☆お客さま☆

« 暖涼混在② | トップページ | 駆け込み婚活 »

2012年9月 7日 (金)

軋む惑星

  世界規模  各地で起こる  大地震

           日本の教訓  共有できれば

 昨年の3月11日以降、東北を中心に日本各地で余震や余波による地震が起こってますが、さらに時間が経つと、今度は世界各地でも余波による地震が起こるようになりました。

 もともと、一般的に知られる地震のメカニズムは、私たちが暮らしてるこの陸は大きなプレートと呼ばれるものの上に成り立っていて、その境目ではどうしてもお互いの動くエネルギーによる「ひずみ」が生じます。

 そして、いつまでもひずんだままということはないので、そのうちどちらか一方のプレートが跳ね上がることで地震が発生しますが、このプレートは世界各地にいくつもあり、日本と同じように境目が近くにある国では地震頻発国になってしまいます。

 と、最近は3.11以来、国内でも余震が何度も起こってますが、地球上にプレートが敷き詰められてる状態では、ある1つの地域だけひずみで済むはずもなく、大きな規模でプレートのひずみの連動が起こっています。

 先日、日本の近くで地震が起こっていないにもかかわらず、突然の津波注意報に驚いたことを記事にしましたが、そのときは日本のプレートとかかわりのあるフィリピンでの大地震でした。

 さらに、これもおそらく連動の1つだと思いますが、中南米のコスタリカでも大きな地震があり、今日も中国でM5クラスの地震とはいえ、耐震性の低い建物が多いので被害も大きくなっているようです。

 世界的に見て、日本のほかにタイやフィリピン、トルコやイラン、そして南米のチリなども地震頻発国になるでしょうか。

 タイからイランまではアジアが集中してますが、ほかにもイタリアなどもヨーロッパの中では比較的多いほうに入ると思いますし、先ほどの中国も南西部では多いほうです。

 その中でも日本は、国土に対しての被災率は高いと思いますし、それだけ昔から地震以外の自然災害ともつき合ってきた歴史があります。

 今回の中国の地震でも、現状ではお互いに国情があるでしょうけど、人の命に国境はないので、今まで経験してきた教訓を日本も提供できれば・・・と思います。

 と同時に、ここまで続くと、またひずみによるひずみで、再び日本でも同じような・・・ということも十分考えられるので、私たち一人一人の意識なども引き続き備えていきたいところです。

« 暖涼混在② | トップページ | 駆け込み婚活 »

日記」カテゴリの記事

コメント

中国の地震は相当な被害だったようですね。

こねこさんの言うように日本も助けてあげれると良いですね。

地震は本当に怖いです(>_<)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 マグニチュードだけを見ればそれほど大きいとは言えないんですが、国によって地形や建物の耐震性などが異なりますから、日本での大きな地震と同じような救助などを行うことができれば・・・と思います。

 ここまで連鎖が続くと、次にいつどこで起きても不思議じゃないので、それは日本も含めて、備えは必要ですね。

 地震…本当に、頻発していると思います。
 地球のプレート全体が、活動期に入ったようで…いつ日本でも再び大地震が起きるか、わからないですからね。
 本当に、怖いです…。
 覚悟だけは、しておいたほうがいいのかもしれませんね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 活動期・・・おそらく地球が誕生して以来、何度も行われてることなんでしょうけど、こうして人類が生活していく上では困ることばかりですよね。

 もともとプレートは全てつながって(境目も含めて)ますし、どこかにひずみが生じれば別のどこかにも影響があるので、せめて3.11のような地震がどこかの地域で起こらないことを祈るばかりです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖涼混在② | トップページ | 駆け込み婚活 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ