☆お客さま☆

« やっぱりいた! | トップページ | 興味 »

2018年2月 4日 (日)

大豆と小豆

  節分の  あとにおしるこ  食べるなら

           豆の種類も  大から小へ

 昨日は節分で大豆を食べましたが、今日は母がおしるこを作ってくれたので、今度は小豆を食べることに。

 2日に渡って大小の豆(大きさではなく:笑)を食べるとは思いませんでしたが、昨日の記事を母は読んでないのに、ちょうどいいタイミングになりました。

 昨日も書いてますが、ウチでは誰よりもマルコが小豆好きで、小皿に2~3粒入れてあげるんですけど、ペロリと食べきってしまい、すぐに「もっとないのぉ?」という顔を見せます。

 ちなみに、マルコがいなくなってからもおしるこを食べるときは、小皿に入れてあげてます。

 それが母と一緒でキッチンで食べるときは、私の部屋から写真を持っていって、その前においてあげますし、私の部屋ならそのまま写真の前に置いてます。

 これは小豆に限らず、とうもろこしのときもそうですし、8月6日(マルコの誕生日)のときも魚を焼いてあげて、同じように置いてます。

 今日は母と一緒に食べました。
 そして、毎回同じようにマルコと小豆の話になるんですけど、母も可愛がってたので、毎回思い出しの笑顔が絶えません(*´∇`*)

 とうもろこしのときもそうですが、小皿に入れようとするときから「早く、早く」と割って入ろうとするのを制止するのも、なぜか笑ってしまいます。

 普段のご飯のときも割って入ろうとすることはあるんですが、なぜか小豆やとうもろこしのときは別格でした(笑)。

« やっぱりいた! | トップページ | 興味 »

家族」カテゴリの記事

コメント

 小皿に分けて、写真にお供え…下手な人間の仏様よりも、扱いが上のような…(笑)。
 まあ、まさに家族のように感じていた相手だけに、当たり前のことなのかもしれませんけれどね。
 割って入ろうとするが故に、かえってお皿にうまく乗せられず、結果として遅れる…わかっていてもやってしまうところがまた、ネコらしいところなのかな?なんて思います。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 生前にあれだけ食べたがってたものですから、このくらいはしてあげないと・・・という思いから始めました。

 割って入ろうとするのはまさにおっしゃるとおりで「ほら、そんなことしてると食べられないよ?」と言っても、ネコの耳にアドバイス(馬の耳に・・・のパロディ)で、全く聞き入れずに毎回苦労してました(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりいた! | トップページ | 興味 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ