« あきない | トップページ | 買い物デート »

2017年10月 6日 (金)

難しいねぇ

  クイズ出す  娘に半分  うんざりも

       気づかれぬように  母は答える

 お仕事の移動の電車内のことです。
 少し乗る時間も長くなりそうなので、ひと眠りでも・・・と思いましたが、いろんな理由で眠れませんでした。

 その1つは終点ではない駅で降りるため、乗り過ごしたらいけないこと。

 もう1つは、近くにいた母子の会話が気になったことです。

 前者に関しては説明の必要がないと思いますが、後者のほうはなんぞや?ってなりますよね。

 普通に電車に乗ってればどこかで会話はしてるものですし、よほどの大声じゃなければ気になるレベルではないはずです。

 でも今回気になってしまったのは、お子さん(3~4歳の女の子)が小さな本を手に、隣に座る母へクイズを出していたからです。

 といっても、子供が読める本でのクイズですから、答えも簡単なものばかりですが、難問も連続で出されるので、そのうち3問に1問くらい、わざと間違えたり分からないと言い始めました。

 そして、そのうち「難しいねぇ」と、はぐらかすような答え方をしてましたが、そばで聞いてたこねこは、それって答えが難しいのではなく、このクイズ地獄をどうやって終わらせようか・・・という本音が垣間見えた?と勝手に解釈してしまいました(笑)。

 ま、そんなこねこも幼いころは、疑問に思うとすぐに「なんで?なんで?」と親に聞いてたことがあるので、この女の子の気持ちも分かるような気がします・・・が、母親にも同情してしまいますね(*^m^)

« あきない | トップページ | 買い物デート »

日記」カテゴリの記事

コメント

 ああ…子供からすると、大人のそういう機微はまだわからないので、こうなってしまうんですよね…。
 私も小さいころから、親によく質問していたことがあって…さぞ厄介だったろうな、と思い返してしまいました。
 また、たまに子供は自作の問題を作ったりしますが、自分以外の人がわからない問題を出すこともあったりして…さぞ親は大変だろうな、と思います。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 これは仕方ないことですよね。
 むしろ、そういう興味がない子だと将来が心配になるくらいですから(笑)。

 しかも、今回は誰もが答えられるようなものばかりだったので、分からないフリをする親も疲れたんじゃないかと思ってしまいます。あの「難しいねぇ」に意味を感じたのは私だけじゃないと思います(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あきない | トップページ | 買い物デート »