☆お客さま☆

« 表現方法 | トップページ | 幸せの余韻 »

2018年2月17日 (土)

若きレジェンド

  母とねこ  共に見守る  氷上の

         熱い戦い  王者の連覇

 今日の午後、いつもならお昼寝する時間ですが、母と一緒にテレビの前にいました。

 言うまでもないですが、冬季オリンピックのフィギュアスケートを観戦してました。

 普段、スポーツ系で母と一緒にテレビを見ることなんてないんですが、今日だけは特別です。

 昨日のショートプログラムでトップに立った羽生結弦選手と、ずっと背中を追いかけてきた宇野昌磨選手のメダルをかけた争いに、始まる前からドキドキしてました。

 結果も、皆さんご存知のように羽生選手が金メダルでオリンピック連覇。
 宇野選手もショートで3位から躍進して、見事に銀メダルを獲得しました。

 日本人選手のワンツーという出来すぎな結果でしたが、個人的には可能性もあると思ってただけに嬉しかったです。

 昨年、オリンピックも控えた大事な試合の前にケガをしてしまい、本番に間に合わないのではないかという声や、出られたとしても結果は期待できない・・・という声も多かったのに、何事もなかったかのように王者が王者であるべき姿を見せてくれました。

 国内のみならず、世界中に羽生選手のファンは多く、母と私のように祈るようにして見守ってた人も多いのではないでしょうか。

 今大会初の金メダルですし、この後も金を確実に取れそうな競技も控えてますが、おそらく一番印象に残り、また嬉しい金メダルの1つになるでしょうね。

 そして、表彰台に上がる姿を見て、思わず某元首相のフレーズが浮かんでしまいました。

 皆さんも薄々心の中で思ったかもしれませんが、どうぞご唱和ください。

 痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!

« 表現方法 | トップページ | 幸せの余韻 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 けがの後に、成果を出す…普通だと守りに入ってしまうことが多いので、そこでしっかり頑張れるというのは、並大抵のことではないと感じました。
 やっぱりトップクラスの選手というのは、違うのでしょうね。
 見守っていたファンたちにとっても、最高の結果で…嬉しいだろうな、と思います。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【markさんへ】
 ちょっとしたケガではなく、今後滑れるかどうかというほどのものだったので、本人も「やれる!」と思いながら、かすかな不安はあったと思います。

 しかし、そういう面は一切見せず、やれることは全てやったという自信に満ち溢れた顔がまさに王者の貫禄なんでしょうね。

 普通に考えれば、銅メダルでもよくやったと言われるくらいでしたが、圧巻の金メダルでしたからね。

 そして、銀メダルの宇野選手もまだまだ若いですし、次の大会では金銀逆にしてやる!くらいの気持ちで続けてほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 表現方法 | トップページ | 幸せの余韻 »