☆お客さま☆

« 気づく | トップページ | 寄せて集めて »

2010年7月 4日 (日)

名馬・・・逝く

  名馬でも  いつかは逝く日  訪れて

                     記憶に残る  笠松の雄

 昨夜、いろいろなニュースがある中で、もうこのニュースしか記憶にないくらいの衝撃が走りました。

 「オグリキャップ、死す」

 私にとってはリアルタイムで見ていた馬ではありませんでしたが、競馬を始めていろいろな名馬を知るようになってから、オグリのレースを見て、改めてすごい馬だったんだなぁというのを実感しました。

 競馬をよく知らない人でも、オグリキャップという名前だけは知っているという人が多いのではないでしょうか・・・。

 岐阜県の笠松競馬場という、地方競馬から中央競馬(JRA)に移籍して、血統もあまり良くないとされるオグリが、JRAのエリートたちをなぎ倒していくという戦績もさることながら、レースぶりもいろいろな強さを見せてくれました。

 2着以下に差をつけて圧勝する強さもあれば、もう届かないだろうというところから差し切るレースや、世界の強豪相手に最後まで勝負を捨てないレースもあったりして、このいろいろな「強さ」が彼の人気を不動のものにしたと思います。

 引退レースで、見事復活劇を成し遂げた有馬記念も素晴らしいんですが、私にとってはこの2レースがいまだに大好きです。

 日付けを見ていただくと分かると思うんですが、オグリは京都で走った翌週に東京でも走っています。

 普通、よほどの事情がなければ2週連続で走る「連闘」というのは行なわないんですが、オグリはただ出走しただけではなく2番目のジャパンカップでは、国際招待レースというだけに海外の強い馬たちと一緒に走る中で、最後の最後まで勝負を諦めず、クビ差の2着という素晴らしい結果でした。

 しかも、当時の世界レコードを更新した同タイムでの2着なので、そんなタイムをたたき出した1着の馬に食らいついていったのも、すごさを物語っています。

 ちなみにジャパンカップで、公平に伝えるはずの実況の人が最後の直線で思わず「オグリキャップがんばれ!!」と言ってしまうところに、すでにその人気や強さがズバ抜けていたということでもありますね(微笑)。

 昭和から平成にかけて活躍した馬ですが、それから約20年の今でもニュースになったり、一般の人でも名前だけは知ってたり・・・。

 オグリのストーリーはあまりにもいろいろありすぎましたが、これだけ多くの人に愛されての生涯というのは幸せだったのではないでしょうか。

 リアルタイムで知らない私でも、レースを見て勇気をもらえるのはすごいことですし、ファンとしてありがとうという気持ちと、25年間お疲れさまでしたと言いたいです。合掌。

« 気づく | トップページ | 寄せて集めて »

日記」カテゴリの記事

コメント

 私でも、名前を知っているくらいの、「名馬」ですよ。
 血統だけが、強さではないという点でも、非常にまれな馬だと思います。
 それにしても、一週間で京都と東京…それで、それだけの健闘をしたというのですから、すごさが分かるというものだと思いますよ。
 馬の寿命は、人間よりもずっと短いようですが…冥福を、祈ります…。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 おそらくリアルタイムで見てた人にとっては、その悲しさも人一倍でしょうね・・・。

 でも、こうして動画でも現役時の強さを振り返ることもできますし、名前しか知らなかった人が見て、オグリ伝説を伝えてほしいなぁと思います(微笑)。

牧場で骨折したそうですね

血統が良くないのに活躍したからこそ ファンは応援したのではないでしょうか

私は有馬記念での勝利に泣きました もうオグリは終わったと誰もが思っていた でも心の中では大好きで 勝つとは考えていなかったから 最後の直線でグングン出てて来たとき中継のアナも競馬場の誰もが一体となって 馬券を買ってるとか買ってないとか そんなの超越して応援したんじゃないかな

ファンが多くて それも勝たせてもらったとか そういうんじゃなくて 皆に愛された馬 不思議な馬でした

合掌

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 お母さんはもうそのころから競馬を見ていたんですね。
 オグリの現役時代をリアルタイムで応援できたのが羨ましいです(微笑)。

 オグリの血統は、本当は言われるほど悪くはないんです。大物を出す種牡馬も入ってますから。

 でも、なかなかその系統でいい産駒が出なくて、加えて地方競馬出身というのもあって、さらにファンの心を掴んだのではないかと思ってます。

 最後の有馬記念も、不思議なほどオグリにヴィクトリーロードが用意されてたかのようなレースでしたね。もちろんそれは勝たせてもらったという意味ではなく、筋書きのないドラマが用意した「道」だと思ってます(微笑)。

 昨年か一昨年に東京競馬場にお披露目で来たとき会えなかったのは残念ですが、その走りはいつまでも記憶に残ると思います☆

こねこと競馬は似合わない気がしますが、競馬をするとは驚きです。

引退レースは、現場にいてオグリコールをした一人です。
キャンピンクカーでの旅行の時、引退したオグリに会いに行きました。時が立つと忘れられるのか誰一人と来ていなくてのんびり草を食べていました。
車を止めて1週間その場で滞在し、朝起きるとオグリの出てくるのを待ち、午前中はオグリヲ眺めてすごした経験があります。
地方競馬から登り詰めたオグノは、田舎から都会に出で企業を起し苦労した自分に似ていると自負していました。
ありがとう!オグリ!
君には何回も勇気を貰いました。天国でも安らかに!

おはようございます!
馬、好きなんですね、
猫と感じは随分違いますけど。
私も名前だけしか知りません。
オグリと言ったら小栗旬?

全く馬には興味ありませんでしたが本当に一般にも知れ渡った名馬ですね。
25歳・・・長寿なのか良く分かりませんでしたが、
幸せな老後を送れたんでしょうか?

【こねこのお返事♪】
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

【akakageさんへ】
 引退レース・・・中山にいたんですか!?
 あの人並みを見るだけでも感動しますね。

 実際に会ったこともあるんですね。
 のんびり草を食べて・・・目に浮かぶようです☆


【独り言のおじさまへ】
 小栗旬が関係してるかどうか分かりませんが、オーナーの苗字が「小栗」さんなんですよ。

 私も馬は好きですが、できれば競走馬のほうがいいですね。あのアスリートのような筋肉が好きです☆


【しまさんへ】
 やはり競馬を見なくても、オグリキャップという馬名を知ってる方は多いですね。
 
 25歳は、人間にすると100歳だそうです。
 最後は放牧先での骨折による安楽死だったのが可哀想でしたが、25歳まで生きられたのはすごいことですし、いまだにファンが多いというのも幸せだったと思います(微笑)。

オグリキャップにとうとう会える事なく、逝ってしまい
ましたわ・・・。
最後に東京競馬場に来た時に、遅れて行ったの
ですが。既に高齢という事もあって。
公開時間が短かったのもあってね・・・。

オグリキャップ。彼がいなかったら、競馬知らない
だろうくらいです。
ひらがなが書けない人でも、カタカナでオグリキャップ
は書ける。そんな映画の台詞にもなった馬ですから。

こんなに凄い馬がいたんだなと。
彼のレースはどれを見ても涙腺が緩みそうなもの
ばかりですからね。
どんなレースも鳥肌が立ちます。

ダビスタでも、何とかオグリキャップの子供でGⅠを!
なんて励んだもんです。
元々爪を斜めにカットする技法で立っている馬です
から、やっぱり最期は脚かなと思いますよ。

JCの殺人的ハイペースに、唯一歯向かった日本馬
ですから。ほんの少し前まで世界レコードタイですから。
杓子定規でみたって、凄い馬でしたね。

彼の冥福を祈ります。
ありがとう!オグリキャップ。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【天馬くんへ】
 そうだよね。
 2年くらい前だっけ?
 
 北海道に行くのは難しくても、府中なら・・・だったのに、ね。

 でも、彼の走りは永遠だし、今でも向こうで大先輩(シンボリルドルフやミスターシービーなど)と一緒に走ってるんじゃない?(微笑)

 直仔では全くだったけど、なんとかオグリの血統を引き継いだ産駒が大活躍してほしいね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気づく | トップページ | 寄せて集めて »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ