☆お客さま☆

« どうなのよ | トップページ | 母娘でニッコリ☆ »

2008年4月 5日 (土)

心のバリアフリー

  目が見えず  ライン頼りに  歩くけど

                 通れなければ  意味がないかも

 う~ん・・・私も福祉や障害者のことはまだまだ分からないことだらけですが、昨日は憤りを感じることに・・・。

 それはお仕事での移動中のことでした。
 地下鉄に乗るため、改札を抜けて階段へ向かっていたんですが、前方に目の不自由な方が細く白い杖を突きながら歩いているのが見えました。

 急いでいた私は「大丈夫かなぁ・・・」と思いつつも、早足で歩いていました。
 その方はエスカレーターを利用するみたいで、そこまで誘導する黄色いラインの上を歩いていましたが、まだエスカレーターまで距離があるところで一組のカップルが立ち話をしていました。

 しかも、大きなバッグをそのラインの上に置いてあるため、白い杖が当たり、その方は少し戸惑ったあと来た道を引き返そうとしてました。

 さすがにそこまで来ると私も放っておけないので、その方に声をかけて手を取り、ゆっくりと誘導しました。しかしその間、カップルは相変わらずの立ち話・・・(怒)。

 以前にも、普通の道路で似たようなことがありました・・・。
 そして今、バリアフリーを意識した施設や街づくりがなされてますが、人の心もバリアフリーにしないかぎり、本当のバリアフリーにはならないでしょうね・・・。

« どうなのよ | トップページ | 母娘でニッコリ☆ »

日記」カテゴリの記事

コメント

 それは、本当にひどすぎると思います!
 黄色いラインは、視覚障害者にとって唯一の通路なのですから、そこをふさがないというのは、人間として最低限のルールだと思います。
 それを守らず、他の人が案内をしているのを横目に(ひょっとしたら、気付きもせずに)立ち話…髪の毛辺りを引っ張って、人間の皮をかぶった「何か」でないかどうか、確認した方が良かったのではないかと思います。
 私だったら、線路にけり落として、電車に挽かせて、血の色で人間かどうかを確認しますけれどね!

そのカップルは小学生からやりなおした方がいいかもしれないですね…
私本当にこねこさんのような行動力がある人になりたいです!自分の奥底の臆病さを打ち破りたいものです。

情けないカップルですね、相手の立場になって考えるという発想が出来ないから そういう事になるのかな。

最低限のルールというものも守れなくなっている世の中が悲しくなります。

<こねこのお返事♪>
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

<markさんへ>
 そうなんです。
 私たち健常者は何気なくラインの上を歩いてますが、彼らにしてみれば命のラインとも呼べるものですから、もっと意識を持たないといけませんね・・・。

<asukaちゃんへ>
 おそらく小さいころに親からラインの意味を教わらずに育ってきたのかもしれないね。ある意味哀しいことだよ・・・。

 注意するのはあとでもできるけど、asukaちゃんも困った人がいたら声をかけてみることから始めてみたらどうかな(微笑)。

<あい母さんへ>
 エスカレーターから離れてるからいいと思ったのでしょうか・・・。

 でもそういうことじゃないのはラインの意味を知ればこういう行動はとても恥ずかしくてできないはずなんですけどね・・・。

 最低限のルール・・・今では何が最低限なのか・・・それすらも不透明になってきてますね(嘆)。

ねこさん、こんばんは。

普通は荷物をよけるなり話をやめるなりするよね。
自分の行動で困る人がいることを意識したほうがいいね。
ねこさんの言うとおり、人の心がバリアになっているのかもしれないね。

むーむかー
僕なら一喝します。

おはようございます!
話しに夢中になってしまって
とんでもない事してしまうこと
あるんですね。
でも、気付いて欲しかったですね。

<こねこのお返事♪>
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

<けんちゃんへ>
 乗ろうとしてた時間帯がお昼ちょっと前だったから、あまり人もいないということもあってあんなところで話してたのかなぁって思うけど、それにしてもどこか恥のほうに寄るよね?

 きっと周りが見えないんだろうね。
 他の場所でも同じことしてなければいいけど・・・。

<新太郎さんへ>
 私もできることならしたかったです。
 ただ・・・今の世の中、注意したほうがケガをするという馬鹿げたことが現実になってるので、そのときできることをする・・・ということしかできないですね(苦笑)。

<独り言のおじさまへ>
 話しこんでしまうのは仕方ないですが、まず場所や状況を考えてからにしてほしいですね。

 私がそばで話しかけてるのにもかかわらず興味すら示さない態度にホント怒りを覚えます!

もしかしたら気付かずに同じような迷惑をかけてしまっているかもしれませんね。そんな細かいことまで気をつけなきゃね。

<こねこのお返事♪>
 コメントしていただきありがとうございます☆

<なまはげパパへ>
 それは皆さんそうだと思います。
 しかし、場所がなくてその場に立ってたわけじゃなく、周りを見ればいくらでも端っこで話すことができたわけです。

 それに足元のラインの意味を知っていれば立ち止まることなんてできないはずなんですけどね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうなのよ | トップページ | 母娘でニッコリ☆ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ