☆お客さま☆

« 漂う | トップページ | まじめな顔 »

2012年1月17日 (火)

10ヶ月と17年

  災害の  多い国ほど  自然には

           畏れ敬い  共に生きれば

 昨年3月11日の東日本大震災のインパクトが残る中、17回目の「1月17日」を迎えました。

 そうです。
 1995年に起きた、阪神淡路大震災から17年になります。

 それまで、活断層型の直下地震という知識もあまりなかったために、あの惨状を子供ながらに見ていて、今でもハッキリと覚えているくらいの出来事でした。

 関西は、日本の中でもプレート型地震の影響が最も少ない地域ということで、どうしても地震に対しての意識や備えが希薄で、そんな状態で迎えてしまったあの日、世界にも衝撃を与えるほどの被害が出てしまいました。

 ビルが垂直に潰れたり、高速道路が大きく傾いたのは皆さんの記憶にも新しいところだと思います。

 昨年の大震災では、もともと多発地帯ということで耐震性も優れていて、東北の街並みで建物の崩壊などはあまり見られませんでしたが、慣れや油断から、津波の被害で多くの命が失われてしまいました。

 先日、ある番組で、関西・・・特に大阪はその昔、現在懸念されている「東海~東南海~南海」の連動地震による津波の被害に遭ったことがある、というのをやっていました。

 東北も、昔から地震の被害(津波も含めて)があったことを表す「石碑」がありますが、大阪にもその昔、この連動地震による大津波で、今の大阪の都市部が壊滅になったことを先人たちは石碑に残しているそうです。

 先ほども述べたように、特に大阪を中心として普段からの地震もほとんどないために、あれから17年経った今、どの程度建物の耐震性が改善されているのか、また津波への対策がとられているのか、とても心配であり不安です。

 災害は日にちに関係なくやってきます。
 1月17日や3月11日、そのほかの日(2004年の中越など)も意識して忘れることがないようにするのも大切ですが、その日だけを意識することなく、身の回りのことは日ごろの心がけ。そして、長期的なものは政治や役所、その他自治体なども含めて、みんなで取り組むことが防災や減災につながると思ってます。

 ただ、ニュースで見ましたが、今日は神戸と東北でそれぞれの地震発生時刻に祈りと黙祷をささげ、阪神淡路の経験を東北に、そして東北の経験を今後起こりうるであろう、主に東海から西日本を中心とした連動地震へと、経験を語りつないでいかれればと思っています。

« 漂う | トップページ | まじめな顔 »

日記」カテゴリの記事

コメント

 あれから、もう…なのか、まだ…なのか分かりませんが、17年という歳月が経っているのですね。
 もちろん私も、そのときの映像、記憶に残っています。
 その後、大きな災害がいろいろと起きたため、多少埋もれてしまっていましたが…。
 こうして、思い返し、伝えていくことこそが、亡くなった人に対する最大の手向けだと思います。
 人だけが、経験から予測することが出来る生き物なのでしょうから…。

うちにも防災バッグがあります。
水や日持ちのする食糧を入れてます。

家族バラバラになった時の集合場所も決めてます。
自分でできるところから、防災をしています(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 さすがに17年も経てば、ある程度の月日の長さを感じますが、それは神戸を中心とした現地の方々にとってみれば、また違う感覚なんでしょうね。

 ほかにも大きな地震はありましたが、いずれも大きな都市部でのものではなかったので、どうしてもインパクトは少ないですよね。

 それでも、多発するしないに関わらず、日本に住んでる以上はもう覚悟するしかないですね。だからこそ自然への思いもほかの国とは違うんですから・・・。


【スマッシュさんへ】
 おそらく、物理的な防災に関しては、今日という日でも分かるように皆さん備えはしてると思います。
 
 ただ、それが本当に必要になるものなのか、そして持ち出せるように日ごろから訓練してるのか、という点では関西に限らず日本全国でもっともっと意識しないといけないと思ってます。

 大きな地震が起これば、特に日本のようにプレートがいくつも重なり合ってるところでは、必ず別のひずみが発生して、近いうちに同じレベルの地震が起きますから、それがどこで起きてもいいくらいに日本全体で意識しあわないといけないかなぁとおもいます。

 物の防災も大切ですが、意識の防災はもっと大切です。

あの地震の記憶は鮮やかに残っています

未明の大地震で まだ暗い時に発生し 明るくなるに連れて被害が明らかになり 日が暮れてからは燃える炎が目に焼きつきました

津波に対する備えは関西では仰るとおり希薄だと思われます
マスコミや国からの忠告も出ていません

大きな揺れに対する備えはある程度できていても 津波には弱いだろうと思われます

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【あい母さんへ】
 記事では注意喚起に徹してますが、そういうこちらでも、昨年のは別にして、直下の地震はほとんどないですし、東京湾は津波が来てもなかなか入り込みづらいから大丈夫だ・・・みたいな油断はあるかもしれません。

 それと、耐震性もここ数年で東北にも負けないくらいのレベルにはなってると思いますが、それがまた油断につながりますから、揺れも津波も、そしてこちらで一番懸念されてる「火災」も、全ての地震に関する災害は気をつけておかなければいけませんね。

 そういうのをまず知ることと、過去にあったことを過去のものとしないこと。

 そして、昨年の大震災にもあったような「過小評価」をせず、全てにおいて2ランクも3ランクも上くらいの被害を想定しておかなければいけないでしょうね。想定外と言うのは簡単なことですから・・・。

あれから17年・・・
その年に父が亡くなったので・・
あ~~17年も・・
と思ってしまいました!!


忘れては行けませんね。。。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【yumi-mamaさんへ】
 そういえば、以前にも記事の中で書いてありましたね。覚えてますよ。

 ちなみに今回、神戸での黙祷などに訪れた方々は例年よりも多かったそうですが、昨年の大震災は日本国内の皆さんの「危機感」を呼び起こしたという意味では良かったのかもしれません。
 
 というか、そうじゃないと阪神淡路を含めた多くの自然災害で亡くなった方々の尊い命を無駄にすることになってしまいますからね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 漂う | トップページ | まじめな顔 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ