« 若きレジェンド | トップページ | 幸せの余韻② »

2018年2月18日 (日)

幸せの余韻

  金銀の  喜び続く  日曜日

       母とこねこを  包む幸せ

 昨日の羽生、宇野両選手の金銀ワンツーの余韻は、こねこ家ではまだ残っていました。

 といっても、母のほうが・・・と言うべきでしょうか。
 私ももちろん余韻はあり、テレビで昨日の様子を映してると見てしまいますし。

 しかし、7:3で母のほうが残ってて、私と同じように再放送での滑りを見ては、さも今見てるかのように拍手をしては泣いてました(笑)。

 今大会初の金メダルというのもありますが、特に羽生選手は大会までにいろいろアクシデントがありましたから、ノンフィクションのドラマ性もあって、余韻が残ってる人も多いんでしょうね。

 ちなみに、お散歩に出かけたときも、公園で話してるお母さま方が同じように昨日のメダルの話をしてたので、母だけじゃないんだなと思いました(笑)。

« 若きレジェンド | トップページ | 幸せの余韻② »

日記」カテゴリの記事

コメント

 金メダル…しかもけがの後にということで、相当話題になっているようですね。
 一時は出場自体が危ぶまれたという状態からの大金星ということもあり、より印象深いものになっているのかな?と思います。
 再放送までされるのも、納得でしょうね。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 再放送は、わざわざその枠だけでという感じではなく、ほかの競技の合間や時間の空いてるときなんですけど、それでも昨日から今日にかけて何回見ただろうか・・・というほどやってるので、それだけ日本国中が幸せに包まれたということなんでしょうね。

 また、宇野選手は少し天然チックなところがありますけど、羽生選手はとにかく素晴らしい人格もあって、ウチの母を含めて様々な人のハートを射抜いてると思います(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若きレジェンド | トップページ | 幸せの余韻② »