☆お客さま☆

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

見えない

  白い杖  見えない人が  盲目か

            席が空いても  誰も譲らず

 皆さんは、視覚障害者の方が持つ白い杖はご存知ですよね。

 全盲か、重度の視覚的障害のある方が持つと思われますが、街や公共施設のあらゆるところに黄色いラインも引かれていて、最低限の配慮はされていると思います。それがなかったら外出するのもままならないですから・・・。

 しかし、私たち健常な人にとっては目が見えることも、当たり前のように過ごしていませんか?黄色いラインの上で立ち止まって話し込んだりしてませんか?(これは過去、実際に私が見た光景です)

 で、それは交通機関にも言えると思います。
 例えば電車のホームにも黄色いラインはありますが、スペースが限られてるところでライン上に立たれたら、視覚障害の方はどちらかに避けるしかありませんよね。ほとんどはそのライン上から移動してくれる(一般的モラルのある方なら)ことで、再びラインに沿って歩くこともできますが。

 しかしあの白い杖も、歩いてるときはカンカンと小さく前方を左右に振っているので気づく人も多いと思いますが、視覚障害者の方が止まってるときは少し難しいかもしれません。ただ、それでも気づくくらい目立ちますけど。

 そして今回は・・・また電車に乗って移動しているときのことでした。

 いつものように人間観察を・・・と思ったとき、例の白い杖を持った女性が1人いました。

 私はすぐに気づきましたが、とても違和感を覚えました。
 揺れる電車の中、棒につかまってるとはいえ、空いてる席はいくつもありました。

 しかし、つかまってる棒の近くに座ってる人も、同じ列に座ってる人も、誰も気づかないのか見向きもせず、目が見える方でも揺れれば危険なときがあるのに、見えなければその危険は計り知れないものになるでしょう。

 そうなれば譲ってあげるのが筋ですし、まして今回は空いてる席がいくつもあって、杖が見えない状態でもなかったんです。揺れるたびに杖がチラチラ見えてましたから。

 私は我慢できず、お互い車両の端同士でしたが(それでも私は白い杖に気づいてます!)その女性のところへ行き、近くの空いてる席へ案内しました。降りるときに不安だといけないので、ドア近くの端の席が空いていたので、そこへ座っていただきました。余裕を持って降りられるように(微笑)。

 それにしても、あれだけ離れてても気づく人もいれば、すぐ近くに座ってる人が気づかず、全く関心も示さないのはどういうことなんでしょう。空いてる席はあっても、乗客が少なかったわけじゃありません。私のように立ってる人もそこそこいましたし。

 物理的に目が見えるからそれでいいということではなく、こういうことに気づかない人(正しくは気づいても何もしない人)こそ「盲目」なのではないでしょうか・・・。

2012年1月30日 (月)

見せつける・・・?

  彼とねこ  さらに友達  お食事で

            羨むほどの  2人仲良し

 またまた追い追いで、昨日あったことを書きます。
 で、久しぶりに大学時代の友達とお食事することになりました。
 ただ、メンバー構成がちょっと・・・。

 向こうは2人(女子)ですが、こちらはTくんとこねこの2人。
 別に、私が彼氏自慢をするために呼んだわけじゃありません。友達のリクエストで呼びました(笑)。

 というのも、以前にTくんが横浜勤務だったときに、この2人も交えた友達と一緒に食事をしたことがあるんです。もう4~5年前になるでしょうか。

 それ以来だったこともありますが、まだ私がTくんとつき合ってるのを知ったことで、再び「2人」に会いたいと、今日のお食事が決まりました☆

 突然の話じゃなかったので、Tくんも都合をつけて来てくれて、友達の2人は少しテンションが上がっていました。

 あ・・・一番上がってるのは私ですけどね(照笑)。

 日曜日なので、あまり飲みすぎてもお仕事に影響が出ることもあり、飲むのは自己責任という形にしました。夕方なのに(笑)。

 なので、Tくんも私もお酒は強くないため、友達2人が飲む形でお食事はスタート☆

 ただ、自分たちで呼んどいて、Tくんが来たことでテンションが上がったのか、お酒が進む進む(笑)。

 あれから5年近くも経ってるので、もう結婚してるの?子供は?などと聞かれましたが、Tくんは聞かれたことを普通に答えていました(もちろん全部否定してますけどね)。

 私は・・・あまりいろいろ聞かないでぇ・・・と思いながら、1滴も飲んでいないのに少し赤くなり・・・(*´ェ`*)

 でも、今度は「ねこのどこが好きでつき合ってるの?」と聞かれて、それまで普通に答えていたTくんも、さすがに答えに詰まり・・・詰まり・・・一応答えていましたが、ここでは内緒にしておきます(照)。

 その後、2人でデートしたときの食事と同じように、注文したものの中から、お互いが食べたいと思ったものを少しずつ交換したり・・・というのを始めたとき、友達にとっては「2人の世界」に映るので、向こうも食べながらでしたが、Tくんと私の様子をにんまりしながら見てたようです。

 交換してるときは気づきませんでしたが、再び食べ始めたときに気づき、今度は2人で・・・((w´ω`w))

 別に見せつけるとか、そんなんじゃないんですよ?
 それと、友達の2人の存在を無視したわけでもないんですよ?

 ただ、気づけばいつもどおりの習慣が出てしまい、友達2人にとっては「なんで今でもつき合ってるのか、よく分かるわ」と言われました。

 全て終わって帰るとき、Tくんもそのまま帰ることになり、4人それぞれに解散することになりましたが「今日はありがとう。2人を見てて、元気出た☆」と言ってました。

 でも、それって・・・私に会いたかったというよりは、Tくんと私の2人セットで・・・?(笑)

 けど、私にとっても久しぶりでしたし、ちょっと恥ずかしい場面はあったものの、同じく元気が出ました♪

2012年1月29日 (日)

熱い男

  独り言  またも笑いを  誘いつつ

         患者の気持ち  和ませるかな

 昨日は思わぬ地震があったことで、本来書こうと思ってたことを今日へ延ばしました。

 で、何を予定していたかというと、昨日行った眼科でのことです。
 以前にも、小さいころからお世話になってて、ちょっと面白い先生というのを記事にしたので、今日は気楽に読んでいただければと思います♪

 地震が立て続けにあったことでどうしようかと思いましたが、平日休みがないとなかなか行かれないので、土曜出勤もないことから、昨日行ってきました。

 ここは土曜でも午後もやってる(終わる時間は少し早いですが)ので、10時ごろに着くように行きました。

 普通に検診だけなので、いつものように待ち、いつものように検眼、そして診察・・・・・・の前に、私にはひそかな楽しみがあるんです。

 眼科で楽しみって?と思いますよね。
 でも、ここの先生には「独り言」もしくは「スタッフとの掛け合い」という特徴があるので、検眼を終えた後に私は待ちながら楽しみにしていました。

 すると・・・診察する場所へのエアコンが暑かったのか、近くのスタッフ(全員女性です)に「ちょっとエアコンの温度を下げてくれるかなぁ」と言い出したので、1人のスタッフがリモコンで下げ始めました。

 あ、ちなみにここは、検眼するところと診察を待つ長いすのある場所が、一緒になっています。もちろん検眼する後ろに長いすがありますが(笑)。

 で、私は診察するスペースに近いところに座っていたので、さらに続く、先生の「独り言劇場」がよく聞こえてきました。

「あぁ・・・やっぱり切ってくれるかな。暑くなってきちゃったよ」

 ここまでは普通です。
 スタッフも、言われるままに普通に消しました。

 しかし、ここからです♪

「俺はさぁ、熱い男だからねぇ。燃えてるんだよ、皆さんの目を治すためにね」

 始まりました☆
 だいたい、こうやって誰に言うでもないような言い方をするときは、先生の劇場の幕が上がっています(笑)。

 そして、さらに続けて「でも、スタッフはみんな冷めてるけどね」と言ったときには、私を含めて、近くにいたスタッフさんも軽く吹いてました( ´艸`)プププ

 このあと、私は診察を受けることになりましたが、笑いをこらえながらだったのは言うまでもありません(笑)。

2012年1月28日 (土)

気も休まらない

  揺れたあと  テレビで確認  また揺れて

             さらにそのあと  続けて起こる

 今朝は、通勤時よりも少し早く起きてしまったことと、お休みなので二度寝しようと思って、7時半過ぎまで寝ていました。

 なんとなく目が覚めて、そろそろ起きようかと思ったそのとき、寝起きには十分すぎるほどの目覚まし地震が起こりました。

 こちらでは震度2~3でしたが、目が覚めてすぐだったのと、わりと長くなかったことで、すぐTVをつけて確認しました。こちらであまり大きくなくても、またどこかで大きかったら心配なので・・・。

 また東北のほうか、千葉や茨城沖のほうかと思いましたが、内陸で富士山のふもとの富士五湖周辺ということでちょっと驚いていると、今度は下から突き上げるような縦揺れからの地震が起こりました。この間、わずか4分程度です。

 最初のは寝起きだったことで、地震ということだけしか分かりませんでしたが、2度目のはベッドの上で正座してTVを見てたこともあって、すぐに気づき、しかも縦揺れだったので大きくなるのか・・・と思って、すぐ母に声をかけて、危なくないところで避難するように指示をしました。

 幸い、2度目のも長く続くことはなく、また2~3くらいの震度で済みました。

 で、部屋に戻ってTVで確認してみると・・・また同じ場所!!
 しかも、今度は震源地で震度5弱で、1回目(震源地・震度4)よりも大きくなっていました。

 さすがに、震度5以上ともなれば各局伝えるようになり(といっても半分の局くらい)場所が場所だけに、富士山に何かしらの影響が出るのだろうか・・・なんていろいろ思っていると、今度はかなり小さく、3度目の揺れを感じました。

 え、何・・・また地震なの?これって何なの?
 と思いながらも、小さい上にすぐにおさまったことで、再びTVで確認すると、またまた同じ場所(震源地・震度3)。

 2回目から、また3分程度という短い時間で同じ場所での地震。

 先日、昨年発表されていたものをなぜか今ごろ大々的に取り上げていた、南関東での今後4年以内に70%の確率で、大きな地震が起こるというものが頭にあっただけに、その前兆としてすでに始まったのか・・・と思っていると、次は少し時間が空きましたが、それでも3度目から15分程度で、4度目となる同じ場所で震度3。

 最初の発生から30分もの間に、TVの速報として出されただけでも4回の地震。

 それだけで、朝からどんよりした雰囲気になっていましたが、今度は9時半前には岩手のほうで震度4。そして、午後には茨城沖で同じく震度4。

 マグニチュードにもよりますが、震度3以下だけならどんよりもしないんですが、4以上になれば・・・ね。

 昨年も、3月11日以降の1ヶ月くらいは、ほぼ毎日地震があり、その日のうちに大きめのが3回以上起こることも珍しくありませんでしたし、そのときは今とは比較にならないほど気が休まるときなんてありませんでした。

 さすがにあれから月日も過ぎ、毎月11日のジンクスは続いてますが、揺れも少なくなればその分、安らぎも増えてきます。

 しかし、今年は元旦からいきなり「忘れちゃダメだよ」と言わんばかりの地震から始まり、各地で震度4以上の大きい地震が絶えませんし、数も多いような気がします。

 2~3年前に起きたニュージーランドでの地震も、本震のあと約1年後に、再び街を崩壊させるほどの余震に見舞われ、日本人も犠牲になったのは記憶にあると思います。

 昨年の大震災は、日本で起こったこともそうですが、世界的に見ても極めて大きな地震だったこともあり、過去の例を見ても1~2年後の大きな余震に備える必要があると思います。これは同じ場所(三陸沖)での危険性だけではなく、その北の青森から北海道、南の茨城から千葉沖にかけてのプレートにも注意が必要です。昨年の大震災では、これらの地域の大きなエネルギーの解放がされてませんから。

 そして、特に東海地震はいつ起きてもおかしくないとずっと言われてきましたし、そこから続く東南海~南海へと続くプレート型の地震も、昨年の大きな地殻変動によっていつ起きても不思議じゃないです。

 まだ3月11日まで日があると思わず、元旦からの警告は皆さんも忘れないでほしいと思います。1~2年後に大きな余震の可能性があるといっても、きっちり1年後とは限りませんから・・・。

2012年1月27日 (金)

安売り

  ウケの良い  言葉で釣れば  いいのかと

              思えばさらに  腹が立つかも

 昨年、その年の世相を表す漢字として「絆」が選ばれたのは記憶に新しいと思います。

 毎年、その漢字一文字に「そうだったなぁ・・・」と思うことはありますが、昨年のは「うん・・・うん・・・」と、深く刻み込むことが多かったような気がします。

 ただ、それに便乗したのかどうか分かりませんが、新党として結成した党名が「きづな」(なんで「づ」なのか分かりませんが)と知ったとき、最初に「イラッ」としました。

 きっと、どんな新党でもこの言葉を使うだろうなぁとは予想してましたが、いざ現実になるとこんなにも憤りを感じるとは思いませんでした。

 そして最近。
 近所で見かけた自○党のポスターにも「絆」が使われていて、確かにこの言葉を使えばウケはいいかもしれませんが、政治に関しては、なんでもかんでもこの字や響きを使わないでいただきたい!

 昨年、この字が選ばれたときは例年とは違う思いで納得されたと思いますが、その納得も深いものだったと思っています。

 しかし、ただでさえ全く絆を感じない世界の人たちに、この言葉だけは使われたくなかったですし、こうやって「安売り」のように使われるのがものすごい腹が立ちます\(*`∧´)/

2012年1月26日 (木)

小さな楽しみ☆

  顔見せる  白い魚の  間から

       タコの赤ちゃん  いくつあるかな

 皆さんは「しらす」を食べたことはありますか?
 そんなにしょっちゅう食べるものではないですが、一度くらいはありますよね?

 今夜は、あまり多く食べなくてもいいかなと思ったので、一品のおかずと白いご飯の上にしらすをかけて食べました。

 母と2人で食べましたが、ご飯の上にかかったしらすの中に、あるものが混ざってるのを母が発見しました。

「あ、タコの赤ちゃん♪」
「え?・・・あ、ホントだ」
「あれ?ここにもいる」

 これも経験したことのある方がいるかもしれませんが、しらすと言ってもおそらく網などで獲るので、ほかにも細かいものが混ざることがあります。

 もちろん、大きさが近いしらす以外の魚は商品にする段階で取り除かれると思いますが、中にはしらすよりも小さいものが混ざっています。そこまでは取りきれないと思うので。

 で、そんな細かいものの中に、わずかにピンク色の、ち~~~さなタコの赤ちゃんが混ざっていました☆

 まず母が見つけましたが、私も探してみると・・・ありましたヽ(´▽`)/

 母は連続で2つも見つけ、その後ももう1匹いたようで、合計3匹も入ってました。
 私のほうは最初に見つけた1匹だけでしたが、母から1匹もらって、2人で2匹ずつ食べました(笑)。

 別にタコの赤ちゃんが混ざってたからって、当たりでもなんでもないんですが、なぜか見つけると嬉しくなります♪

 ・・・ヘンでしょうか(笑)。

2012年1月25日 (水)

オヤジ?女子力?

  どちらかな  見た目と中身  ギャップあり

             理解してるが  埋まるだろうか

 今回は『見た目は女、中身はオヤジ!? オヤジ女子力テスト』というものをしてみましたが、私はよく見た目と中身のギャップがあると言われるので、結果についてもすごいことになるんだろうなぁと覚悟してましたが・・・。

 では、さっそく結果をご覧ください♪

プチオヤジ級
オヤジ女子力は…プチオヤジ級

気合が入っている時と、そうでない時の落差が激しいあなた。それは外見にも現れており、気合が入っていない時はスッピンだったり、穴の開いた靴下をはいていたりと、完全に気が抜けた状態。オヤジ化への第一歩ともいえる現象なので、気合が入っていない時も、もう少し外見に気を遣うようにしよう。「いつも女性らしくあること」を意識していれば、自然と気合も湧いてくるはず!

 確かにスッピンでいることのほうが多いですが、穴の開いた靴下とか、そういうことはないですよ(笑)。

 ただ、童顔だからとか幼児体型だからとか、そういうのを言い訳にしないで、もっと女性らしくあることが大切ですね☆

2012年1月24日 (火)

真冬の夜の夢

  わずか5分  再び窓を  開けたなら

           そこに広がる  白いメルヘン

 先日、かなり遅い初雪が降りましたが、積もるほどではなく「ただ降った」という程度でした。

 いつも言ってますが、こちらでは1シーズンで2~3回降ればいいほうなので、たとえみぞれでもテンションが上がってしまいます(笑)。

 そして、先日の雪でも私にとっては嬉しかったんですが、昨夜は・・・テンション上がりまくりです。

 しかも、朝の予報からかなりの確率で夜に雪が降り、しかも積雪とまで言われたら、Tくんがお泊りに来るくらいに待ち遠しくて(笑)。

 お仕事が終わって外に出たときから空を見上げては、まだかまだかと思っていましたが、ウチに帰ってからも降る気配がなく、もしかしたらこのまま雨で終わるのか?・・・と、9時ごろN○Kのニュース内で、雪の様子を中継していたとき、新宿ですでに降っていたので、もしかしたらと思って外を見てみると・・・あれ?

 それまで強く降ってた雨は小降りになっていましたが、まだ雪というほどでもなかったです。

 しかし・・・それから5分ほどしてからもう一度見てみると・・・Σ(゚д゚;)のわぁ~!!

 すっごい降ってるじゃないですか!
 それまでの「シレ~」とした空はなんだったのかというくらい、いつの間にか雪に変わったかと思えば、車はすでに白く覆われていて、みんな白い車になっていました(笑)。

 わずか5分ほどでしたが、あっという間に白い世界に♪

 さすがに風邪引きたくないので、そのまま外に出てヽ(´▽`)/ワーイとはなりませんでしたが、何度も窓を開けては限りなく降り続く雪を見て楽しんでいました☆

 いつも、冬だけに遠くの音まで聞こえますが、昨夜に限ってはまさに「しんしん」という表現が当てはまる夜でした。

2012年1月23日 (月)

きゅうきゅうしゃ

  似た音で  判断した子の  指先は

          似ても似つかぬ  車過ぎ去る

 お仕事の移動中、私はあるバス停で待っていて、そこはベンチがあって誰も座っていなかったので、休憩も兼ねて座ることにしました。

 と、座り始めてすぐ、母親と手をつなぎながら幼い子が同じベンチに座りました。

 男の子でしたが、よくしゃべるなぁ・・・と思うくらいおしゃべりでした。
 あれこれと、見るものを母親にいろいろ聞いたり、車が通れば指をさしながら、その種類によって「とらっく~」「たくし~」などと、独り言のようによくしゃべっていました。

 男の子ってこんなんだっけ?(笑)

 すると、また1台通りかかり「きゅうきゅうしゃ~」と言ってましたが、見る限りどこにも救急車は通っていません。

 ただ、その指が向いてるところには「霊柩車」が通っていました。
 
 もうお分かりですよね?
 「れいきゅうしゃ」「きゅうきゅうしゃ」・・・合ってるのは後半の「きゅうしゃ」の部分だけです。

 おそらく、霊柩車というのも発音だけは教えられていて、似たような音だけで判断してしまったんだと思いますが、母親がすぐに「れいきゅうしゃ」と訂正すると「きゅうきゅうしゃ?」と、トンチンカンな聞き返し(笑)。

 すぐに「れいきゅうしゃ~」と、思い出したように指をさしながら言ってましたが、母親がまた「あれは指をささないの!」と言ってました。

 いや、ほかのもダメでしょ?(笑)

 でも、霊柩車をこの歳で見て知ってる(車の意味は知らないでしょうけど)のもすごいですが、その発音もすでに教えられてるのも驚きです。

 きっと、なんでも知りたがる年齢と、この子がさらに知りたがる性格がプラスされて、これだけいろいろな車を言えるんでしょうね(◎´∀`)ノ

2012年1月22日 (日)

合うもの探し

  彼とねこ  互いの頭に  合う枕

        選びながらも  こねこウトウト

 今日は珍しいデートをしてきました☆
 といっても、何かとんでもないことをしたわけじゃないですからね?(笑)

 冒頭の言葉にも書いてあるように、Tくんとこねこの、それぞれいつも使う枕を選ぶためにお店を回りました。

 地元も含めて3軒ほど行きましたが、最後に回ったところでもお試しができたので、横になって頭を置くと、ちょうど良かったのはいいんですけど・・・合いすぎて・・・そのうち・・・ウトウト・・・(-.-)zZ

 さすがにTくんが気づいて、私もそれ以上マジ寝はしませんでしたが、そばにいた女性店員から「新婚さんですか?」と聞かれて、Tくんが「今は違いますが、そのうち・・・」なんてのを聞いて、別の意味で目が覚めました(照笑)。

 Tくんも、最後に回ったところでピッタリのがあったようで、2人でそのお店で購入♪

 しかし・・・プレゼントというわけでもなく、それぞれがいつも使う枕をそれぞれが普通にお買い物というデートも珍しいですよね(笑)。

 ただ、ウチに帰ってきてからTくんから電話があり、枕はどぉ?なんて会話の中で「一番いいのは腕枕だけどね」なんて言い出して、私は言葉に詰まりました。

 あ、引いたのではなく・・・同じことを思ってたからです((w´ω`w))

2012年1月21日 (土)

ネコストレッチ☆

  丸めたり  伸ばす動きで  ネコの真似

              人も使える  意外な効果

 今日は大寒。
 大きく寒いと書いて大寒。

 だからなんだという話ではありません(笑)。

 ただ、今日は久しぶりにマルコの写真(アルバム)を見てて、ネコ特有の身のこなしをしている場面で、私もできるかな?と思って、あるストレッチをしました。

 それは、ネコが甘えてお腹を見せてコロンコロンするとき、ただ体を左右に転がすのではなく、お腹を中心として体を曲げて転がりますよね。

 こんなふうに↓

 マルコがいたころにも真似してやったことがあるような気がしますが、それを久しぶりにやってみました。

 ネコがもともと、体が柔らかいからこんなふうになるのかなと思っていましたが、実際同じような動きをしてみると、これがまた気持ちいいんです。動画でも分かると思いますが、左右の脇腹あたりが伸びるので、甘えるときの行動とはいえ、実は理にかなってるのかな?と思ったり。

 また、こんなのもオススメです↓

 これは、特に体をひねらなくてもいいですけど、腕をいっぱいに伸ばしてから、手をグーパーさせると、これまた手から腕にかけてのストレッチにもなります。

 そして・・・Tくんの前でやったら、可愛がってくれそうですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2012年1月20日 (金)

バタバタ

  降雪と  関係なしに  トラブルが

         起こる朝から  こねこバタバタ

 昨日までの乾燥注意報も一段落し、今度は雪の予報が出ていた今朝は、そのとおり白いものがパラパラと落ちていました。

 こちらではほとんど降らないために、雪で大変な思いをしてる地域の方々には申し訳ないですが、どうしても・・・ヽ(´▽`)/ワーイ・・・となってしまいます(笑)。

 ただ、積もるほどではないようで、湿った雪でしたがうっすらと白くなる程度でした。

 そして、雪が降っても喜ぶばかりではなく、交通機関などの乱れも予想できるので、朝食を取りながらニュースも見ながら・・・というとき、私がいつも通勤で使う路線が運転見合わせとアナウンスがあり、この雪で止まるの!?と思ってたら、ウチから少し離れた駅で人身事故があったようです。

 雪などで徐行して遅れてるならまだしも、人身事故で、最悪の場合「処理」することもあり、それには多少時間もかかることが予想されるので、もともと早く出る予定でしたが、さらに早めなくてはいけなくなりました。

 最初は、路線そのものが全線でストップと聞いたので、JRのほうを使ってかなりの遠回りで行くことになるのか・・・なんて思ったら、出かける間際には隣の駅からの折り返しと聞き、事故が起きた駅も途中で通る駅ではなく、反対方面だったので少しホッとしました。

 そして、また混んでるのかと覚悟しながらホームに上がると・・・あれ?
 いつもの通勤ではありえないくらい、車内は空いていて、私はとんでもない遅刻をしようとしてるのではないか・・・なんて、自分のケータイとホームの時計を見比べてしまいました(笑)。

 でも、やっぱりちゃんといつもの時間(ちょっと早め)で、その空いている車両に乗りました。

 ただ、発車してからすぐ、隣の駅(反対方面)での折り返しというのを思い出して、そこから先の乗客が乗ってきてないから空いてるんだということに気づき、毎日こんな楽な通勤だったらいいのに・・・なんてことも思いました(笑)。

 ちなみに、仕事場に着いた私を見て、ほとんど同時に着いていたお姉さまが手袋のまま私の顔を「こねこね」して暖めてくれました。

 そして・・・ほかのお姉さまたちも、こねこの顔をこねこねこね・・・(笑)。

 雪が降るくらいですから外もかなり寒かったんですが、お姉さまたちのおかげですっかり暖かくなりました☆

2012年1月19日 (木)

寒・乾・缶

  雨降らず  常にカラカラ  乾いたら

            喉も体も  潤したいかな

 こちらでは、昨年から引き続いて1ヶ月以上も雨らしい雨が降っておらず、今日で歴代3位となる連続の乾燥注意報が出たそうです。

 確かに思い返してみると、昨年末に少しだけ雪の予報が出そうになりましたが、そのときも少し雲がかかった程度で、すぐに晴れてしまい、そのあとは冷たく乾燥した北風が舞い込んできて、雪が降らないほうが寒くなるという悲劇まで起きました(笑)。

 そして、私は断然寒い季節のほうが好きなんですが、唯一苦手なのが「喉の痛み」です。

 もともと弱いのかもしれませんが、特に寒さが増す今の時期でも、一晩中加湿器をつけてるわけにもいかないので、当然、朝起きるといつもいつも喉がカラカラで痛みもあります。

 ただ、それは昨夜、マスクをして寝ることによって解消されました。
 今朝はわりと喉が楽でしたし♪

 と、今度はお仕事でのことですが、仕事場も紙を多く使うこともあって、あまり加湿器をガンガンにかけるわけにもいかず、どうしても喉がピンチというときは寝るときと同じくマスクをするようにしてます。

 そして今日。
 マスクの効果で多少楽だったものの、乾燥注意報の歴代3位の記録が出るくらい乾き続けてるので、外出のお仕事のときは駅で思わず缶コーヒーを買ってしまいました。眠かったのもありますが(笑)。

 寒くて、乾いて、缶コーヒーを買う。
 まさに「カン・カン・カン」・・・・・・特に意味はないです( ̄ー ̄)ニヤリ

 ちなみに、明日はようやく乾燥とはサヨナラができそうです。
 というのも、かなり高い確率で「雪」の予報が出ているためで、逆に雪によるさまざまなことにも注意しなくてはいけませんが、こちらではほとんど降らないのでちょっとテンションが上がりそうです(◎´∀`)ノ

2012年1月18日 (水)

まじめな顔

  お仕事の  資料見ている  ねこの顔

            まじまじと見て  横でクスクス

 皆さんは、1日のうち1回はまじめな顔になりますよね?
 というか、そういう顔のほうが多いと思いますけど(笑)。

 私も普段はホントに無表情で、まじめな顔をしてるほうがかなり多いです。
 だからといって、顔と行動が伴ってないことも多いですが・・・。

 そんな今日も、お仕事中の9割くらいはほぼ無表情で、まるで機械が作業をしてるみたいに周りからは見えると思いますが、いつの間にかその表情をお姉さまに見られているとは気づかず、黙々とこなしていました。

 と、そのうちクスクスと笑う声が聞こえたので、なんだろうと思って周りを見ようとして・・・Σ(゚д゚;)

 隣のデスクのお姉さまだけだと思っていたら、計3人のお姉さまが真横で見ていました(笑)。

 私は顔に何かついてるのだろうか?と思いましたが、聞く前にお姉さまの1人が「ねこちゃんの顔、おもしろいねぇ~☆」と言ってきました。

 顔がおもしろい・・・おもしろい・・・おもしろい・・・??

 リアクションに困っていると「だって、まじめな顔をしてるのに、なんか笑っちゃうのよね」と言い、もう1人は「笑うと可愛いのに、こんな顔もあるんだなぁって思うと、ついつい見ちゃって」とも言ってました。

 これは・・・喜んでいいのか、メリハリがはっきりしていると受け取ればいいのか・・・。

 ただ、そんな私の顔を見て、ちゃんとやらなければ!と引き締める意味にもなってると言ってたので、それはそれでお役に立てて良かったです。こんな顔でも何かの役に立つのであれば・・・。

 あ、ちなみに言っときますけど、決してお姉さまたちがサボってるわけではなく、何かの合間に私の顔を見て笑っていた、ということですので(笑)。

2012年1月17日 (火)

10ヶ月と17年

  災害の  多い国ほど  自然には

           畏れ敬い  共に生きれば

 昨年3月11日の東日本大震災のインパクトが残る中、17回目の「1月17日」を迎えました。

 そうです。
 1995年に起きた、阪神淡路大震災から17年になります。

 それまで、活断層型の直下地震という知識もあまりなかったために、あの惨状を子供ながらに見ていて、今でもハッキリと覚えているくらいの出来事でした。

 関西は、日本の中でもプレート型地震の影響が最も少ない地域ということで、どうしても地震に対しての意識や備えが希薄で、そんな状態で迎えてしまったあの日、世界にも衝撃を与えるほどの被害が出てしまいました。

 ビルが垂直に潰れたり、高速道路が大きく傾いたのは皆さんの記憶にも新しいところだと思います。

 昨年の大震災では、もともと多発地帯ということで耐震性も優れていて、東北の街並みで建物の崩壊などはあまり見られませんでしたが、慣れや油断から、津波の被害で多くの命が失われてしまいました。

 先日、ある番組で、関西・・・特に大阪はその昔、現在懸念されている「東海~東南海~南海」の連動地震による津波の被害に遭ったことがある、というのをやっていました。

 東北も、昔から地震の被害(津波も含めて)があったことを表す「石碑」がありますが、大阪にもその昔、この連動地震による大津波で、今の大阪の都市部が壊滅になったことを先人たちは石碑に残しているそうです。

 先ほども述べたように、特に大阪を中心として普段からの地震もほとんどないために、あれから17年経った今、どの程度建物の耐震性が改善されているのか、また津波への対策がとられているのか、とても心配であり不安です。

 災害は日にちに関係なくやってきます。
 1月17日や3月11日、そのほかの日(2004年の中越など)も意識して忘れることがないようにするのも大切ですが、その日だけを意識することなく、身の回りのことは日ごろの心がけ。そして、長期的なものは政治や役所、その他自治体なども含めて、みんなで取り組むことが防災や減災につながると思ってます。

 ただ、ニュースで見ましたが、今日は神戸と東北でそれぞれの地震発生時刻に祈りと黙祷をささげ、阪神淡路の経験を東北に、そして東北の経験を今後起こりうるであろう、主に東海から西日本を中心とした連動地震へと、経験を語りつないでいかれればと思っています。

2012年1月16日 (月)

漂う

  好評の  ハンドクリーム  回し塗り

             こねこと同じ  香り漂う

 以前にも記事でちょこっと触れたような気がしますが、仕事場用で自分のデスクの中に入れてあるハンドクリームがあります。

 そのクリーム自体は珍しいものではないんですが、ピーチの香りがするものなんです☆

 で、そんなハンドクリームを、仕事が始まる前に塗りだしましたが、隣のお姉さまがじ~~~っと見てるので、もしかしたら・・・と、差し出すと喜んで塗っていました☆

 と、ほかのお姉さまたちも、少量ではありますが塗り始め「ねこちゃんと同じ匂いだぁ」と喜んでいましたヽ(´▽`)/

 それはそれで、こんな普通のハンドクリームで喜んでいただけるなら嬉しいことですが、その後、資料などをほかの方に回すのに歩いていて、どこへ行っても同じ香りが漂っていたのは不思議な感じがしました(笑)。

2012年1月15日 (日)

飛んでけ~☆

  人込みの  出合い頭で  ごっつんこ

             痛い思いも  大事な経験

 先ほど夕方前に、少しだけですが食材の買出しに行ってきました。

 新しくできたスーパーのようなものはあるんですが、自転車の空気を入れたくて、自転車屋さんにも行くことになったので、駅前まで行きました。

 あ、ちなみにウチに自転車の空気入れがないわけじゃないんですけど、駅近くの自転車屋さんには無料で貸し出している、1回2~3秒で終わるタイプの空気入れがあるので、いつもそこを利用しています。

 ウチにある空気入れでもいいんですけど、重労働な上にタイヤもパンパンにまではならないため、全く釣り合いが取れないので・・・ね(笑)。

 で、先に空気を入れてから買出しに向かいましたが、ウチの最寄り駅はいつも人が多いので、気をつけて歩かないとぶつかることもあります。

 そんな前置きをした上で続きますが(笑)私がスーパーへ向かうための道を曲がろうかというとき、ちょうど角で見えづらかったのもあって、小さい子が駆けてくるのも全く見えませんでした。

 ・・・(((( *≧∇)ノノノ・・・ドンっ!・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 ちなみにこのとき、歩いていた私の膝に当たるように転んでしまったので、形として私が膝蹴りをしたような格好になってしまいました。

 もちろん私にそんな気もなく、小さい子もまさか出合い頭であたるとは思ってなかったでしょうし、しかもそれが膝だとは・・・(苦笑)。

 そんなわけで泣くのは当然ですし、当たった場所も場所だけに、尻餅をつくように座り込んだ子にほかのケガもあるんじゃないかという心配もありました。

 それに、いくらこちらに落ち度がないとはいえ、偶然ぶつかっても泣いてる子を放っておくなんて私にはできませんし、ご両親が駆け寄ってくるまで、ただただ「ごめんねぇ。痛かったよねぇ」と慰めるだけでした。

 しかもこのとき、口に出すのは恥ずかしかったので「痛いの痛いの飛んでけ~」と心の中で繰り返していました。いまどきこんなこという人、あまりいないと思うので(笑)。

 ただ、その甲斐があったのか、ご両親が「こちらこそ、すみませんでした」と謝ってくれたあと、親が撫でたことで安心したのか、すっかり泣き止み「お姉ちゃんにちゃんと、ごめんなさいしなさい」と促すと「ごめんなしゃい」と、可愛くも素直に謝ってくれました。

 派手にぶつかり、派手に転んだわりにはケガもなかったようで、私としてはまずそれが心配だったことで一安心したのと、あの素直に謝る姿があまりにも可愛くて、両膝をついて同じ目線になり「もう、人がたくさんいるところで走っちゃダメだよ?分かったらハイ!って手を上げて?」と言ったら、ちょっと照れながらもビシっと右手をまっすぐ上げてくれました。

 もぉ~~~~~~~なんて可愛いのぉ~!!(*´▽`*)

 その様子にご両親も笑顔で、ぶつかったことは痛かったかもしれませんが、それも子供にとっては経験の1つになりますし、私にとっては可愛い出会いがあったことで、かえって感謝したいくらいです☆

 最後、お互いに「すみませんでした」と言ってから別れましたが、あまりの可愛い出会いに、その後の買出しで危うく1つ、買い忘れそうになりました(笑)。

2012年1月14日 (土)

元気なじぃじ☆

  孫を抱き  車窓を見せる  おじいちゃん

              よくよく見れば  見事な土台

 いつも言ってますが、お仕事でもプライベートでも公共交通機関(特に電車)を利用することが多いので、自然とそこでの人間観察も多くなります。

 と、そんな移動でのこと。
 これまたいつものように、ドアのあるところで寄りかかっていますが、私は一番後ろの車両に乗っていました。

 車内をさりげなく、何か面白いことはないかなと見ていると、車掌さんに一番近いところでおじいちゃんと孫らしき2人が、大きな窓から見える風景を楽しんでいたようです。

 しかし・・・お孫さんはおじいちゃんに抱かれて楽しそうに見ていますが、そのおじいちゃんはというと・・・ビタっと根が張ったように、揺れにも動じず、しっかりとお孫さんを抱いていました。

 男性なので、女性よりは足腰がしっかりしていて、多少の揺れならどこも掴まることなく耐えられるかと思いますが、この場合お孫さんを抱き、なおかつある程度お歳のいった方ですから、あの安定感はすごいなぁと思いました!

 ただ、よく見ると着やせするタイプなのか細マッチョなのか、身長こそ高くないものの、がっしりしてる感じで、あれならお孫さんも安心して車窓を見ることができますね☆

 ちょっと肌も浅黒くて、もしかしたらボディビルでもやってるのかもしれません♪

2012年1月13日 (金)

厳寒!

  朝イチの  トイレに向かう  廊下にて

             冷たすぎたら  こねこ固まる

 ホントは昨日の記事にする予定でしたが、地震のこともあったので今日にしました。

 では、ご覧ください。

 おとといの夜から昨日の朝にかけて、一時は夜に雪が降る予報もあったくらいなので(結局降りませんでしたが)その寒気がずっと居座り続けていました。

 そして昨日の朝。
 起きたときから部屋の中の冷気を感じていましたが、普段ならまず靴下を履くことから始める朝も、トイレに行きたくて起きたようなものなので、履かずに向かいました。

 というか、かなり「近かった」もので・・・(笑)。

 で、部屋を出て廊下を経由してトイレに向かうんですが、フローリングの廊下なので、この冷気によってまるで氷のような冷たさに。

 一刻も早くトイレに行きたいのに、裸足だったために廊下の冷たさをダイレクトで感じ、思わず固まってしまいました。

 ただでさえ「近い」のに、足裏からの冷たさが加わり、尿意はさらに高まることに(笑)。

 一応、なんとか漏らさずに済みましたが、あと10秒遅れてたらどうなってたか。
 Tくんがお泊りのときじゃなくて良かったです( ̄ー ̄)ニヤリ

2012年1月12日 (木)

走る緊張

  緊急の  地震速報  気づいたら

           適切な指示  無難にすごす

 今日のお昼休みにお弁当を食べているとき、いつもお姉さまたちと食べる部屋にあるTVから、聞き慣れた音が聞こえてきました。

 TVに出されている地域を見ると・・・緊急地震速報が出ていて、東北から関東にまで赤い表示がされてるじゃないですか!!

 昨年の3月11日後の余震が続いた日から、次に緊急地震速報が出たら大きいのが来ると常に思っていたので、あれからもう10ヶ月以上経ちますが、速報があるなしに関わらず、心身ともに備えをしてきました。

 と、TVの速報と同時に私を含めたお姉さまたちのケータイに、緊急のエリアメールが届き、一斉に鳴り始めました。

 で、常に心がけてるのが良かったのか、すぐ行動に移せないお姉さまたちへ、ケータイを手に持ち、いつでも避難できるように指示を出しました。もちろん必要とあらば、お弁当などが乗ってるテーブルの下に隠れるようにも指示を追加しました。

 幸い、東京では震度2くらいしか揺れませんでしたが、3月11日のときも最初は小さな揺れから始まったこともあるので、今回も揺れがおさまるまでは気を緩めないようにしていました。

 おさまってから、TVに震度などが出ているのを見ながら、私が指示を出したのもそうですが、それがとても整然と行われたことにお姉さまたちは驚いたようです。

 私にしてみれば、あれだけの震災とその後の余震から、備えを学習してないのか?と思いましたが、とりあえずは大きな被害もなかったのが良かったです。

 それにしても、今回も「11日」の翌日である12日の地震。
 3月11日から、ほとんど1ヵ月ごとの「11日」付近には大きな地震が起きますが、まだこのジンクスは続きそうなので、皆さんも毎月「11日」当日はもちろん、その付近の日も特に気をつけてくださいね。

2012年1月11日 (水)

見知る

  人見知り  生まれながらに  持つけれど

              思うほどには  言われないかも

 ブログでのこねこを見ていると、とても人見知りがあるとは思われないかもしれませんが、私自身は「とてもある」と思っています。

 ただ、最近では仕事場のお姉さまたちとの交流で、わりと改善はされてるのかな・・・とは思ってます。

 そこで、どのくらい現在の人見知りがあるのか・・・というのを調べるために『年末年始は試練の季節!?人見知りタイプ診断』をやってみました。

無自覚型人見知りタイプ

あなたは…無自覚型人見知りタイプ

人見知りという自覚はないものの、初対面の人を寄せ付けないオーラを放っているあなた。「愛想が悪い」と指摘されることも多いのでは? その原因は、ズバリ、人見知りであるが故。初対面の人と上手く話せる自信がなく、またそれを悟られたくないからこそ、意識的に寄せ付けないようにしているのだ。初対面でのコミュニケーションは、誰だって難しいもの。もっと気楽に構えよう。

 無自覚型・・・そうなのでしょうか。
 確かに、初対面の人に寄せ付けないオーラはあるかもしれませんが、今の今まで完全に自覚した人見知りタイプだと思ってましたけど。

 愛想が悪いというのも、私は普段、けっこう無表情でいることが多いので気をつけないといけませんね・・・。

2012年1月10日 (火)

新たな勲章

  なでしこが  再度世界へ  咲き誇る

            新たな勲章  至高の輝き

 昨年、遠くドイツの地から、日本に勇気と感動を与えてくれた「なでしこJAPAN」ですが、また新たな勲章が加わりました。

 なでしこの不動の存在でもある「澤 穂希」選手に、サッカー界最高の「世界最優秀選手賞」が与えられました!

 この賞は、その年(今回の場合、2011年)の最優秀選手であり、昨年の女子W杯での活躍を見れば誰もが納得の受賞ですね。

 日本時間では夜中の未明だったので今朝のニュースで知りましたが、新年早々こんなにも嬉しいニュースがあるなんて・・・と、朝から泣きそうでした(微笑)。

 しかも、その嬉しさはやはりこの動画にもあるように、日本のアイデンティティーを分かりやすい形で表した着物姿でしょうね。この姿を見て泣きそうになりましたから。

 さらに、これもチームのまとまりや成績を見れば頷けますが、なでしこたちを率いた佐々木監督も最優秀監督賞をいただき、澤選手個人だけではない、監督も含めたなでしこ全員でいただいた賞だと思っています☆

 そして、今年はいよいよオリンピックの年であり、おそらく澤選手にとっては年齢的に見ても最後になると思われるので、ここまでW杯優勝&MVP、さらに今回の賞と、サッカー選手として最高の名誉の階段を駆け上がってますから、ぜひ念願のオリンピック金メダルという頂上までたどり着いてほしいと思っています(◎´∀`)ノ

2012年1月 9日 (月)

華やかに

  着飾れば  目に鮮やかな  晴れ着たち

              冬の景色に  華散りばめて

 今日は成人の日。
 しかし、私はお仕事の日(笑)。

 ま、それはいいんですが、今日はお仕事に使うものを購入するため、ちょっとだけ外出しました。

 すると、今日は成人式ということもあって、晴れ着があちこちに目立ち、冬の寒さの中に南国の花が散りばめられたように見えました☆

 といっても、私もかつては通った道ですが、もう9年も前のことですし、すっかり忘れてます(笑)。

 ただ、見た目だけは相変わらず成人していない私なら、もう一度晴れ着を着て紛れ込んでも分からなかったり?

 あ・・・・・・逆に「なんで子供がこの式に出てるの?」という目で見られるかもしれません(笑)。

 でも、こんな人たちもいました。
 私は通りかかっただけなのに、なぜかとても目立ちましたが、格好は普通にスーツなのに、3人くらいで固まってニンテ○ドーDSをやっていて、盛り上がっていました。

 ・・・まぁ、成人にもいろいろです(笑)。

2012年1月 8日 (日)

油断禁物!

  ただならぬ  加速でバランス  崩すねこ

               油断してると  危うく転ぶ

 さて、前回の続きですが・・・。

 負傷といってもケガというほどのことではないんですが、前回紹介した京急はさらに前回乗っていて、スピードがとても速いことを身をもって実感していたものの、実は走り出すときの加速もすごいんです。

 前から、加速するのが早いなぁと思ってましたが、今回先頭車両に乗ってたことでよく分かりました。

 しかも、私が乗ったのはかぶりつき5人衆(笑)の近くということで、仲間内なのか独り言なのか、彼らが口にしていた言葉を聞いて分かりました。

「あれだけの加速は見たことがないね」
「京急最強説?」

 だそうです。
 何が最強なのかは分かりませんが(笑)とにかくすごい路線であることはよく分かりました。

 T字型のレバー?ハンドル?を手前に両手で引くと発車するようですが、ちょこっとしか引いてないのに、大げさに言うと体がワープでもするかのような加速を感じます。グン!という感じで。

 その後、さらにハンドルを引いて加速していきますが、そのときに負傷しました。いつものように、ドア付近に寄りかかる私ですが、加速がすごくて背後にあった手すりに背中をぶつけてしまいました(ケガではないので大丈夫です)。

 同じように、近くで立ってた人もバランスを崩していて、何かにつかまっていないと危ないと思います。あ、5人衆はしっかり立ってましたけど。

 ちなみに、私がよく利用する東急でも先頭車両で運転の様子が見えたことがありますが、最初から一気にレバーを引いてもス~~~という加速しかしません(笑)。

 なんでしょうね。
 この京急は、彼らが言うようにほかの路線と性能が違うんでしょうか。
 もしそうだとしたら、一気に引くというのは危険だから、あえてちょこっとしか引かないのでしょうか。ちょこっとでもすごいんですけど(苦笑)。

 それと、その加速を分かりやすく車で例えるなら、ほかの路線が普通の乗用車なのに、この京急はF1カーみたいな感覚です。

 足の不自由な方やお年寄り、妊婦さんや小さな子供にはオススメできませんが、ワープするような体験をしたい方は覚悟して乗ってみてください(笑)。

2012年1月 7日 (土)

かぶりつき

  運転の  気分になれる  その位置は

            大の大人も  かぶりつきかな

 お仕事でもプライベートでも、公共交通機関を使うことが多い私ですが、公共というからにはそれだけ不特定多数の人が乗るということでもありますよね。私もその1人ですが(笑)。

 で、以前にも発車するときの音が面白いと動画で紹介した、私鉄の京急(京浜急行)にまた乗る機会があり、改札から上がってきたその場所で乗ったのが先頭車両でした。

 と、乗る前から「え?」と思うほど、異様な雰囲気が車外にまで伝わってきましたが、ドアが開いて乗ってみると・・・見るからに初老の男性が1人、先頭車両から見える車窓をど真ん中でかぶりつき状態でした(笑)。

 ただ、その人だけじゃなく、周りにも年齢の幅がある男性ばかり5~6人が、前後2列でみんな同じようにかぶりつきでした。

 以前に動画で紹介したときにいろいろ調べたら、首都圏の中でも人気のある路線らしくて、スピードも半端じゃないです。私が以前乗ったときも、住宅地の中を恐怖さえ感じるほどのスピードで駆け抜けてましたし、途中から併走する形のJRも追い抜いてしまうほどだったので、確かにこれは乗り物好きの男性にとっては人気が出るだろうなぁと思ってました。

 しかし、その人気は分かりますが、大の大人が数人、みんな同じようにかぶりつきで見ているその様子を、距離を置いて(いろんな意味で)見てると笑ってしまいそうになります(笑)。

 ちなみにこのとき「スピード」というのがキーワードで、私はちょっとした負傷をしてしまいましたが、それはまた次回ということで・・・。

2012年1月 6日 (金)

じかに

  冷えるなら  暖かな手の  ぬくもりを

            じかに当てたら  かなり恥ずかし

 年末から、こちらでは天気は安定してますが、気温はこの時期らしくずっと低温のままです。

 そうなると、いくら服を着込んでも冷える部分ってありますよね。
 
 頭寒足熱という言葉もあるように、頭が適度に冷やされてるのはいいんですけど、今の季節、どうしてもお腹が冷えます。

 といって、毎日お腹が痛むほど冷えるわけじゃないんですが、トイレに行ったときなどに自分のお腹を触ると、ビックリするくらい冷たくなってるときがあります。

 と、そんな冷たさはお姉さまたちも気づいていたようで、お昼休みの雑談から思わぬ方向へ・・・。

 よほどお腹が下ってしまって・・・というのであれば別ですけど、基本的に腹巻などに慣れてしまうと、寒くない季節でもお腹が冷えて痛む、というのを聞いたことがあるので、私も特に支障がない限りは腹巻はしません。

 ただ、お姉さまの1人が、私と同じように先ほどのトイレでの発見のように、暖かい手のぬくもりを当てると気持ちがいいというのを話し始めました。

 で、全く同じことをしてる人がいることで、私も乗っかってしまったのが運のつき。

 よく冷えるんですよ、と言ったら、別のお姉さまがどのくらい冷たいのか確かめたいということで、同じ発見をしたお姉さまのお腹を触ればいいのに、なぜか私のお腹に手がいくつも伸びてきました(笑)。

 ここまで来て拒否するのも流れ的に良くないので、幸い女性陣しかいないことで、私は立ち上がってシャツとインナーを捲り上げました。

 まるで、池の鯉がエサに群がるように、こねこのお腹にいくつもの手、手、手・・・。

 あまり何人もの手でお腹を触られることに慣れていないので、かなりくすぐったかったんですが、なんとか耐えました(=´Д`=)ゞ

 確かに暖かくなりますが、人前で、しかも他人の手でこんなことをしたら、誰だって別の意味で暖かくなりますよね?(笑)

2012年1月 5日 (木)

スロースタート

  休み明け  気持ち引き締め  臨むけど

            こねこの中で  時差が生じる

 私は今日から仕事始めでした。
 また今年も、1年よろしくお願いしますという気持ちで、自分のデスクをいろいろ確認してから始めましたが、やはりもともとがスロースターターなだけに、なかなか自分の思うようにはいかなかったです。

 というのも、気持ちが先走ってしまい、なかなかそこへ体がついていかないので、自分の中だけで勝手に「時差」を感じてしまうという1日でした。

 幸い、初日なのでそれほど大忙しというわけでもなかったんですが、時差を感じるほどついてこない体にちょっと苛立ちも覚えるほどでした。

 明日が終わったらまた土日でお休みになりますが、私は9日が出勤なので、そこでなんとかペースを取り戻したいと思っています。

 しかし・・・このスロースターターぶりは、いつになったら改善されるのやら┐(´-`)┌

2012年1月 4日 (水)

書きぞめる

  書初めに  選ぶ言葉が  なぜこれか

             首傾げるも  思わず笑う

 私は書道をしていたことから、習字の授業も冬休みの宿題での書初めも得意としていました。

 そして、いつものメーカーシリーズでも『書き初めメーカー』というのが出たので、さっそくやってみました☆

 よりによって、なんでまたこんな言葉のチョイス?(笑)

 そして、Tくんは・・・粘り強くいきたいという意味でしょうか。

 それにしても、字が綺麗なだけに、この言葉も力強く感じてしまいます(笑)。

2012年1月 3日 (火)

パパ撃沈

  抱っこして  せがむ子供に  手を出すも

               ママを選べば  パパ苦笑い

 今日、お散歩から戻ってきたとき、カワイイというか、かわいそうというか、そんな場面を見てしまいました。

 一台の車が止まり、中から家族と思われる親子が出てきて、すでにそのときから小さい女の子はぐずっていました。

 助手席から出てきた母親は、さらに小さい子を抱えていて、運転席から出てきた父親がぐずっている子に声をかけたりして、なんとかなだめようとしていました。

 が・・・一度ぐずればなかなか止まないもので、ついに「抱っこ!抱っこ!」と母親に向かって言い出しました。

 しかし、前述したようにこの子の弟か妹を抱えていれば無理な注文というもので、トランクから荷物などを出していた父親が「ほら、パパ抱っこしてあげるから」と言うと・・・。

「やだ( ̄ヘ ̄)パパやだ!ママがいい~!」

 ・・・・・・(-_-;)llllllチーン(←パパ)

 コンマ何秒か「間」があってから「そっか、ママがいいんだもんな」と、平静を保ちながら対応し、母から抱えていた子を預かり、代わりにその子が抱っこされてました。

 まさに「パパ撃沈」の瞬間でした(笑)。

 ただ、普段からそんな感じなのか、父親のほうも特に気落ちするわけでもなく、その後も普通に接していて、抱っこされてる子にちょっかいを出すとキャッキャと喜んでいたので、抱っこは拒否されたものの嫌われてるわけじゃなさそうなので安心しました☆

 それにしても・・・Tくんとの子供ができたら、こんなふうになるのだろうか。
 そして、同じような場面になったら彼はどうなるんだろうか。

 ・・・なんて、また軽く妄想タイム(*´ェ`*)

2012年1月 2日 (月)

賑やかに♪

  一年が  経てば子供は  様変わり

            こねこに並ぶ  その日も近し

 新年一発目の記事が戒めのようなものになってしまったので、今日は気楽にご覧ください♪

 で、今日は弟家族が来て、大賑わいでした☆

 年を越してから作ったおせちも、ほとんど弟家族が嵐が通り過ぎたみたいに食べてくれましたし(笑)食後は食後で姪っ子と甥っ子が大暴れ。

 今までは、まだ甥っ子が小さかったことで、父である弟と戯れてることが多かったんですが、1年経ってすっかり大きくなった甥っ子も交えて、部屋の中で2人分の元気を受け止めて遊びまくった私は、へとへとに・・・。

 ただ、それだけ成長も著しい証拠であり、元気に育ってきてるのは嬉しいです☆

 昨年は「こねこ先生」として、姪っ子が書道を教えてほしいということでしたが、今年は甥っ子が遊びたい盛りというのもあって、はたから見たら「子供3人」がはしゃいでる・・・と映ったかもしれません(笑)。

 姪っ子はもう小学校3年生ですが、だんだん大きくなってきてますし、今年の7月で30になろうかというこねこが、見た目だけ姪っ子に抜かれる日もそう遠くないのかな・・・なんて思ったり☆

 あ、そうそう。
 これは昨日撮ったものですが、姪っ子が可愛いと言って持ち帰ってしまったので、写真だけ載せておきます。

Kagamineko

 年末に母が買ってきた鏡餅で、母もネコが好きなのでこれを選んだそうです。

 もう1つ「龍」のバージョンもあったそうですが、干支に関係なくあっさり選んだようです(笑)。

2012年1月 1日 (日)

揺れ明ける

  立て続け  明けてまもなく  揺れたなら

            忘れてならぬ  あの日のことを

 あけましておめでとうございます☆
 今年もゆる~くいきますので、よろしくお願いします(笑)。

 さて・・・昨年は言わずと知れた、東日本大震災などの自然災害が多く起こり、人々の記憶に深く刻まれたことと思います。

 そんな年も区切りとして明けましたが、昨夜寝る前のPCチェックにて、速報で長野・新潟方面で震度4というのを見ました。日付も年も変わってすぐのことです(確か0時半ごろ)。

 こちらは遠いのでさすがに揺れませんでしたが、年が変わったからといってあの震災のことを忘れてはいけない・・・と、改めて気を引き締めて昨夜は眠りにつきました。

 しかし今日。
 そんな引き締めも「緩いっ!」と一喝でもされるかのように、お昼過ぎに東北から関東にかけた広い範囲で震度4の地震がありました。

 私はウチにいて、明日来る弟家族のためのおせちやそのほかの料理を母と作っていたところだったので、母に火の元を頼んで私は急いでラジオつき懐中電灯を持ち、玄関のドアを開けにいきました。

 あとから、ウチのところでは震度2なんて出てましたが、とんでもないっ!
 最初はものすごく細かい揺れで、震度1くらいのを足裏で感じてるのかと思いましたが、そのうち強くなって、いろいろなものが大きく揺れるのを見ました。

 新年早々!?と思いつつも、とりあえずは目の前のことに対処しなくてはいけないので、おさまってから母と再び地震においての行動を確認しました。

 しかも、ニュースによれば震源地が鳥島という遠いところで、震源もかなり深かったんですが、マグニチュード7.0というのが不気味に感じました。

 震源が370kmで鳥島というところからでも、こちらに震度4の揺れを届かせるんですから、改めて自然の恐ろしさを思い知ることになりました。

 新年最初でこんな記事になって申し訳ないですが、やはり昨年のあの震災を忘れてはいけないという警告として私は受け止めてますし、皆さんも日本のどこに住んでても起こりうることを再確認していただければ・・・と思っています。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ