☆お客さま☆

« ぐ | トップページ | 瓜二つ・・・? »

2012年2月21日 (火)

共有共生

  お互いに  あれから1年  経とうとも

             街の姿は  未だ変わらず

 本当は明日ですが、1日前倒しで振り返ることがありました。
 ニュースで見ましたが、東日本大震災の前に起こったニュージーランドの大地震が、明日で1年になろうとしています。

 しかし・・・TVに映る街並みは、未だに壊れたままの建物が残り、1年前と変わらないところもあるそうです。

 日本と同じように、あれだけの被害でしたし直下型でもあったので、余震も多くてなかなか街の再建が成されないのが現状のようです。

 そこで、ふと国内に目を向けると・・・地震そのものの性質や規模が違うとはいえ、東北の各地では街並みどころか、人の影さえ見えない状況で、本当にここにたくさんの人が住んでいたのか・・・と思うほどの惨状です。

 日本もニュージーランドも、共にプレート上にある国なので地震も多く、それだけに怖い思いやつらい体験も共有でき、そしてまた共に地震国であるが故の強さも持っているので、世界にも数多くある地震多発地帯や国にも、技術や科学も、国民レベルでの交流も図り、共生していきたいものです。

« ぐ | トップページ | 瓜二つ・・・? »

日記」カテゴリの記事

コメント

あれから、もう1年も経つのですね。

ニュースで日本人犠牲者の遺族が追悼式へ参加するとの報道が見ました。

日本人も28人も亡くなっているのですね。

本当に日本の経験や技術が他国で生かされたら良いですね(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 あのすぐあとに東日本大震災が起きてしまったので、どうしてもこちらは忘れられてしまいがちですが、日本人が多く犠牲になったからというだけでなく、お互い地震国であればこその「思いの共有」もできますし、経験や技術もホントにいろんな国で活かされるといいですよね。

 それと「TSUNAMI」という単語が世界で通じるように、やはり日本の地震に対する技術は高くて、すでにいろいろな分野で地震に関する世界発信は進んでるでしょうね。

 それでもトルコのように、地震頻発地帯にもかかわらず財政が厳しくて、高い水準の耐震性がある建物が建てられないために、今でも日本で震度5以下くらいの地震でも向こうでは建物崩壊→多数の犠牲者・・・という流れが止まりませんね。

 幸い、トルコは親日国ですし、過去にも日本との間ではさまざまな災害での交流があるので、もっともっと手を差し伸べることができるといいですね(微笑)。

 本当に…異常なことが続きすぎて、「人のところまで考えが回らない」のかもしれませんね…。
 ですが、そんなときこそ、協力することで、「何か」が得られると思います。
 お互い、非常に近い(地震多発国ということで)ので、ぜひ協力し合って、双方にプラスになるような関係になれれば…と、思います。

こねこ様
おはようございます
1年 早いです
東北の方々はつらい1年だったと思います
ガレキ処理 進んでいないとテレビで見ました
言うのは簡単ですが 難しい問題です
なんとかしてあげたい という気持ちだけで 私には どうにもできません

あれから一年・・
早いものです。。。
ニュージーランドの後・・あの震災でしたからね><

ニュージーランド・・・
亡くなられた方たちのご冥福お祈りします!!

富山の外国語学校も28中12人無くなり、知り合いもいました。
若い方がなくなるのは、非常につらい事です。
都心も7の地震がくるとか。。。。。気をつけて!!

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 そうですねぇ。
 特に日本もあれだけの震災がありましたし、他国がどうでもいいとは言いませんけど、なかなか難しい側面もありますね。

 でも、こうやって似たような環境、似たような体験をしてる国同士が手を取り合い、まだ恵まれない自然災害国にも手を差し伸べたいですね(微笑)。


【色々物語さんへ】
 言うのは簡単、現実は・・・確かにそのとおりですね。
 今は、不景気も手伝ってなかなか復興への足がかりもつかめない状態ですし、それを変える力がある政治があんな感じですからね(苦笑)・・・。

 でも、そんな私たちでも唯一できることがあります。
 誰でもできることですが、それは「風化させない」ことです。これだけは色々物語さんにも心に置いてほしいと思ってます。


【yumi-mamaさんへ】
 ニュージーランドのはその前に本震あって、昨年のは余震だったんですよね。

 けど、こちらほど耐震性が高くない建物が多くて、日本人を含めて多くの犠牲者が出てしまいました・・・。

 ニュースでは、日本人遺族の方々も多く式に参列していましたし、日本は特に地震への技術は高いので、これからも交流をしてニュージーランドの復興も共にできればいいなぁと思いました(微笑)。


【akakageさんへ】
 そうですね。
 場所的にも近いですもんね。

 ああいう学校なので若い方が多かったですし、これからいろいろな分野に・・・という希望を持った方が多かっただけにやるせない気持ちになります。

 都心の震度7は、私にしてみれば「今から対策?」という感じですが、それでも本腰入れて対策に向かってくれるなら、今度こそ本当に本気で国民の命を守ってほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぐ | トップページ | 瓜二つ・・・? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ