☆お客さま☆

« 生存報告 | トップページ | 不屈の精神② »

2011年3月18日 (金)

不屈の精神

  絶望の  大地揺るがす  災害も

               不屈の精神  希望へ向かう

 あれから1週間。
 皆さん、お久しぶりです。

 その節は、大変なご心配をおかけしました。
 ようやく、少しずつではありますが落ち着いてきました。

 さて・・・すでにご存知のように、東北関東大震災から1週間が過ぎました。
 まだ、全てが終わったわけではありませんが、今回の大震災で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。そして、残念ながら亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします(合掌)。

 被災者でも、震災よりも津波の被害が多かったことで、家族や街そのものが流されてしまったのを見て、毎日TVの前で泣いていました・・・。

 ただ、その一方で避難所や捜索中に家族や友人と会えたのも、TVから伝えられるのを見て涙が出ます・・・。

 あの日は東北のみならず、太平洋側の東日本全体で大きな地震になりました。
 その中には首都圏も入っていて、お仕事中だった私は表参道にいたので震度5強という、ものすごい地震に遭いました。

 当日の夜に、心配されるといけないので「生存報告」という形で更新はしましたが、その日からのことを少しずつ書いていこうかと思っています。

 2011年3月11日(金曜日)。
 その日も普段どおりのお仕事をしていて、私はPCへの入力作業中でした。

 揺れを感じたのは午後3時前だったと思いますが、初めは「あれ?揺れてる?地震?」と思っていたものの、1~2秒後には本能的に危険を感じるほどの揺れが始まり、仕事場はパニックになりました。

 悲鳴を上げるお姉さまたち。
 とりあえずデスクの下に隠れるように指示する社長さん。

 私も立ってることなど不可能で、指示される前からデスクの下に隠れながらカバンで頭を押さえていました。その間にも、PCなどがデスクから落ちたり倒れたり、いろいろなものが散乱しました。

 尋常じゃないことは分かっていても、揺れの長さもかなり長かったですし、このまま建物が倒れたり崩れて、私の人生もここまでか・・・というのも頭の中を駆け巡るくらい、初めて体験する大地震でした。

 長かった揺れも一度目の区切りで、慌てながらも社長さんが「皆さん大丈夫ですか!?ケガはしてませんか!?」と声をかけてくださり、私を含めて皆さんも「大丈夫です!!」と声を出すものの、全身から恐怖感は取れず、数分前までとは全く違う仕事場の様子に唖然とするしかありませんでした・・・。

 さらに、激しい揺れが始まると同時に電気が消えて、午後3時でまだ少し明るいとはいえ、それもパニックになった1つの要因かもしれません。

 当然、仕事場の会議室にあるTVも見ることができないので、ケータイのワンセグですぐに見ることにしました。

 見るまでは全く予想もしてませんでしたが、臨時ニュースという形で「東北地方で震度7」というのが目に飛び込んできて、嘘でしょ!?と思っていると、そのうち仙台空港の様子が映り、さらに信じられないものを見ることになりました。

 空港が海に近いのは当然のことですが、そんな空港に大きな濁流(津波)が入り込んでくるのを見て、これはとてつもなく大変なことが起きたんだ!と、改めて実感しました。

 と同時に、関東でも震度5弱から震度6強までの揺れがあったことを知り、横浜でビルの壁が崩れたり、割れた地面がそれぞれ違う方向へ揺れてるのを見て、だんだん冷静になってきた私は、この日はパートがお休みだった母のことがすごく気になりました。

 しかし、ケータイは話し中なのかつながらなかったので、自宅にかけると今度は通じず。
 私は半分泣きながら社長さんに言うと、とりあえず連絡が取れない人で帰宅できる人はすぐにでもと指示が出て、お姉さまたちの中にもお子さんと連絡が取れなかったりするかたもいたので、一緒に駅に向かいました。

 ただ、今度は電車まで止まってるということで、途方にくれているとようやく母から電話がありました。

 私はもう、泣きながら無事であることを告げ、母もケガはなかったものの地震直後に同じ階のお年寄りで足が悪いかたがいて、1階まで避難するために連れて行ってたそうです。それほど、ウチのほうでも危機を感じるほどの揺れだったようで。

 しかし、電車が動かないどころか、街全体で移動する人たちが駅に集まってしまったこともあり、人で溢れかえっていました。

 電車が通らないこともワンセグで見ながら分かってきたので、幸いウチは歩いて帰れないこともない距離(それでも13~14kmはあります)で、いくら母が無事であることが分かっても少しでも早く会いたいと思い、一緒に駅まで来たお姉さまたちに別れを告げ、徒歩で帰宅することを決めました。

 全て書くと長くなるので、今回は地震があったその日編ということで、次回に続きます・・・。

« 生存報告 | トップページ | 不屈の精神② »

日記」カテゴリの記事

コメント

ようやく落ち着きを取り戻してきたようで 安心しました
記憶を辿り 出来事を冷静に振り返る余裕を持つことで 感覚が戻ってくると思います

それにしても テレビは 少し映像を反省していただきたいです
繰り返し 繰り返し 酷い有様を流すだけが仕事ですか
違うでしょ 情報というのは そういった種類ではありません
被災された方々が 異口同音に仰るのは 安否確認 その他の有効な情報が欲しいというのです
悲惨な現場の映像はもう好い加減やめましょう
悲劇を煽るよりも 生きた情報を流すことに気づけよ!と怒りがこみ上げてきています

歩いて帰ったんですか。
さすが健脚のこねこさんですね。
表参道はそんなに揺れたんですね。
首都圏の地震の被災状況はあまり報道されないので、こねこさんの記事は貴重ですね。
携帯にワンセグが存分に活躍したようですね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 冷静に振り返ることは、さらなる落ち着きを取り戻すことにもなってて、何とか自分を保っています。

 TVの報道は、情報を伝えるという意味では大事なんでしょうけど、この節電を叫ばれてる中で、NHK以外の民放も計画放送をしようと思わないのでしょうか?

 地震以外の番組が見たいという人もいるでしょう。それが悪いとは言いませんが、民間にまで停電が及ぶほどの非常事態で、一般家庭なんか比にならないほどの電気を使う放送局は、今伝えることは限られてますし、民放も計画的に放送を取りやめるとかしてほしいです。

 現在、被災者に何が必要か、そしてそのためにはどうすればいいかなどを伝えればいいですし、原発のほうも人体に影響のない数値ばかり大々的に取り上げては風評被害を広げてるのもTV局の責任ですし、あの処理にしても想定をはるかに超える事態が起きてる中でいくら専門家が説明しても不安を煽るだけなのでやめてほしいです。

 現在、夜も徹して作業に当たってる方々は最後の砦です。それこそ命と引き換えに未知の作業に当たっています。

 現状を伝えるのは大事ですが、専門家でさえ経験のない事態なんですから、黙って見守っていただきたいと思います。

 一度流してしまった情報は取り戻せません。
 買占めなども、お店にものがないことを伝えるのではなく、それをすることによってどうなるのかを厳しく伝えてほしいですし、被災地の現状と必要なものこそ繰り返し繰り返し伝えてほしいです。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 おそらく、歩いて帰れそうな人たちはほとんどの方がそうしたと思います。

 じゃなかったら、あれだけの人が街に溢れるなんてことはないですから・・・。
 
 首都圏の被災の様子は、さすがに現地ほどひどくはなかったので見る機会もあまりないと思いますが、地割れを初めとして建物への亀裂など、それなりのダメージはありましたよ。もう一度同じのが来たらどうなるか分かりません。

 ちなみに、このあとの記事で書く予定ですが、ウチのマンションもダメージがありました。

 地割れも少しありましたし、1階の入り口付近も亀裂が入って段差ができてます。危ないところにはテープも張られてますし・・・。

可愛そうに!大変でしたね!
早くいつもの元気なこねこちゃんに戻ってください!
もう、だいじょうぶですから。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【akakageさんへ】
 ありがとうございます!
 まだ、完全とは言えませんが、いつまでもふさぎ込んでてもいいことはないので、少しずつでもいつもの自分を取り戻せたらな、と思ってます。

 今回の大地震は、直接の関係がないところにも影響を及ぼしてるので、しばらく安心とは言い難いんですが「大丈夫」と言い聞かせたり、言っていただくことで安心感が出てきますよね。
 
 本当にありがとうございます(一礼)。

おはようございます!
当日の状況がよくわかる記事ですね。
思いだすと今でも恐怖がよみがえります。
でも無事でほんとによかったです。

おはようございます~。

言葉で言い表わせない程の恐怖や不安だった事だと
思います。
離れた北陸にいる私も、毎日が不安でした。
今も避難用の持ち物は、そのままの状態です。
報道を見ては、涙・涙でした。
ですから、私も二、三日ブログの更新が
出来ませんでした。
こねこさんの気持ちがよ~~~くわかりますよ。

だけど、気持ちを切り替えないと思いました。
すぐにとは、なかなか難しいですけどね・・・

今回の地震での救助隊で、弟(もも太郎)が
被災地に向かいます。
被害に遭われた人達の、お役に立てるように
力も発揮させてきてもらいていです。

今日は、天気がいいから睡眠不足だけど
早起きしてPCを付けたらこねこさんの
ブログが更新されていたから
安心しました!
よかったぁ~♪

 こちらよりも、そちらのほうが、揺れも大きかったですし、被害も大きかったようですね…。
 それにしても、社長さんの暖かい言葉、これこそ本来上司のあるべき姿だと思います。
 こちらの支局長なんて、ヘルメットをかぶり、一人逃げてしまったのですから…。
 それに加えて、私のブログでも掲載してありますが、局長にいたっては、人間らしさのかけらもない指示ですからね。
 怒り、まだおさまらない状態です…。

お久しぶりです、そして今回のお見舞いを・・・
まずご本人とご家族が無事で何よりでした。
ぼくの方は先日派遣先から帰って来まして、地震発生以来ようやく落ち着いた時間を過ごしています。

詳しくはまた後日。それでは。

【こねこのお返事♪】
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 一応、日々のことを書いてるので、その日にあったことをそのまま書いてみました。

 おじさまも当日は大変だったと思いますが、関東も東北に負けないように強い気持ちを持っていきたいですね(微笑)。


【ももえさんへ】
 何度も何度も、ご心配、暖かいお言葉、ありがとうございます。

 気持ちの切り替えはだんだんとできてますが、やはり毎日のように伝えられる避難所の様子や、原発の現場の様子を見るとなかなか・・・です。

 それでも、弟さんが市民の代表として大役を果たしに向かっているので、ほかの現場作業員とともに無事に作業ができるように祈っています。

 
【markさんへ】
 揺れは・・・今まで生きてきた中でも最高のものでしたね。

 かつて同じような震度を体験したことはあっても、伝わり方が良かったのかここまでのはなかったですから・・・。

 社長さんは、記事にもあるように慌てながらもきちんと指示していただいて、ホントに助かりました。震災後も平然と仕事なんてできない中で、それぞれの事情に合わせて対応してくれましたし、社長さんやほかの遠方から通ってる方々はそのまま仕事場で一泊したそうですから。

 そちらの事情は・・・読みましたが、私もかなりの憤りを覚えて、出してはいけない言葉を書いてしまいそうなのでコメントは差し控えさせていただきました。ご理解いただければ、と思います。


【快速海風三号さんへ】
 ちぃちゃん(智斗さん)と同じくらい、心配してました。快速さんからもコメントが来てるのを見て、またも泣いてしまいました・・・。

 場所もそうですし、仕事柄大変な作業もあるだろうし・・・と思って、毎日無事であること、作業なども皆さんと協力していけること、祈ってました。

 まだ、これからも大変な任務が待っていると思いますが、どうか無事でいてくださいね。本当にお祈りしています。

今晩は
私も仕事中でしたがテレビを見たのはその日の12時過ぎで 遅くに知りました
13~14キロ歩くって大変ですね

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【色々物語さんへ】
 そうなんですか!
 ということは、そちらではあまり揺れなかった、ということでしょうか。

 でも、西日本でもできることはたくさんあると思うので、何かお手伝いできればいいですね(微笑)。

生存報告の記事を読んで安心していたのですが、
東京でも大きな地震だったので、本当に恐ろしかったと思い心配しておりました。

地震についての記事、私も載せました。良かったら参考にしてください。
本当は安否確認の連絡は消防救急の妨げになるのでよくない、とか書いてあります・・・。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【しまさんへ】
 こちらは、大昔の関東大震災以来、ここまで大きいのはなかっただけに、私はもちろん母も体験したことがなかったので大変でした。
 
 それでも、なんとか這ってでもウチにたどり着こうと思っていて、母と抱き合ったときは親子で良かった・・・と思いました☆

 地震についての記事はしっかり読ませていただきました。

 よく見ると、あの日やってはいけないことが多くて、今さらながら反省しています。

 ただ、今回のことを教訓として、まだ見ぬこちらの地域での大震災に向けて、1つの糧とします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生存報告 | トップページ | 不屈の精神② »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ