☆お客さま☆

« 鼻高々・・・かな? | トップページ | 母娘で親子丼♪ »

2007年6月23日 (土)

もう二度と・・・。

  あの日から  62年の  月日経ち

              尊い犠牲で  成り立つ平和

 今日、6月23日は太平洋戦争の影響による、沖縄戦終結から62年目にあたります。
 8月15日ほど大きく取り上げられませんが、ニュースなどでも報道されてるので毎年気になっていました。

 そして、私には気になる理由がもう一つ・・・。

 それは、父方の祖父(現在の祖父は再婚相手)が沖縄で3月ごろ戦死したからなんです(祖母がずっと前に教えてくれました)。
 私の父は今から63年前に生まれましたが、祖父は息子(私の父)が生まれてすぐ戦死したことになります。

 10年近く前、まだ祖母が元気だったころ、私の両親と祖母、祖母の妹と娘の5人で沖縄旅行に行きました(私は行ってません)。

 そのとき、祖父が戦死した場所と聞かされていたある洞窟のようなところへ、足が悪い祖母を父が誘導する形で中へ連れて行くと、滅多に人前で泣かなかった祖母がそのときは人目もはばからず号泣して崩れたそうです(涙)・・・。

 私もそのときの話をあとで母から聞いて号泣でした・・・。
 暗くて、狭くて、怖かっただろうなぁって思うだけで今でも泣いてしまいます。

 洞窟へ行ったあとに訪れた「平和の礎」という、戦没者の氏名が刻まれた石碑のところで祖父の名前を見つけたときも、祖母はしばらく石碑の前から動かなかったそうです。合掌した姿のままだったそうです・・・。

 8月15日の終戦記念日ではニュースの取り上げ方も違うので、誰もが尊い犠牲として亡くなられた方々へ哀悼の想いがあるでしょう。
 しかし、日本で唯一の陸上戦である沖縄の戦いでは、人が人を殺すという尋常じゃない精神状態での出来事があったということをもっと認識してほしいと思います。

 もう、二度と悲惨な戦争を繰り返さないためにも・・・・・・・・・・・・・。

« 鼻高々・・・かな? | トップページ | 母娘で親子丼♪ »

家族」カテゴリの記事

コメント

こねこに・・コンナこといわせる・・戦争・って
ホントウニ・イヤデスネ
さんまさんの・・テレビドラマが・頭をよぎりました・・
沖縄で・・三代・・そろってるうちヮ・・ないと思うよって
先輩に聞いたコトがあります・・
そうですか6月23日でした。。か。。
意識が・・片方によって行きそうな今・・
小さくても一人ひとりの≪反戦≫が
国としての意識を引き締めてくれる・・と思ってヮ居ます

私も「平和の礎」で、出身地毎にたくさんの方のお名前が刻まれているのを見て涙が溢れました。今は日本に帰還して自由に行き来できますが、アメリカの占領地になっていた頃を含め、沖縄というところは本土には無い辛い経験をたくさんしてきた場所なんですね。
ねこちゃんのように若い方に知ってもらいたいお話でした。後世にも伝えていって下さい。

そうだったんですか。。。
正直、僕の身の周りに戦死した親戚は
いなかったので、悲しいなぁ。。。としか
思えてなかったわけなんですが。。
こういう風に話を聞くと、とても胸が締め付けられる
感じになりますね。。。

僕も、手を合わせたいと思います。。。

 沖縄で起きた、あの最悪の悲劇は、それだけでも戦争に対する忌避感を感じさせるのに、十分ですよね。
 平和ボケなんていっている人たちに、その場に行って、そこで何が起きたかをもう一度認識してなお、そのセリフがいえるかどうか、確かめてみたいくらいの気持ちです。
 確かに、終戦記念日よりも取り上げられ方は小さいものの、もっと多くの人に知ってもらうべき一日なのではないか、と思いました。

沖縄の戦争体験は いつ聞いて涙が出てきます。

ひめゆりの塔の哀しい話もありますね。

終戦記念日は8月だけでは無い この事を胸に刻んでおきたいと思います。

戦争・・・私たちにはわからない世界ですよね。もう二度となくて良いような出来事ですよね。

沖縄の歴史を見るとホント大変だったのか分かりますね。
本土に見捨てられ、補給物資もなく、それでも必死で守った。
自決という最悪な結果に終わってしまい。

正しく、それが後世に語り継がれるのか?課題の一つですね。
過ちを再び犯さないようにしなければなりませんね。

こねこは結構遅い時の子供なんですね!

<こねこのおへんじ♪>
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

<台所のキフジンさんへ>
 私の年代くらいなら親の歳も若いはずですが、ウチは父が遅くに結婚したために沖縄のことを身近なこととして知る機会が与えられました。

 反戦の意識ですか。
 私も個人の意識なくして国の意思はないと思ってます(微笑)。


<なまはげパパへ>
 沖縄がアメリカの統治下から解放されたのが、私が生まれるわずか10年前だったのを知ったときはビックリしましたね。

 その間、戦いで傷ついた心と体も癒されぬまま30年近くも苦しんできたんですよね。いや、今も苦しんでるんですね・・・。

 
<ちぃちゃんへ>
 さすがにちぃちゃんの歳になると、おじいちゃんおばあちゃんの歳でも戦争は未体験かもね・・・。
 
 私よりさらに若いちぃちゃんにも次の世代に伝える義務があるよね。もちろん私は実体験を聞いてるからなおさらだけど・・・。


<markさんへ>
 ホントにmarkさんがおっしゃるとおりだと思います。
 戦争?昔のことでしょ?なんて言ってる人たち(老若問わず)に現場に行って、現地の戦争体験者のお話を聞いてもまだそんなことを言えるのか!?って言いたいですね。
 
 原爆、大空襲など、民間人が犠牲になった例はいくつもありますが、実際に人によってじかに殺されたのは沖縄だけですから、もっともっと知ってほしいですよね。


<あい母さんへ>
 沖縄の終戦記念日が6月23日なんですよね。
 そして、日本で唯一の陸上戦であり、それ以上の陸上戦を防いでくれた尊い場所ですから、これからは8月15日と同じように扱ってほしいですね。

 
<きぃちゃんへ>
 今、世界で起きてる戦争を見るだけでは分からない、地元の体験者の話を聞くと実感できるかもね。

 きぃちゃんもこれから伝えていく立場だから、機会があったら沖縄に行って話を聞いてみてね(微笑)。


<トシオさんへ>
 そのころは、もう日本軍はほぼ壊滅状態で沖縄を守るどころではなかったようですね。実際、約2ヵ月後に終戦を迎えてますから・・・。

 正しく語り継がれるためには、検定なんてもので間違った情報より、現地のかたのお話を聞き、尊い命がいくつも絶たれた現場に行くことが一番正しいことだと思います・・・。


<akakageさんへ>
 はい。
 父とは38歳離れてます。

こんにちは!
沖縄とか、歴史が噴出してくる場所、
いくつかありますね。
沖縄にいくにはパスポートが
必要だったんですよね、
つい最近まで。
沖縄旅行を、九州に変更したこと
思い出します、パスポートの遅れで。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<△イチおじさんへ>
 私は初めから沖縄は日本だと思ってたので、過去のことを知って逆に驚きです・・・。

 お金もドルだったそうですね。
 今でもドルを持ってる方がいるとかで(使うという意味じゃなく)。

高校の時修学旅行先が沖縄でした。
12月だったのですが洞窟で戦争のお話を聞きました。

沖縄の方って『本土』っていう呼び方されますよね。
あれを聞くとこの惨事をなんとなく思い出してしまうんです。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<しまさんへ>
 貴重な経験をされましたね。
 実際に現地でお話を聞いて、さらに永遠の不戦を感じたのではないでしょうか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼻高々・・・かな? | トップページ | 母娘で親子丼♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ