☆お客さま☆

« ちょこっと寄り道☆ | トップページ | 衣替え要員♪ »

2011年9月24日 (土)

立ち向かう勇気

  立て続く  地震に怖れ  感じるも

          希望を捨てず  立ち向かいたい

 お彼岸を迎えてからすっかり涼しく、秋の空気に包まれていますが、つい最近まで台風が続き、甚大な被害が出ていました。紀伊半島をはじめ、各地で土砂災害や水害によって、多くの犠牲が出たことも記憶に新しいところです。

 しかし、自然災害は人間の都合など考えてはくれません。

 台風のニュースで陰に隠れがちですが、実は同じように最近は地震も頻発しています。

 まだ台風が迫ってくる前だったと思いますが、北海道で大きな地震があり、さらには遠く離れたアメリカの東海岸で100年以上前に起こって以来の地震がありました。東側で地震が起こるのはとても珍しいです。

 おそらく、2004年に起こったスマトラの大地震からの連動だと思いますが、チリやニュージーランドから東日本大震災に至るまで、地球規模での出来事だけに、どこで何が起きても不思議じゃない状態が続いています。

 再び国内に目を向けると、東日本大震災での余震はおさまってきてるものの、あれだけの規模で揺れたことで、周りのプレートも引っ張られたりして誘発地震も各地で起きています。それは国内の場所も問いません。

 ただ、やはりあの大地震で東側に大きく地盤が動いたことで、まだその動きについていってない地域が宮城県沖の北と南に多く存在しています。

 細かく言えば、北側は青森から北海道で、南側は茨城から千葉沖です。
 しかも南側の場合、千葉沖あたりで止まればいいですけど、すぐ近くには東海地震のもととなる3枚のプレートが重なる地域もあるだけに、大連動地震に発生する可能性も高いと思われます(茨城~九州まで)。

 といって、人間の力では何もできないのも事実です。
 しかし、今回の台風での被害に東日本大震災の教訓が活かされたのも事実です。

 被災地から遠い地域ではどうしても人ごとと捉えがちですが、今回の台風によって、自然災害での被害というものを共有し、みんなで協力して災害に立ち向かう姿勢があったのは良かったかなと思ってます。

 先ほどの北と南の地震連動地域では、いつ大きな地震が来ても不思議ではなく時間の問題とも言えるので、物理的な防災・減災に備えるのはもちろん、気持ちの面でも災害に備えるのは大事だと思っています。むしろ気持ちの防災のほうが大切ではないでしょうか。

 今回の台風でも、関東を過ぎていったあと、すぐに緊急地震速報が鳴り、台風でも心身のダメージがあったところへ来たので、ぐったりしてしまいます(幸いウチのほうは小さい揺れでしたけど)。

 ただ、こういうときにこそ、今言った気持ちの防災の大切さが出てくると思います。
 物の防災には限りがありますが、気持ちの防災は1人1人が悲観せず、希望を持ち、先を明るく見ていくことで乗り越えられるのではないでしょうか。

 これは決して、精神論でも理想論でもないと思ってます。

« ちょこっと寄り道☆ | トップページ | 衣替え要員♪ »

日記」カテゴリの記事

コメント

 台風のときに、同時に緊急地震速報が流れたときは…本当に、この世に神様はいないと、感じずにはいられませんでした。
 幸い、震度5弱だったので、激しい被害は無かったと思いますが…。
 とはいえ、地盤が地震で緩んでいるところに、雨が降り、更に地震ですからね…。
 災害に対する警戒は、常にしておいたほうがいいのかもしれません。

こねこさんは本当に地震に詳しいですね。

関東は余震が多かったからでしょうね。

関西は今の所、地震は少ないですが他人事ととらえないようにしたいです(^^)

確かに 地震がひっきりなしに起きています
それも 地域限定ではなくて 日本国中 世界を見ても どこで何が起きても驚かないような状況になっています

東日本大震災で日本は大きく東に引っ張られました
元に戻ろうとする力もあるらしいですよ

ホントに 喉元過ぎれば 熱さ忘れることのないように 危機意識は常に持っておきたいと思います

【こねこのお返事♪】
 皆さまコメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 台風の直後の地震は、ホントに緊張が走りました。
 最初は音に反応したので場所が分からず、ただただいつもの動作で持つものを持ち、玄関を開けに行き・・・。

 幸い、ウチからは離れていて、さらに現地でもさほど大きな被害もなかったので良かったですが、完全に「追い討ち」のような形だったので、ぐったりしました。

 ただ、これがいい予行練習になって、本番では「追い討ち」でもなんでも来いっ!という気持ちを持てたのは良かったと思ってます。


【スマッシュさんへ】
 私が仕入れてる情報はほとんどがTVやネットのニュースなので、知ろうと思えばすぐに耳に入りますよ☆

 関西は阪神淡路以来、和歌山で大きなのがあったくらいで街の機能がストップするほどのはないですが、普段もあまり揺れない地域ですら地球規模でこれだけの地震が起こってるので、スマッシュさんのところも家族で気持ちを1つにしておいてくださいね。いざっていうときパニックにならないように・・・。


【あい母さんへ】
 チリや国内ではもともと地震が起こりやすいところなのであまり驚きませんでしたが、さすがにアメリカの東海岸での地震は驚きました。

 西海岸はサンフランシスコなどが頻発地帯で有名ですが、ほかにもあまり揺れないとされてる地域、国はこれからも出てくるでしょうね。地球規模でひずみが生じてますから・・・。

 東北から関東にかけて、東に大きく引っ張られたのは皆さんもご存知でしょうけど、元に戻る力が同等に近いくらい働いてくれないと、記事にもあるような北海道や青森、茨城や千葉といった、あの大震災の震源の南北ではまだまだ東に引っ張られた力が弱い地域があるので、こちらでは引き続き厳重警戒です。

 喉元過ぎればの例は、先日の台風でもよく分かりますよね。特に渋谷などの帰宅困難者の件で。

 その前からの雨具の準備のなさも、そのまま地震などに当てはめれば、また大きな揺れがあったときの生活の備え、持っていくものの備えなどができてないのと同じですから、ただでさえ首都圏は人数が桁違いなので、皆さんが意識をもっともっと高め続けてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょこっと寄り道☆ | トップページ | 衣替え要員♪ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ