人とも笑ってしまい、夕食を食べることにしましたとさ♪(笑)

 ハァ・・・。
 母親は大変です・・・(照笑)。

« 新婚気分♪ | トップページ | ☆愛々傘☆ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

そうだよ~母親は大変なのだ!!

瞬時も目を離せないの 赤ちゃんの行動は大人の予想をはるかに超えてるからね。

今回 お預かりした赤ちゃんは まだ動かないほど小さいから マシだったでしょ。

一人でも手一杯なのに 2人 3人 どうやって育てたのか 覚えてないくらい(笑)

お友達の赤ちゃんだということで 余計に気を使ったこともあっただろうし お疲れさまでした。

本当はお友達が、思い切って赤ちゃんを連れてご両親に挨拶に行くべきことなんだと思っていました。どんなことがあっても赤ちゃんを他人に預けたりして欲しくないですねェ。
赤ちゃんを見守るって事の大変さがわかったようですね。それが自分の子供となると、24時間、数年間目が離せなくなるんですよ。ほんのちょっとだけでも体験できてよかったですね。
早くご自分達の赤ちゃんが授かると良いね!!

はは、母はしんどいでしょう。
でも人の子でもそんなに感情移入してしまうんだから、
ほんものの赤ちゃんだったら、
どうなるんでしょうね、
今から心配!

そういえば、もうすぐ母の日ですよね^^
私も親を大切にしなきゃと思います・・・。

素敵な体験でしたね☆
自分で産まないとなかなか出来ないことですよ!!

きっと、神様がくれた予行練習・・・ってやつなんでしょうかね??(笑)

<こねこのおへんじ♪>
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

<あい母さんへ>
 ほとんど動きませんでした。ミルクは飲みましたけど、大物というのか、全く動じなくて堂々と寝てました(笑)。

 預かる前は将来のための練習だぁ~なんて思ってましたが、いざ預かるとそんな余裕はありませんでした・・・。


<なまはげパパへ>
 私もそう言ったんですが、どうしても怖いと言ったので預かることにしました。ホントはその怖さを乗り切ってほしかったんですけどね・・・。

 お父さんもあい母さんと同じく3人を育て上げたんですよね。ホントに尊敬します・・・。

 自分の赤ちゃんは・・・まだ・・・だと思います・・・よ?(照)


<△イチおじさんへ>
 しんどかったですけど、いい経験になりました。
 仕事とはまた別の神経を使うので、慣れるまで大変だと思いますが、これも将来のためです。あ、近い将来じゃないですよ?(照笑)

 
<ひまりんへ>
 今まで、母親の立場ってイメージしただけでなったことがないか分からなかったけど、今回ちょっとだけ体験してみて、ますます母親に感謝と尊敬の気持ちが湧いてきたね(微笑)。

 ひまりんもあと10年したらママになってるかもよ?(微笑)


<ちぃちゃんへ>
 そうだね。
 私の歳で子供がいる友達はいることはいるけど、そんなに会えるわけでもないし、まして子供を預かるなんてそうそうないし、今回はそういった意味でもいい経験だったかもね。

 予行練習・・・・・・本番はいつになるのか///////////

こんばんは、あおぞらです。
いつも有難うございます、速攻で(爆) 記事を拝見しましたよ。
赤ちゃんからお姉さま方まで・・大変でしたね、お疲れ様でした(微笑)。
連休も明日ではや終わりになってしまい残念です(爆)。箱根神社はいろんな事に御利益があるそうです。。県西方面は新緑が綺麗でしたよ、機会があれば こねこさん達も出掛けてみては いかがでしょうか。(^-^)

☆ところで、私のブログのコメント欄は見えるようになりましたか?

こねこさんの泣いてしまった気持ち分かる気がします。と言ってもうちには実際に子供がいますが。。。

プチ母親jは大変だったけど、いい時間だったようですね。いつか母親になったらいいお母さんになれそうですね。

おはよ~です。
ホント、赤ちゃんが産まれると、とっても嬉しいし私なんか仕事から帰ってきても、赤ちゃんを見るだけで一日の疲れが吹っ飛びそうでしたよ! でも、反面。夜中に何度も起こされたりして大変な思いもしますよね。特に、妻が40日も入院した時はね。こういう時もあると親と同居。または近くに親がいてくれるとありがたいですよ。私の場合は、母も入院してたし妻の実家は遠かったしね。。。 こねこちゃんも結婚してご自分のお子さんを抱っこする日も、そう遠くなさそう・・・・かな?(笑)

もう一度、お邪魔~。
またまた記事を書きました。って事でお知らせだけなのでこのコメントは消去可能!(笑)

<こねこのおへんじ♪>
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

<あおぞらさんへ>
 コメントの件は見られるようになりました♪
 
 記事を一気に見たんですね。
 お姉さまたちも私も・・・相変わらずです(笑)。

 箱根は同じ県内なのでいつか行けるといいなと思ってます♪


<ちびとんとんさんへ>
 分かりますか。
 泣くつもりじゃなかったのに、短時間でも感情移入しちゃうもんなんですね(微笑)。

 いいお母さんに、ですか?
 それよりも母親に見られるようにしないと(笑)。


<eimeisさんへ>
 更新のお知らせまでありがとうございます(ペコリ)。

 人間とネコの違いはありますが、私もマルコが生きてたころは帰ってからじゃれると疲れもストレスも吹き飛びましたね(微笑)。

 でも、子供がそれだけ可愛く思えるのは、子育てが大変だからこその感情なんでしょうね(微笑)。

 私の子供ですか?
 う~ん・・・遠からず、近からず・・・ん?(照笑)

1日だけの付き合いだったけど、やはり情がね。
離れるのは寂しいでしょうが、こねこさんにもきっと
その内赤ちゃんができるでしょうから、今回はその予行演習ということで。

Tくんも欲しくなったんじゃないでしょうか、あかちゃん。(笑)

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<しまさんへ>
 あさおくんほど大泣きはしてないんですが(笑)やっぱりかわいい赤ちゃんがいとおしくなってしまいました・・・。

 皆さん予行演習と言いますが・・・私もそう思います(照)。
 そういえばTくんに赤ちゃんがほしいか聞くのを忘れてました!
 今夜にも聞いてみようかな。それとも今度会ったときにダイレクトに聞いてみようかな////////////

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新婚気分♪ | トップページ | ☆愛々傘☆ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ