☆お客さま☆

« 拍手喝采・・・!? | トップページ | 混在 »

2011年9月 6日 (火)

持ち直す・・・けど

  河川敷  中洲も見えて  ひと安心

           このまま晴れて  いつもどおりに

 台風12号が、まるで1ヶ月近くも停滞してたかのような錯覚になりますが、それほどの被害が出ているのも事実です。

 その台風がもたらした被害は、通り道だった和歌山や四国、中国地方などはもちろん、中部地方や東海地方、さらには遠く離れた関東にも影響はありました。

 そして、低気圧に変わって北上すると、その後に関東の太平洋沖で発生した台風13号も北上し、元台風と現台風に挟まれて北海道に大雨をもたらしています。

 ただ、やはり和歌山や奈良で起きた被害には心が痛むばかりです。
 水害というにはあまりにも甚大な被害であり、自衛隊が出動してもなお、いまだにライフラインも復旧していなければ、まだ被害の実態が分からない地域もあり、大至急、東日本大震災級の物資やボランティアの支援が必要だと感じています。

 ちなみに例の多摩川の件ですが、今日見た感じでは中州も少し浮き出てきて、水量や流れの速さは相変わらずでも、この先晴れが続くこともあって、このままいつもどおりの多摩川に戻ってくれればいいなぁと思います。

 でも、こちらの状況がだんだん戻ってくるのも素直には喜べません。
 那智勝浦や十津川村を中心として、これから季節も変わろうかというのにライフラインもままならない状況や、家ごと流されてしまった方々も多く、これから地域の自治体や県、国が率先して、さまざまなバックアップをしてほしいと思います。

 また、東日本大震災での物資で、もし余ってるものがあったらすぐ送れるように手配してほしいですし、義援金などが必要ならコンビニなどでもすぐ設置していただきたいものです。

 それほどの災害であることを私たちも再認識する必要があり、決して人ごとではないことも認識しなくてはいけません・・・。

« 拍手喝采・・・!? | トップページ | 混在 »

日記」カテゴリの記事

コメント

和歌山や奈良ではすごい被害だったですね。

ニュースを見る度にびっくりしました。

山間部や自然のままの河川は台風によわいですね。

本当に支援が大事ですねconfident

そちらだと 全国ニュースの時間帯しか生々しい映像は流れないでしょうが こちらは現地ですし ローカルニュース 番組は ずっと被害状況を報告しています。

それは酷いもので 津波の痕と同じだと思うくらい 跡形も無く家が無くなってしまっています。

水が押し寄せるだけでなく 土砂が襲ってきては 人間ひとたまりもありません

土砂崩れで出来た 土砂ダムが水を塞き止め ダムを作り それがいつ崩落するかわからない状態で 非常に危険 二次災害を考えると 救出作業 復興作業も遅れています
まず 水が足りません 道路が無くなってしまっています。

電話が通じないので 状況がわからない地域があり ヘリが飛んでいますが 物資の輸送もままならないそうです。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 もともと台風もよく通るところですし、水害への対応もしっかりしてるところだったらしいですが、今回のは明らかに「想定」していなかったことが起きてしまったようです。

 さらに山が多い地域で、土砂崩れも多く起きてることで、救出も実態をつかむのも、全てを困難にしてますよね。

 とりあえずは今、把握しているだけでもなんとか支援をしてほしいですし、自衛隊やボランティアの数もどんどん増やしてほしいです。


【あい母さんへ】
 さすがにNHKなどでしか知ることはできませんが、それでも十分に被害の様子を見ることはできます。

 土砂崩れがあるということは、それだけ山に囲まれてるところでもあり、予想以上の災害が増えていきますよね。

 何よりもライフラインが遮断されてるのが大きいです。

 浸水なんて甘いものでないのは分かってますが、どんな水害でもライフラインが確保されていれば、それを基盤に復旧が少しずつでも進みますが、今はまず水を中心にライフラインを早く戻してあげてほしいです。

 秋に変わろうとはしてますが、水分が大事なのは言うまでもなく、いつ戻るか分からない事態に対応して、寒さ対策にも取り組んでほしいです。こういうときの時間が経つのはあっという間ですし、気づけば冬になってる・・・ということだってありますし。

 お母さんの言うように、ローカルニュースではもっと詳しいことも取材したり伝えたりしてるはずなので、それを一地域のことだけとして捉えずに、全国のTV局に映像なり、取材の内容なりを伝えて、3月11日のように国民一致での災害として伝えてほしいです。

 そして、それを見て何を思うかは・・・国民の皆さんは分かってるはずですから・・・。

 被害のすさまじさは…今までの中でも、かなりひどいほうではないかと感じます。
 東日本大震災といい、今回の台風といい…日本、祟られているのでは?と感じずには、いられません。
 ライフライン、生活支援…少しでも早く行われることで、これ以上の二次災害が起きないことを、祈らずにはいられません。
 本当に、神様(政府も)、何をやっているのでしょうか!

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 私も、ここまでの水害での悲惨さは見たことがないです。

 自然災害=祟られている、とは思いませんが、少なくとも人事でできることはたくさんあります。

 それらを全て尽くして天命(好転)を待つ、といったところでしょうか。

 そのためには、3月11日での支援物資が余ってたり多く生産した分があるとも聞いてるので、それらをすぐにでも被災地へと回してほしいです。

 直接何かできない私たちも、義援金などで手を差し伸べることはいくらでもできます。

 なんとか・・・ホントになんとか、これ以上の災害が起きないように祈るばかりです。

本当に・・
和歌山、奈良、三重県の人たち・・
人事とは思えません。。
早い復旧を願いますし・・
私たちにできる事があれば・・・
これ以上災害が起きない事を祈りましょう!!

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【yumi-mamaさんへ】
 日本は狭いようで広いと言われますが、こういう災害は離れてるようで身近な問題として受け止めなければいけませんね。

 よほどの雨量でなければ起きない「深層崩壊」というものもあったり、そのことによっての「土砂ダム」もできて、下流にある街が危険にさらされてますし。

 都心部では浸水で済むものも、山間部ではこちらが想像もできないようなことが起こってますよね。

 yumi-mamaさんのところも噴火などがあって、自然災害は身近に感じてると思いますが、ホントに皆さんの問題としてこれから支援なども、できる限りしていきたいです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 拍手喝采・・・!? | トップページ | 混在 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ