« ため息 | トップページ | G I 予想&結果(宝塚記念) »

2015年6月25日 (木)

がんばった同士

  駅長で  世界にその名  広めたら

         悲しみもまた  世界で共有

 和歌山県の貴志駅に、ネコとして初めての駅長になって有名になった「たま」が、16歳にて亡くなりました。

 名前や姿を見たことがある人は多いと思いますが、改めて動画で振り返ってみたいと思います。


 国内はもちろんのこと、世界中にもたまの名前は広まっていて、いろいろな国からたまを見に来る観光客もいるくらいです。

 そして、今回の訃報も世界に発信されていて、貴志駅には献花台まで用意されたようです。

 さらには社葬までしてくれるようで、人間とネコの境を越えた関係に幸せな一生だったのかな・・・と思いました。

 同士として一度は会ってみたかったですが(笑)動画で今までの功績を見ていきたいと思います♪

« ため息 | トップページ | G I 予想&結果(宝塚記念) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

たま駅長のご冥福をお祈りいたしますm(_ _)m

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆


【スマッシュさんへ】

 今まで、お客を招いてみんなを幸せにしてきましたが、今度はたまちゃんが幸せになる番ですよね。

 向こうの世界に行っても人気者であることを信じています。
 そして、マルコがどこかで私のかわりにサポートしてくれたら、なんて(微笑)。

 ネコを駅長にするという発想が…なかなかおもしろいですね。
 身分証も作って、本格的にやっていたのだな、と感じました。
 献花台まで作られたネコ…本当に、愛されていたのだな、と感じます。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆


【markさんへ】

 世界でも例がないみたいで、国内で有名になってからは世界中でも知られるようになりましたからね。

 しかも、飾りだけの駅長ではなく、きちんと「仕事」もしてたみたいですし(笑)。

 珍しかったから有名になったのではなく、愛されてたからでしょうね(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ため息 | トップページ | G I 予想&結果(宝塚記念) »