☆お客さま☆

« クネクネ | トップページ | ママは強し!! »

2007年9月16日 (日)

一人でも・・・。

  家族では  またもこねこが  ただ一人

               それでも祖母の  笑顔に安堵

 今日は1日前倒しして、祖母の施設で敬老の日として家族を交えた会が行なわれました。

 しかし・・・またも家族で訪れたのは私ただ一人・・・。
 私みたいに祝日でも月曜で出勤という人のために前倒しして日曜日にしてもらってるのに・・・という切ない思いは顔に出さず、いつものように笑顔で祖母に会いました♪

 これまたいつものように祖母は初めキョトンとした顔ですが、そのうち私の顔をじ~っと見てるとほわぁ~とした笑顔がにじみ出てきて、私もつられて笑顔です(微笑)。

 前回、祖母の誕生日会(その月の誕生日のかたをまとめてお祝いします)のときと同じようにおやつの時間に合わせて、みんなで会食というスタイルです。

 しかしここで異変が・・・?
 なんと、私が訪れるたびに祖母へ折り鶴を作って持って行ってたのが施設では流行っていたみたいで、どのおじいさん、おばあさんも必ずどこかに身に着けていました☆

 祖母の場合、車椅子なので押す人が握るハンドル?のようなところに私が作った赤い折り鶴がくくりつけられていました(微笑)。
「あなたがいつもおばあちゃんと一緒に折ってるのを見て、他のかたも自発的に折りたいと言ってきたんですよ」
「そうなんですか・・・」
 私は職員のかたの言葉にまたも涙が出そうになりました・・・。

 折り鶴のように指先を使うのは少しでも認知症を遅らせ、ストレス解消にもなるので時々は職員のかたが折ってあげていたそうです。
 でも、言われてみれば先月訪れたときよりかなりの数が折られていたので何かあったのかな?とは思っていたんですが、まさか祖母と私の絆でもある赤い折り鶴から、しかも自発的に折りたいだなんて嬉しい限りです(微笑)。

 会食は1時間ほどで終わり、祖母とも別れることになりましたが、会食が終わってから少しの間、鶴を折ってまたも絆が増えました♪

 そして、できることなら他のおじいさん、おばあさんの家族とも折り鶴の絆でつながればいいなと思いました(微笑)。

« クネクネ | トップページ | ママは強し!! »

家族」カテゴリの記事

コメント

ネコちゃんの心を込めた折鶴が 施設に沢山増えている様子が見えますよ。

昨日から 三男が帰ってきていて ちょっとヤヤコシイ転職の話などしているせいで 中々時間がとれません。

それと 夕方から4時間以上 カニの身を必死で一人で黙々と出す作業をこなして 他の家族がアッと言うまもなく 胃袋に片付けてしまいました(涙)

そんな時 温かい話題を読ませてもらってアリガトウ!

施設に入っちゃうとね 家族は会いに来てないものです。最初のうちはそうでもないけど 次第に足が遠のくのでしょう。

生活に追われている場合もありますので それぞれ事情があると思いますが 寂しいことですね。

 折鶴を通して、知らないおじいさんやおばあさんにまで絆ができる…ちょっとしたことですが、すごいことだと思います。
 家族で訪れたのはこねこさん一人だったかもしれませんが、施設の中に、これだけの絆があるのであれば、おばあさんも寂しいと思うのは少なくなるのではないでしょうか?
 いかにも手づくりの絆という感じで、読んでいてこちらもじーんと感じてしまいました。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<あい母さんへ>
 そうですか?ありがとうございます(微笑)。

 お忙しいなかコメントしていただいてありがとうございます。
 ご家族の方々もきっと忙しかったんですね・・・。


<markさんへ>
 おばあちゃんとの絆がここまで広がってくれるなんて驚きですし、嬉しいです(微笑)。

 ほとんどのかたが認知症なので、他の皆さんが覚えてるかどうか分かりませんが、心の片隅に残ってくれるといいですね♪

折鶴。とっても素敵な絆ですね。
おばあちゃん、きっと分かってくれていますね、こねこさんの優しい心♪

今回はT君お仕事だったんでしょうか?
みんなで折る折り鶴でその施設の絆も深まってくれたら良いですよね。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<ちびとんとんさんへ>
 初めは、おばあちゃんのためになればと指先の訓練も兼ねて一緒に折ろうとしてたんですが、いつの間にか行くたびに折ったものを持っていくようになり、さらには施設でも一緒に折ることが多かったので誰か見ていたんでしょうね(微笑)。

 皆さんほとんどのかたが認知症ですが、少しでも折り鶴の絆が心に残ってくれるといいですね(微笑)。


<しまさんへ>
 Tくんは自分のおじいちゃん、おばあちゃんのところへ行ってました。私と同じように今日はお仕事みたいで昨日行ったようです。

 施設の絆・・・。
 そこまで想像してませんでしたが、そうなるといいですね♪

心温まるお話・・ありがとう!

こんにちは!
敬老の日でしたね、
どういう訳かすっかり忘れてました。
これから敬老に行ってこようと思います。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<akakageさんへ>
 こちらこそ読んでいただき、ありがとうございます(ニコッ☆)。


<△イチおじさんへ>
 おじさまの場合、あと10年もすれば敬われる立場になりますね。そのときはお嬢さんもお孫さんを連れてくるのでしょうか(微笑)。

こねこさんのようなやさしい孫がたずねてこられたら
おばあちゃんは嬉しいでしょうね。
なかには、ほとんどたずねてこない孤独な方もおられるので、うらやましいと思うお年寄りも多いかと思いました。
施設に若い人が入っていくと、、一斉に老人の視線がむけられる光景を目にしたときがありました。
折鶴が車イスのハンドルに付けていたって、、、ほほえましくて、あたたかくて、可愛いですね。
折鶴は、指の細かい筋肉まで使うから、、筋肉の神経と脳はつながっているので、脳に良い刺激になるのでしょうね。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<タジイさんへ>
 ありがとうございます(一礼)。
 今では慣れましたが、やはりお年寄りの中にお子ちゃま一人、しかもほとんどのかたが自分のことさえ分からないかたたちなので違和感とショックを感じてました。

 でも、こうして皆さんの心にそっと絆を残せるだけで嬉しいです(微笑)。


祈りつつ

二人手折りし

赤き鶴(たづ)

皆のもとへも

羽ばたきにけり


祈りを込めた鶴が他の方たちのところにも届いたんですね。
おばあさまとの大切な時間が長く続くことをお祈りします。

<こねこのおへんじ♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<あおぞらさんへ>
 本当に素敵な歌をありがとうございます(一礼)。
 冒頭の言葉遊びを取り替えたいくらいです(微笑)。
 まさに記事をぎゅっとまとめた感じです♪

 おばあちゃんとの時間・・・気持ちとしては長く長く続いてほしいです(微笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クネクネ | トップページ | ママは強し!! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ