☆お客さま☆

« ハッショー | トップページ | ワースト更新! »

2014年3月11日 (火)

ものごころ

  次の世代  担う子供の  成長も

          3年経てば  勇気も育つ

 今日で、あの東日本大震災から3年が経ちました。

 昨年、おととしと、まだ1年後2年後ということもあって、震災当時を振り返ることが多かったですが、3年目の今年になると違うことに気づいてきました。

 それは・・・子供の成長です。

 もちろん私の、ではなく、震災当日に生まれた子供です。

 時間というのは人間が勝手に決めた概念ですが、それでも人が生まれてから亡くなるのを見ると、確実に時が過ぎていることを実感します。

 そして、そんな当日に生まれた子供たちも、3歳になろうとして物心もついてくるころでしょう。

 被災地で大きくなった子もいれば、遠く離れたところへ移った子供もいますが、どちらも復興を担う次の世代として、どんどん育ってほしいものです。

 さらに・・・私たちが、まだ生まれる前の大地震の経験や記憶がないように、この3歳以降の世代も東日本大震災を知らずに育つと思います。

 しかし、1月17日のときにも言いましたが、知ってる世代が次の世代へ、さらにその世代がまた次へと語り継ぐことが風化を防ぐことにもなれば、犠牲を無駄にしないこと、活かすことにつながると信じています・・・。

« ハッショー | トップページ | ワースト更新! »

日記」カテゴリの記事

コメント

もう、大震災から3年もたったのですね。
私もいくらか募金はしたのですが、そんなものでは到底追いつきません。
国がますます本腰を入れて、震災の復興に勤めてほしいです。
地震はいつ関西にも来るかもしれないので、備えをしたいと思います(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 あの大震災は単独で起こったものではなく、その前に大きかったものとしてスマトラのものがありましたし、その後のチリやニュージーランドのもそうですが、すでに地球規模で地震活動期に入ってるのかもしれません。

 そして、あの震災後に、今度は世界各地で余波ともいえるような大地震が起きてますし、日本の中では比較的揺れないとされる関西でも、阪神淡路のようなこともありますから、起こらないことを祈りますけど、常に心構えと準備だけは怠らないようにしたいものです。

おはようございます!
日本中?が3年を振り返った1日でしたね。
こういうことって、日本人の良さのひとつかな。
なかなか充分といかない復興の一助になれば、、、、。

先日、テレビの報道で、小さなお子さんを亡くされた方にインタビューしていました。
「その当時・・・・・眠れなくて・・・・・泣いて・・・・・吐いて・・・・その繰り返しでした。」
あー大変だったろうなーと思ってみていると、横に2歳の子供が・・ウン!
「震災後に生まれた子供で2歳と1ヶ月になります。」
えー・・・・・・・複雑な気持ちになった。

 個人的には、忘れないのは大事ですが…とらわれすぎるのもどうかな?と感じています。
 まるで、「戦後」のように、いつまでもその災害にとらわれ続けるというのは、どうも違和感があって…。
 まあ、次の震災が来るまでは、今回のことを繰り返し取り上げ続けるのは、国民性から仕方ないのかもしれませんけれどね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【独り言のおじさまへ】
 いえ、世界中です。
 各地で追悼行事や、黙祷の時間も行なったと聞きましたから。

 全てとは言いませんが、被災された方々が恐れてるのが「風化」と聞きました。
 そのことによって、関心が向かない=復興も遅れるということですし、地元だけでは限界もあるので、世界の力を借りててでも、なんとか復興、再興に向かってほしいと思ってます。


【akakageさんへ】
 それぞれに事情があるでしょうから、そこは理解してあげてもいいんじゃないでしょうか(微笑)。

 それに、その子が「希望」になることも確かですし、みんなで守って育ててあげなければ、という思いにもなります。


【markさんへ】
 日本人に限らず、人間の記憶力には限界がありますし、元々が新しい記憶がどうしても上のほうに来ますから、こうして何度も何度も繰り返すこと、そして向き合うことが風化を防ぐ一番の方法だと思います。

 そして、おじさまのところでも書いてますが、風化をさせないことが復興への道筋であり、たとえコンビニなどで1円の募金をしたとしても、それはそれで立派な復興活動で、その人の中で風化していない証拠でもあります。

 また、あの震災で様々な要因で亡くなられた方々の、尊い犠牲を無駄にしないためにも、本来であれば11日を津波に重点を置いた、17日を都市直下型・火災型地震に重点を置いた、それぞれの防災の日を毎月設定してもいいのではと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッショー | トップページ | ワースト更新! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ