☆お客さま☆

« にゃっとう | トップページ | ゴトン »

2011年4月 4日 (月)

ナーバス

  少しでも  揺れたら過敏に  反応し

               特別ラジオ  手にするクセが

 あの大震災から3週間が過ぎようとしています。
 早かったような、昨日のような、不思議な感覚があります。

 あれから、大小合わせて数え切れないくらいの余震があり、私の記憶ですが、今まで1日も余震が起きなかった日はないと思います。今も、書いてるときに軽い揺れがありましたし・・・。

 そのせいか、震災の規模が大きかったからか、あの日から今まで余震が起きるたびにパッと防災モードに切り替え、自分のケータイのほかに、いつも置く場所を決めてあるケータイの充電器(手回し)と数種類の電灯がついたラジオを持って、火の元を確認するのがクセになっています。

 あのときの揺れもそうでしたが、最初は震度2~3くらいかな?と思ってたのが、急に激しくなったこともあって、今ではちょっとでも揺れたら過敏に反応するようになっています。過信するのは命取りになりますからね。

 それにしても、あの大震災ですから仕方ないこととはいえ、ほぼ毎日の余震はいつまで続くのでしょうか。

 最近は少なくなってるとはいえ、NHKの緊急地震速報の「あの音」を聞くと、全身が緊張に包まれます・・・。

« にゃっとう | トップページ | ゴトン »

日記」カテゴリの記事

コメント

余震たいへんですね。
それだけ多いと気の休まる時がないですよね。

ケータイの充電器(手回し)・・・
さすがですね。
私も今度探してみます。

電灯が付いたラジオ・・・
うちにもあります!

 そちらは、いまだに余震に苦しめられているのですね…。
 一日も揺れなかった日が無いというのは、精神的に、本当にきついと思います。
 携帯の充電器と、ラジオを持って…実際、そのくらいの軽装で動いたほうが、いいのかもしれません。
 津波で亡くなった方には、避難所の寒さを想定して、服を重ね着した人や、非常用袋を持ったままの人も、いたらしいですからね…。

手回しの充電器のついた ラジオと電灯のセットになっている物 我が家にも一台常備してあります
もう一台買おうと探しまくってるのに 在庫がどこにもなくなってしまいました

電池は使えばなくなり 今は売ってないのが現実ですので 手回しの充電セットは非常に役に立つと思います

それにしても いつまでも余震が続いていて それも震度が結構3以上とか時には4 強すぎませんか?

今回の地震は 誰もが同じように言っていて それは最初はそんなに強い地震とは思わなかったのに その後長く強い地震に変化していったと聞きました
関西は余震も全くありません でも油断しないように 非常持ち出しは寝る前に傍においておくようになりました
出来れば 底の厚い靴も置いて寝てください
それから 夜など無用心なので 少し躊躇しますが 出口の確保も大事だそうです

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 関西ではプレート型の地震はほとんどないと思いますが、いつまた直下型の断層型地震があるかもしれないので、この手回し型のはオススメですよ。
 
 実際、私もあの日停電してしまったことで目で見る情報がなかったので、ケータイのワンセグを利用していましたが、もともと電池が少なかったこともあってあの日は大活躍でした。

 いつまで停電するのかも分からなかったので、ワンセグを見ない時間はひたすら回して充電してました。

 ちなみに、余震は東北地方に比べたらたいしたことないですが(最高でも震度が少しと、あとは1~3)ほとんど毎日あると落ち着きませんね・・・。


【markさんへ】
 そうなんです。
 記録ではどうなのか分かりませんが、私の感覚では毎日揺れてるような気がします。

 非常時の持ち物は、以前はしっかりとした防災用の袋に詰め込んで・・・と思ってましたが、今回と阪神淡路のような建物が崩れるパターンの2つを振り返ってみると、やはり極限までの軽装にしておくのがいいのかもしれません。

 それでもまだ余裕がちょっとでもあるなら、ちょっこと手に持って・・・という感じでしょうね。

 やはりケータイやラジオ(電灯つき)は欠かせませんから。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 今回の地震で、日本を取り囲む4つの大陸プレートの図を見たことがありますが、関西は完全に境目からは外れてるので、今回を含めたプレート型の心配は少ないでしょうね。

 ただ、またいつかあのとき(16年前)と同じような直下型が起きるかもしれないので、用意だけは十分にしておく必要がありますね。

 しかも、あまりにも放出されたエネルギーが大きかったために、今、日本全体で内陸のバランスも崩れてると聞いています。

 それが、先日の新潟や長野、静岡で起きた余震の余波みたいなものにつながってると思います。

 ということは、これも同じくプレート型の心配があまりない日本海側や、今まで地震の少ない地域でも活断層型の危険はいつでもはらんでる、と思ったほうがいいでしょうね。

 関東を震源とした余震もあって、茨城沖のを除けばけっこう内陸で起きてるのもあるんです。

 プレート型のは一度放出すると何十年かは起きにくいですが、活断層はいつ起こるかわからないうえに、場所も限定しにくいのも難点です。

 手回しのラジオは、一家に一台あれば十分ですよ。
 家族が多ければ2台くらいあったほうがいいですが、少ない人数ならそれなりに・・・というのが、買占めの防止にもつながります。

 ちなみに、関西では同じNHKでも地域が遠いと緊急地震速報は流れないですか?

 こちらは、例えば青森や岩手のように遠く離れてても普通に速報が入ります。あの音つきで。

 ただ、けっこう遠くて関東は指定地域になってないからと思ってると震度4近くのが来るときもあるので、お母さんも一応気をつけててくださいね。もう、何が起きても不思議じゃないですから。

こんばんわ~。

恐怖に遭遇したのですから
過敏になるのは、当然ですよ~。

我が家は、未だに
非常用バッグが私の寝室に3つもあります。
それも、『こんな大きいバッグを持って走れるの?』
って感じのですよ~。
めぐがせっかく用意したからもう~少しこのままで
置いておきます。
だけど、この前突然「バナナが!」って言うのです。
「バナナがどうしたの?」って聞くと
「バッグにバナナを入れてあるから
多分腐ってる」というから
慌てて取り出しました。
セーフ・セーフ!

そのバナナを見てめぐったら
「あ~まだ食べられる」ですって!
も~大笑いしました!
私は、腐っていて衣類が大変な状態かと思いましたよ~。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【ももえさんへ】
 バナナが・・・キャハハハ☆
 確か、バナナはおやつに・・・いや、防災グッズには入りませんよ?(笑)

 けど、実際に被災した身としては、やはりホントに極限までの最小限の荷物にすることをオススメします。

 なので、私がパッと手にするこの2つは最低でも持っていきたいものですね。

 めぐちゃん・・・大丈夫かなぁ。
 バナナのほかにも、何入れるか分からないので、時々チェックしてみてくださいね(笑)。

おはようございます!
余震大きいですよね。
半分はそれはど大きくはならないだろうと
思いつつ、やっぱり身構えますね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 おじさまのところだと、千葉や茨城沖で起きる余震はけっこう大きめに感じるんじゃないですか?

 こちらもそれほど揺れの大きさが変わらずに揺れるので、緊張が走ります・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にゃっとう | トップページ | ゴトン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ