« 折り返し地点 | トップページ | 気づく »

2010年7月 2日 (金)

新生日本!②

  帰国して  笑顔も見える  会見に

                   微笑みながら  再び涙

 昨日、南アフリカから帰国したサッカー日本代表の記者会見を、夜のニュースで見ました。

 夕方に着いたようで、関西国際空港でのファンの出迎えのすごさに岡田監督も最初はビックリしたみたいですが、やはり嬉しかったようですね。

 そのあとの会見も、最初は硬い雰囲気で進んだものの、最後に監督の突然のフリに今野選手、森本選手がそれぞれモノマネや歌を披露して、笑いに包まれて終わりました☆

 各選手の感想でも、皆同じように「このチームでもっと試合がしたかった」と言ってるように、ホントに素晴らしい団結力があったんだなぁと感じて、私はただのいちファンとして観戦していましたが、まるで一緒にチームとして戦ったような気がして嬉しい気持ちになりました。気づけばポロポロと涙も・・・(微笑)。

 PKを外してしまった駒野選手にも笑顔が見られ、すでに気持ちも切り替えてるようで、今度はJリーグの舞台でほかのチームメイトと共に盛り上げてほしいですね。きっとサポーターは暖かく迎えてくれると思いますし♪

 そして、あの会見や南アフリカでの戦いぶりを見て、未来の日本代表を担う子供たちにもいい影響を与えたと思いますヽ(´▽`)/

« 折り返し地点 | トップページ | 気づく »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 この、一体感があったからこそ、予選リーグ突破という快挙を成し遂げられたのでしょうね。
 このチームで、もっ試合がしたかった…と、名残惜しさを感じさせたというのも、すごいと思います。
 それにしても、世間の対応、行く前と今回では、あまりにも差がありすぎるような気がします…(苦笑)。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 団結力の大切さは、日本よりランクや実力が上のフランスやイタリアなど強豪国の敗退が物語ってますよね。

 逆に言えば、多少劣ってる部分があっても、団結することで補うどころかプラスに変えてしまう事だってあるというのを教えてくれましたし。

 世間の対応は・・・日本はまだいいほうだとおもいますよ。今のレベルだからこそベスト16でも大歓迎ですが、だんだん実力がついてきて、ランキングも上位になって無念の敗退なんてしたら・・・何を投げつけられるか分かりませんし・・・。

おはようございます!
森本の「南アフリカの歌」、良かったですね、
あいつの顔がアフリカみたいで。
駒野の声も聞けて、ほんと良かったです。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 あいつの顔がアフリカみたいで・・・って、そんなストレートに!(笑)

 でも、若手もベテランも一体になって盛り上がってるのを見て、ホントにいいチームだったんだなぁと思いますね☆

送る時は70名、出迎えは4500名!
どうなんでしょう!
人々の関心は、何でそうなるのか考えてしまいます。
会見を見ていて、すがすがしい会見でだと素直に思いました。

僕のブログ、その後は!

ためらいも無く上半身裸になりました。
僕は反対に緊張してしまいました。

みんな晴れやかな顔で、いい会見だったよね。
何かで読んだけど、誰かの言葉で、「PKをはずすことができるのは、それを蹴る勇気を持った者だけだ」っていう言葉がんだって。
いい言葉だなぁと思ったよ。
会見でも、いいチームだったんだなって思ったよー。
勝ってどんどん良くなったのか、もともと良かったから勝ったのかはわからないけど、スポーツってやっぱりメンタルだよなぁって再確認させられました。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【akakageさんへ】
 この人数の差は、いかに「にわかファン」が多いかってことでもありますよ。試合の中身を見ない連敗報道に踊らされた結果でしょうね・・・。

 でも、最後は笑いありの会見だったので良かったと思います。次世代にもいろいろ残してくれましたし☆

 あの記事のその後・・・akakageさんのコメントを読んだかたは「!?」と思うでしょうね(笑)。

 けど、上半身だけで良かったですね(キャ~☆)。


【マイちんへ】
 いい言葉だよね。
 ていうか、深いね☆

 会見も、名残惜しさもありながら、ホントに家族みたいな気軽さもあったりして、今までこんな代表を見たことないってくらいで(微笑)。

 メンタルは、昨日のオランダvsブラジルを見ててつくづくそう思うね。ブラジルは完全に自滅した感じだったし・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 折り返し地点 | トップページ | 気づく »