☆お客さま☆

« 続きで泣く② | トップページ | 赤い糸 »

2014年9月11日 (木)

威厳なし

  いたずらな  孫を叱るも  威厳なし

              顔もニヤけて  常にデレデレ

 今日、外出先でほのぼのとした光景を目にしました♪

 電車での移動でしたが、ホームで待っているとおじいちゃんと母子、赤ちゃんの4人が目につきました。

 まだ3歳くらいのお孫さんだと思いますが、ホームのベンチでいたずらを始めていました。
 細かくは見えませんでしたが、母親が注意していたので何かしてたんでしょうね。

 と、少ししてからベビーカーの赤ちゃんの相手もしなくてはいけないからか、母親がおじいちゃんにいたずらを注意するように言っていましたが、おじいちゃんのほうはそんな孫がカワイイのか、一応の注意はするものの顔がニヤけていました(笑)。

 確かに、いたずらでも迷惑をかけるようなものではないみたいなので、このおじいちゃんの気持ちも分かるなぁと思いました。お孫さんも可愛かったですし♪

 そういえば、ウチの父も初孫である姪っ子と接するときデレデレでしたし、私の子供でも同じようになるのかな・・・なんて、またちょっとした妄想も入ったり(*´ェ`*)

« 続きで泣く② | トップページ | 赤い糸 »

日記」カテゴリの記事

コメント

孫は目に入れてもかわいいと言いますもんね。
孫と云うのは、子育ての責任が無いから、可愛い所だけが見えてしまう。自分の先(寿命)が見えているから、孫の将来までは、頭が行かないし、だからこそ可愛がってしまうのでしょうね(^^)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 そう言いますもんね。
 ウチの父でそれが証明されてるので、よく知ってます(笑)。

 それと、先日の「核家族化」の件もありますから、そういうのも大きいと思います。
 
 ちなみに、スマッシュさんのところはもう少し先になりそうですが「その日」が来たらどうしますか?

 デレデレになってるスマッシュさんも見てみたいですhappy01

 いたずら…許容されたと誤認しないか、心配ですね。
 まあ、子供の場合、特に小さいうちは、きちんと自己肯定感や安心感を得られないと、成長してからいろんな不都合が出るので、今はこれでいいのかもしれません。
 もっとも、程度問題でもあるでしょうけれどね。
 最近は、小さい子供と一緒に道を歩いていても、手をつながずに野放しにしている親が多くて…そういった親に限って、何かあったときは大騒ぎするんですよね…。
 肯定と放任は、全く違うものだと思います。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 それは大丈夫だと思いますよ。
 あくまでも私の距離から見た感覚ですが、何かとんでもないことをしてた・・・というわけじゃないですから。

 おっしゃるように、自己肯定などは人格形成においてとても大事ですし、この時期だからこそもっと大事なので、ここは周りも広い心で見守ってあげてほしいと思います。

 肯定と放任は、私の中で「放任」のほうを「責任を放す」という意味での放任だと思ってます。
 ホントの意味は違うと思いますが、これもおっしゃるように「自らの責任」を放してしまう大人が多すぎると思ってますし・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続きで泣く② | トップページ | 赤い糸 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ