☆お客さま☆

« バーチャル体験 | トップページ | オーラ »

2008年8月 6日 (水)

ママこねこ

  気がつけば  ネコを2匹も  引き連れる

                      いつしかこねこ  母親気分

 今日の出来事は・・・もう、皆さんに動画でお見せしたいくらい、そして私自身もその動画を見て振り返りたいくらいものでした♪

 事の始まりはお仕事の移動中でのことでした。
 今日は2件のお仕事で外出が続いていたので、熱中症に注意する意味も含めて、あとは会社に戻るだけというとき、行きに通りかかった公園で少し休もうと思っていました。

 そして、近くの自販機で冷たいストレートティーのペットボトルを買い、さてベンチでも探そうか・・・と思ったとき、ふと足元に何かの気配を感じ、視線を下げると・・・・・・そこには野良ネコが2匹、50cmくらいまで近づいて私のあとを付いてきてました☆

 ネコとたわむれるのは時間を忘れるくらい大好きなので、気づいたのが公園の前の道のど真ん中ということもあって、そのまま中へ入って行きました。

 すると・・・その2匹のネコは私より前に出ることはないものの、ずっと足元で私と一緒にベンチまで歩いていました♪

 空いてるベンチを見つけましたが、そこまでのベンチに座ってる人たちの視線がちょっと恥ずかしかったです(笑)。

 そして、ようやくベンチに腰をおろし、1つ息をついてから冷たい紅茶を飲んで、また視線を下げると・・・私の右の足元で2匹並んで私をじーっと見上げてました♡

 野良ネコなので、抱っこしようとすると逃げるかな・・・なんて思いながら、おそるおそる手を伸ばして頭でも撫でてあげようかな、とそのとき思いがけずネコのほうから私の手や足にスリスリし始めたんです(カワイイ~~!!)。

 きっと人恋しくて、波長の合う人・・・いや、私の場合「同類」と言ってもいいかもしれませんが(笑)そういう人を見つけたのが嬉しかったんでしょうね♪

 さらにゴロゴロゴロ・・・と、のどを鳴らして完全に警戒心を解いた状態で甘えるネコ2匹。その様子をちょっと離れた隣のベンチで見ていた、おそらく地元のおじいちゃんだろうという60代後半の2人から声をかけられました。

「珍しいねぇ。ネコのお散歩かい?」
「いえ、この2匹が付いてきたんです」
 さすがにこれだけの説明では2人ともポカンなので、補足とここまでの成り行きを説明しました(笑)。

「へぇ~~そうなんだ!ますます珍しいじゃないか!」
「私もビックリなんです☆」
「いや、おじさんたちもビックリだよ♪」
 と、会話してる間も2匹のネコは私の足に頭をコンコンぶつけてきたり、手のほうにたわむれてるネコは頬をスリスリしてたり・・・とにかくカワイイ以上の言葉が見つからないくらい可愛いんです!(微笑)

 そのうち、足にコンコンしてたネコは私が手で頭を撫でてあげようとしたら、そのままコロリン♪(可愛すぎるぅ~♡)

 お腹を見せ、右に左にとコロリンコロリン♡
 思わず私も一緒にコロリンしたいくらいでした(笑)。

 と、気づけば隣の2人のベンチ周りに他の人たちも集まっていて(公園に入ってくるとき、私とネコの姿を見てるので)離れたところから、私とネコのたわむれをときどき「カワイイ~♡」という声も聞こえながら見られていました(微笑)。

 すっかり30分ほど休んでしまった私は、そろそろ戻らなくては・・・と思い、皆さんの視線を感じつつも公園を出ることにしました。

 ネコのほうも、以心伝心で理解したのか・・・分かりませんが、それでも私が「もう行かなきゃいけないから」と囁くように言うと、それまでコロリンしてたのにすくっと立ち上がり、また私と共に公園を出ることに・・・。

 しかも・・・いまだになぜか分からないんですが、おじいちゃんたち(他の皆さんもずっと見てました)の前を通り過ぎるとき、さすがに視線を集めていたこともあってちょっとだけ会釈をして行こうと思ったら・・・小さく拍手までしてもらっちゃいました(笑)。

 ネコもすっかり私に懐いてしまい、公園を出てからもまだ付いてくるので、さすがにこのまま電車に乗って仕事場まで・・・というわけにもいかず(それはそれでおもしろいですけど:笑)途中の路地まで来ると私は制止するような手つきで「じゃあね」と言ってから、再び歩き出すと2匹はその場でピタッと座ったまま動かず、しばらく歩いてからそっと振り返っても、毛づくろいなどをしていましたが付いてくることもなく私は角を曲がって駅に向かいました・・・。

 以前に、バスでお客さんのバッグの中から顔を出すネコのことを記事にしましたが、そのときも「同類だから?」なんて思いましたが、今回のは決定的ですね(笑)。

 お仕事で訪れるところなので、また行く機会があるかもしれません。
 そのとき再会できるのが今から楽しみです☆

« バーチャル体験 | トップページ | オーラ »

日記」カテゴリの記事

コメント

 まさに、こねこ同士、通じるものがあったのでしょうね…。
 それにしても、野良っ子とは思えないほどの懐きぶりだと思います。
 もしかしたら、ほんの少し前まで、家で育てられていた猫なのかも?
 とはいえ、これだけ「懐かれる」というのは、もはや一つの特技の域にまで、達していると思いますけれどね。

ネコにも猫好きの人とかやさしい人が解かるんですね。何とも微笑ましい光景ですね(^^)

私の嫁さんも猫好きで、道でネコを見かけたら、ヨシヨシしてます。結構、ネコもなついてきてなかなかその場を離れられない時があります。団地住まいなので、ペットが買えないのですが、一度本当に連れて帰ろうとしたことがあります。

ネコは本当にかわいいですもんねhappy01

犬の場合も 通じ合うものがあるんですが ネコも きっと そういうのがあるんですね。

同類というか 親近感というか この人は大丈夫だってわかるんだと思います。

お別れの挨拶も ちゃんと理解できて お利巧さんなネコたちで感心してしまいました。

【こねこのお返事♪】
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 ホントですね。
 もしかしたら捨てネコ・・・だったのかもしれません・・・。

 特技・・・いや、私は何もしてないんですよ?2匹が気づいたらついてきてたんです(笑)。

 けど、私からそういう「オーラ」があるなら嬉しいです♪


【スマッシュさんへ】
 どうなんでしょうね。動物学的なことは分かりませんが、どこかで気持ちが通じていたのかもしれませんね(微笑)。

 ウチもマンションなのでホントは飼ってはいけないんですが・・・今回の2匹はそのまま連れて帰りたくなりました♪


【あい母さんへ】
 犬、ネコに関わらず、人と動物はどこかで通じる部分があるのかもしれませんね・・・。

 お別れの挨拶・・・そうなんです!
 これは私もビックリなんです!

 連れていきたい気持ちを抑えて、ついてきちゃダメだよ、という思いを込めての制止だったので聞いてくれたんだと思います(微笑)。

本当に同類なんですね!
私からも拍手ですよ。びっくりです。
猫さんは私を見たらきっとジッとみてすぐどこかにいっちゃいますよ(`・ω・´)

羨ましいですshine

おはようございます!
あらら、同類というか、
もしかしてあのマルコちゃんが
会いに来たのかも知れませんね。

同じネコちゃん同士通じるんですね^^
私も思いました。。
マルコの生まれ変わり・・・

次の休みの日にでもすぐに行ってみたい場所となったのでは?

本当に可愛いしぐさですよね。

以前一度だけ飼った猫のことを思い出しました。
猫ってこういう仕草や人のことを読むの上手ですよね。
これだけ人になれているのも仔猫だからなのか、
親が飼い猫なのか・・・。

【こねこのお返事♪】
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

【asukaちゃんへ】
 え、asukaちゃんも拍手なの??(笑)

 私も、いつもいつもこんなんじゃないよ?
 顔見て逃げちゃうネコもいるし、今回みたいに超カワイイのもいるし♪

 私はasukaちゃんにごろにゃ~んしたいな♡


【独り言のおじさまへ】
 もう・・・朝にコメントを確認したとき、涙が出そうだったじゃないですか(微笑)。

 けど、誕生日だった昨日は会わせてくれたのかもしれませんね♪


【yumi-mamaさんへ】
 同じといっても、私のHNを知ってるわけじゃないですけどね?(笑)
 
 でも、純粋にネコのことが好きな気持ちと、マルコのことを想う気持ちが今回のことにつながったと思います(微笑)。


【しまさんへ】
 土曜日は出勤で、日曜日はヘアカットに行こうと思ってましたが・・・夏休みにでもTくんと2人で行こうかと思ってます(微笑)。

 しまさんもネコを飼ってたことがあるんですね!
 人のことは・・・確かによく見てますね。どうしたらうまく甘えられるか、気を引けるか・・・機を伺ってますからね☆

 このネコたち・・・仔ネコじゃないんですが、大人のネコほど大きくなかったのでおそらく生後3ヶ月~半年くらいかなと思いました♪

 だからこそ人懐っこくて、甘えたかったんでしょうね(微笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バーチャル体験 | トップページ | オーラ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ