☆お客さま☆

« 不屈の精神② | トップページ | 護られて »

2011年3月20日 (日)

不屈の精神③

  被災者の  強い姿に  勇気出て

              不安や心配  力に変える

 またまた続きです。

 震災後、約4時間をかけて帰宅できたこねこですが、その夜は10時近くまで停電で、遅い夕食をとることになった私は、ご飯と味噌汁だけでしたがそばに母がいて懐中電灯で照らしてくれていました(微笑)。

 今まで、こんな状態で食事をしたことはありませんし、このあとどうなるかも分からないのでとりあえずお腹に入れることにしましたが、ハッキリ言って味はよく分かりませんでした・・・。

 でも、ずっと母が照らしてくれる中での食事はありがたかったですし、後片付けのときもそばにいてくれて、いつも感謝はしてるものの、母自身も不安の中でここまでしてくれることに改めて感謝の気持ちでいっぱいでした。

 ちなみにその夜、冒頭でも書いたように10時ごろに電気は復旧して、やっと安心できましたが、寝るときになってまた離れるのが怖くなった私は、この歳で恥ずかしいんですが、母にお願いして一緒に寝てもらうことにしましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 母も、イヤな顔せず受け入れてくれて、私のベッドで一緒に寝ることにしました・・・・・・が、あれだけの大きな地震なので当然余震もあり、夜中に揺れるたびにガバっと起き上がり、母が用意しておいた懐中電灯を握りしめたり・・・。

 そんなことの繰り返しで翌朝を迎えました。
 当然・・・寝不足です(-.-)zZ

 しかし、ちゃんと電気が戻った翌日、改めてTVを見て・・・愕然としました。
 もちろん前日にもショッキングな映像は見てましたが、1日経って少し落ち着いてから見る現地の様子に、前日とは違う涙が止まりませんでした。

 津波で街ごと流され、それまで普通に暮らしていた家族や友人ともバラバラになり、泣き叫ぶ人たち。

 特に、ある局で見た、まだ中学生くらいの女の子が「お母さぁ~ん!!」と泣き叫んでるのを見て、私も涙が止まらなかったのはもちろんですが、何か深い溝に入り込んだかのような心境になりました。

 ほかにも、見た目は強そうな男性も、取材に対して表情を崩し、流れる涙も拭う力すら残っていないほどの落胆ぶりも、涙が出ました・・・。

 そのときの状態が状態だったのもありますが、落ち込んでしまったことも記事の更新もできなくなった一因です。というより、昨日も書きましたが「智斗」さんの安否がそのときは分かっていなかったので、もし数日経っても分からなかったり、最悪のことになったらブログもやめようと思っていました。そのくらい心配で、ブログどころじゃなかったので。

 その後、週末だったこともあって、実家のほうも大きな被害がなかったことや私たちのことを心配で、日曜日にTくんがウチに来てくれました。

 そのとき、マンションの駐車場までTくんを送るときに、敷地内の数ヵ所(マンションの一部にも)に亀裂が入ってるのを見て、改めて地震の大きさを感じました。

 それから3日後。
 突然・・・といってはなんですが、ずっと心配で心配で仕方なかった「智斗」さんから無事であることのコメントが入り、停電よりも暗く落ち込んでいた私の心に、電気よりも明るい光が差し込んできました☆

 その間にも、被災者が集まった避難所の様子などを見て、つらい中にも立ち上がって復興への歩みを始めた姿に、私の落ち込みも少しずつ楽になっていきました。本来は私たちが励まさなければいけないのに、私が励まされてしまいました。

 まだまだ、復興とは言っても普段の生活に戻ったわけではないので、私たちにできることをして、また東日本に力と笑顔が戻る日を祈りたいと思います。

« 不屈の精神② | トップページ | 護られて »

日記」カテゴリの記事

コメント

人間の強さを改めて見せられています

破壊しつくして 何もかもを奪い去った地震と大津波 特に今回は地震被害よりも 津波が命も家も思い出さえも破壊していきました

未だに残骸が残る村や町ですが 真っ先に道路が作られ 電車が走りました

そして 今日 80歳のおばあちゃんと 16歳の孫が救出されたという明るいニュースが流れて 信じられない思いがしました

奇跡ですね 台所にいたことがラッキーだったようです 運命ってあるのでしょうか

お母さんと一緒に寝れて心強かったですね(^^)

こねこさんは感受性が強いから、被災地の方への感情移入がすごいんですね。

Tくんの訪問はうれしいですよね。交通機関がちゃんと動いていないのにたいへんだったでしょうね。

「智斗」さんからの無事の知らせ、本当によかったですね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 私もそのニュースは先ほど知りました!
 先日も5日ぶりに救出と聞いて「すごいっ!!」と思いましたが、まだ生存者の方がいると思うと、そろそろ津波などで流されたものなどを片付けようかと言ってるのを聞いて、もうちょっと捜索をお願いします!・・・と思ってしまいます。

 街の復興が大事なのは分かりますが、なんとか両立しながら1人でも多くの方が救われることを願って止みません・・・。


【スマッシュさんへ】
 感情移入は・・・未だにあります。
 先日、検定試験を受けたあと(落ちました)そろそろ暖かくなったらプリンを解禁しようか・・・と思ってた矢先のことだったので、あれからコンビニへ寄ってもプリンに手を伸ばすことができません。

 避難された方はもっと苦しい生活をしてるんだから、足りないながらも自分たちで思うように食事ができることがなんて幸せなんだ・・・と思っています。

 あ、ちなみにコンビニへ寄ったのはプリンを買うためじゃなく、パンなどがどこへ行ってもないので試しに入ってみただけです。もちろんこのときも、な~んにもありませんでした・・・。

 母と一緒に眠る…確かに、あんな震災の後では、そういう気分になるのも、当然だと思いますよ。
 そちらのほうが、より被害も大きかったでしょうし…。
 現地の状況、本当に悲惨すぎて、感情移入してしまうのも、よく分かります…。
 もっとも、私の場合は、マスコミの報道姿勢があまり好きではないので、感情移入よりは怒りを覚えてしまいましたけれどね。
 (たとえば、救出されたおばあさんに、矢継ぎ早に質問をしたりとか…どいてくださいという言葉を無視して!)

 食糧事情は…こちらは、そちらよりもはるかに恵まれているようです。
 コンビニにも、パンが並び始めましたし、お弁当も売っているようですし…。
 ちょっと、悪いかな、なんて感じてしまいます。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 被害は、お宅それぞれにいろいろあるのでなんとも言えませんが、今までウチはあれほどの地震を経験したことがないので、私もそうでしたが母もかなり不安だったと思います。

 それでも三十路手前の娘のわがままにつき合ってくれて、ホントに感謝です☆

 マスコミの姿勢は、こういう大災害があるたびに思いますが、どうして一括して報道できないのかと思います。NHKのだけが報道が優れてるとは言いませんが、こういうときはどこか一局がまとめて報道し、ほかの局は被災者に必要な報道だけをすればいいのにと思ってます。

 そして、計画停電のときも、TV局なんて電気の塊みたいなものですし、こういうときこそ「計画放送」をしてほしかったです。

 国営と民放の違いはあるでしょう。
 でも、こういう「非常時」はそういうものを越えて、同じ報道職なんですからまとまってほしいと思います。

 食糧事情は、こちらも買いだめ自粛の効果が出始めてるのか、ほんのちょっとではありますが回復しつつあります。

 ただ、相変わらずのスッカラカンですけど・・・。

おはようございます!
当日の停電もあったんですね。
なんだかとんだ1日でしたね。
早く復興が進むといいですね、祈ります。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 停電は当日だけでした。
 それでも、地震発生時から約7時間近くでしたから、ウチに1人残っていた母は大変だったと思います。

 私はウチへ帰るんだという目的があって暗い中を歩いても耐えることができましたが、母はどれだけ寂しかっただろうって・・・。

 復興は、TVでもだんだん明るい表情も見えてきたりして、こちらも気持ちが軽くなりますね。

 まだ、復興への道のりは始まったばかりですが、私たちも共に頑張っていきたいと思ってます☆

珍しく我が家でもずっとテレビをつけっ放しにして釘付けになっておりました。
今では募金やボランティアを募っていますが、阪神大震災で身に染みたのは被災していない人々が忘れた頃も支援は必要だと言うこと。
10年経ってもまだ更地のままというところが神戸にもありました。
これからもこの気持ちを忘れたくないですね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【しまさんへ】
 そちらは、先に大震災を経験してますもんね。
 細かい事情まで分かりますよね。

 今回の被害は、ご存知のように太平洋側の東北地方のほとんどなので、復興にも時間がかかるでしょうね。

 それこそ代を越すくらい、完全復興への道のりは遠いと思います。

 それでも、TVを通して伝えられる明るい表情を見ると、こちらも計画停電や買いだめのあおりなんて苦じゃないですね(微笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不屈の精神② | トップページ | 護られて »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ