☆お客さま☆

« 迷宮 | トップページ | 驚異の粘り »

2013年4月 1日 (月)

静かに

  音もなく  淡く色づく  雪が舞う

         幻想的な  景色酔いしれ

 昨日まで、まるで冬が戻ったかのような寒さが続きましたが、今日はようやく春らしい暖かな1日になりました☆

 となれば、花粉症も猛威をふるって・・・というお話ではなく、今回はちょっと切なくも儚い、幻想的な風景を目にしたので、そのことを書こうと思います。

 それは外出のお仕事で、ある駅で電車を待っていた時でした。
 あとは仕事場に戻るだけだったので、少し楽な気持ちでホームに立っていました。

 すると、そんな視界に、ハラリハラリと雪が舞ってるではないですか!

 あ、分かってますよ。
 今日がエイプリルフールだってことは(笑)。

 でも、そのためにウソを言ってるわけではなく、私が見たのは雪・・・のように見えた、桜の花びらでした。

 動画でお見せしたいくらい、ホントの雪のように舞い方でした。
 しかも、桜の花びらなので淡く色づいてますし、とても幻想的なシーンでした。

 風に吹かれて散る桜吹雪も綺麗ですが、今回のように、音もなく静かにゆっくりと舞い落ちる散り方も、とても綺麗でしたcherryblossom

« 迷宮 | トップページ | 驚異の粘り »

日記」カテゴリの記事

コメント

本当に幻想的なシーンですね。
淡く色づく雪・・・
こねこさんは詩人ですね(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 詩人・・・いえ、凡人です(笑)。

 ま、それはともかく、ホントに誰もが詩人になれるような、それだけ幻想的なシーンでした。

 一生に一回・・・というほど珍しくはないですが、ここまで静かに舞い落ちるのはあまり見られないと思うので、とても貴重でした☆

おはようございます!
幻想的な情景、、、。
日本人の贅沢なご馳走ですね。
こねこさんの表現もなかなかの味付けで、、、。

 桜吹雪という言葉もあるように、桜の花は雪に例えられること、多いですからね。
 幻想的な光景だったのではないかな、と思います。
 まあ、散った桜の花を片付ける人からすれば、幻想的でもなんでもないのかもしれませんけれどね(笑)。

桜吹雪ですねー!
何となくハラハラと切ない・・

本当に幻想的ですね!

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 情景・・・そうとも言えますね。
 日本人だけが味わえる景色かもしれませんね。

 私の表現は・・・まぁ、思いついたことをそのまま言っただけなので(照)。


【markさんへ】
 一般的には、この時期になれば一気に散り始める「吹雪」のほうがしっくりきますが、今回は自然にハラリハラリ・・・という感じだったので、とても幻想的でした。

 片づけは・・・まぁ、それも楽しみの1つとして♪


【yumi-mamaさんへ】
 そうですよね。
 切なくて儚くて。

 でも、なぜか毎年咲くのを楽しみにしてて、お別れもまた次への出会いみたいに思ってるのかもしれません。

 というか、こちらはまだ咲いてるんですけど、あまり咲き続け過ぎるのも、ちょっと違和感があります(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 迷宮 | トップページ | 驚異の粘り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ