☆お客さま☆

« ぬくもり② | トップページ | 冬らしく② »

2010年12月12日 (日)

連係

  踏切で  歩くの遅い  お年寄り

              家族の連係  抱えて渡る

 今日は家族の所用で外出していましたが、帰り際の電車の中で珍しい光景を見ました。

 ある路線の乗換えで、後から来る急行に乗ろうとホームで待ってると、その駅のそばにある少し長めの踏切がカンカンカンと鳴り始めました。

 私はその踏み切りに近いところのホームにいたので、渡ってる人もよく見えたんですが、その中でお年寄り(おばあちゃん)1人だけが遅れていました。

 まだ真ん中までしか来てないのに、すでに踏み切りはバーが下り始めていて、どうするんだろう!?と不安いっぱいでした・・・・・・が、1人の男性(30歳前後?)がそのおばあちゃんを抱えて、踏切を渡りきりました。

 どうやらお孫さん(?)らしく、50代の男女と渡りきったところで話していたので、おそらく家族だったと思います。

 その後、まもなく急行が来て私は乗りましたが、事故にならなくてホントに良かったなぁと思います。

 ただ、ご家族ならもっとちゃんと見ててあげないといけませんよね。自分たちだっていずれ同じ場面に出くわすでしょうし・・・。

« ぬくもり② | トップページ | 冬らしく② »

日記」カテゴリの記事

コメント

抱えてというと ほぼ抱え上げて渡りきったのでしょうか?
危険ですよね もっと早めに気づいて欲しいな

お年寄りのあゆみは遅いし 歩幅も狭くなっています
視力も落ちていますので 足元のでこぼこも不安でしょう
気ばかり焦っても足が中々前に出ないものです ご家族が初めから付き添ってあげたら良かったと思いました

 歳をとると、どうしても動作が鈍くなってしまいますからね…。
 警報機が鳴り出して、遮断機が閉まるまでの時間も、徐々に調節しないと、いけないのかもしれません。
 これから、高齢化社会になっていくのですから…。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 私からすると考えられないんですが、なんで手を引いて一緒に渡らなかったのか・・・ですよね。

 踏み切りは、大人でもつまずくことはありますし、ましてお年寄りの中には杖のかたもいらっしゃるでしょうし、家族などの関係がなくても周りの人は気をつけてほしいです。

 
【markさんへ】
 今回は幸い間に合ったから良かったですが、もし最悪のことになってたら・・・今頃記事にはできないですし、しばらくお休みしてたかもしれません。

 最近はお年寄りも多くなってることですし、何かしらの対策は必要ですよね。

おはようございます!
そう、歳とってくると動きがスローになって、
体と気持ちがズレてくるんですよね。
本人も周りも、注意注意ですね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 そうなんですよね。
 以前にも、何かの番組で若い人がお年寄り体験をしてるのを見ましたが、あれほどまで・・・という感じですもんね。

 おじさまは・・・まだまだ大丈夫そうですが、今のうちにお嬢さまに優しくしといてくださいね(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬくもり② | トップページ | 冬らしく② »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ