☆お客さま☆

« 矛盾の哲学 | トップページ | 鬼とハト »

2018年7月25日 (水)

夏眠

  暑くても  寝れば少しは  紛れるか

         起きて現実  何も変わらず

 数日続いた猛暑も今日は少し落ち着きましたが、それでも普通に気温は高めなので、早く秋になってほしいと切に願います。

 そして、いつになったら落ち着くのかと思いますし、寝れば少しは忘れられるのかと、仮眠ならぬ「夏眠」をとりました(笑)。

 といっても仕事場ですから、エアコンも効いて涼しい中での仮眠なので、逆に冷えすぎないようにして寝ました。

 いつものように、午後のお仕事が始まる5分前くらいに目が覚めて、涼しさに秋が来たのか?と思いましたが、帰るときに外へ出たとき、そこには現実が待ってました(笑)。

 それにしても、首都圏でここまで連日35℃前後まで上がることは珍しく、しかもこの数年を振り返ると、梅雨明けに夏らしさはあったものの、その後は夏なんてあったっけ?という年を繰り返してきたので、ここへ来てそのツケが回ってきた感じです。

 今年もそのパターンで、8月になった途端に秋のようになってくれればいいんですが、きっとまた現実を見せられるんでしょうね(;´Д`A ```

« 矛盾の哲学 | トップページ | 鬼とハト »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 矛盾の哲学 | トップページ | 鬼とハト »