☆お客さま☆

« にぎにぎ☆ | トップページ | べらんめぇ »

2012年2月 3日 (金)

訓練

  そのときを  迎える前に  何回も

           訓練重ねて  備え身につく

 今日は東京で、来るべき首都直下地震で想定されている避難訓練が、試験的に行われました。この訓練は、昨年の3月11日に停電などで鉄道なども止まり、帰宅困難者が数多く出たことから、無理に帰ることなくその場その場での避難を訓練するのが目的でした。

 新宿区(新宿)豊島区(池袋)千代田区(東京)という、都内でも人が多く集まる箇所での訓練だったようですが、予め大規模に訓練が行われることが予告されていたために、大きな混乱はなかったようです。

 ただ、いろいろと課題も見つかり、特に今日が何かの記念の日(節分以外に)というわけでもないんですが、3月11日を迎える前に行うことができたのは良かったと思ってます。

 こういう訓練は、課題と教訓を活かし、回数を重ねることでいざというときに最小限の被害に抑えることができますし、私たちが小学校のころから、地震が起きたらまず机の下に隠れて身を守るという訓練があったからこそ、昨年の地震でもそれがとっさに出ましたよね。

 そして、個人個人での身を守るのはいいとしても、やはり首都圏のようにほかの都市では考えられないくらいの人がいるところでは、相応の訓練が必要です。

 今回は、ケータイやスマホなどで緊急速報のエリアメールで、午前10時から一斉に訓練を始めることを伝えたそうですが、例えばそういうツールを持たない方々への連絡はどうするのか、とか、今日もそうでしたが、そういうエリアメールがあっても、実際にどこへどのように避難すればいいのかというのもあまり明確ではなかったそうなので、1回でうまくいくことはないですから、また次回へ活かしてほしいものです。

 それと、こういうのは年に1回程度では訓練にならないので、あらゆる想定をするなら、各季節ごとに1回ずつ、年に計4回の訓練でもいいかもしれません。

 政府の想定では、首都直下地震が冬に起きて、ある程度の風も考慮し、火災の被害をメインにしたものになってますが、例えばこれが夏だったら、変わらず火災の心配はあるものの、避難した場所によっては暑さによる熱中症や脱水症状も十分考えられるだけに、どんなに少なくても夏と冬の2回は行なってほしいものです。

« にぎにぎ☆ | トップページ | べらんめぇ »

日記」カテゴリの記事

コメント

 訓練…去年の3月11日がなければ、こんな大規模な訓練なんて、絶対に行われなかったと思います…。
 そういう意味では、亡くなった人を無駄にしないためにも、きっちり行い続けて、「いざ」というときに備えてほしいと感じました。

 ただ、日本人の特性として、「熱しやすく醒めやすい」という特徴があるんですよね…。
 なので、あまり回数を増やしすぎて、「慣れて」しまうのも、それはそれでどうかな?とも、感じます。

ニュースで見ました!

1万人規模というのはすごいですね。

帰宅困難者を一時的に非難させるというのは大事ですね(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 そうですね。
 慣れも怖いですよね。

 ただ、今は「熱してもいない」ので、常に注意を喚起する意味でも、短いスパンでの訓練が定期的に行われるのがベストだと思います。
 
 総合的に見て、慣れていないことでのパニックよりも、慣れで多少は体が動いてくれるほうがいいと思いますし・・・。


【スマッシュさんへ】
 そうです。
 1万人という規模でした。

 ただ、難しいのは分かってても、この数でも全く足りないと思ってます。

 1日だけ首都圏の仕事をストップしてもいいくらいに、本当に大規模な訓練が必要でしょうね。

 そのくらい、あの3月11日はどこへ行っても人ばかりで、ただ歩くだけの人はいいですけど、緊急車両も全く身動きが取れない事態になったのも、歩行者だけじゃなく車両も困難者になってしまったことが原因ですからね・・・。

私もTVニュースで観ました。。

大規模な訓練も昨年の3月11日があったから・・
災害が起きないこと祈りたいです。。。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【yumi-mamaさんへ】
 あの大震災では、東北各地もそうですが、関東でも建物内外の崩れたものなどで亡くなった方が多くいらっしゃるので、屋内なら倒れそうなものやガラスから離れたり、屋外ならガラス張りのビルからの落下物(ほかにも壁が崩れて落ちます)もありますから、今回の訓練は第一歩としては良かったのではないかと思ってます。

 災害は・・・起きないことは絶対無いと思ってますが、いざ起きたときに少しでも減らしたり、犠牲者が1人も出ないことを、訓練や意識の持ち方で防ぎたいものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にぎにぎ☆ | トップページ | べらんめぇ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ