☆お客さま☆

« やっぱりあったんだ! | トップページ | カロリスト »

2018年8月28日 (火)

生みの親

  マルコという  名前の由来  あのアニメ

         生みの親にも  出会えているか

 昨日の夜、こちらでは激しい雷雨に見舞われましたが、そんなことも忘れてしまうくらいの出来事がありました。

 日本で知らない人はいないだろうと思うくらい、国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者である、さくらももこさんが亡くなったという速報を見て、時が止まってしまいました。

 私も子供のころから見てましたし、今でもときどき見るくらい好きなんですが、それだけが理由ではありません。

 実は、ウチで飼ってたネコのマルコの名前の由来が、ちびまる子ちゃんだったからです。

 父がマルコを連れてきたのが90年代の半ばで、そのころにはもう、ちびまる子ちゃんの人気は不動のものになってました。

 で、名前をつけようとなったとき、ちびまる子ちゃんのことを思い出して、家族全員で意見が一致して「まるこ」と名付けました。

 しかしその後、獣医さんの検査でオスであることが分かり、ひらがなで「まるこ」だとメスみたいだということで「マルコ」とした経緯があります。外国ならマルコという名前も男性として通用しますからね(笑)。

 また、顔もそうでしたし、目もまんまるだったこともあって「まるこ(その後、マルコ)」と名付けたことも加えておきます。

 そんな思い出があるだけに、普通のちびまる子ちゃんのファンとは少し違う感覚で訃報を聞くことになりました。

 まだ53歳だったそうで、やり残したことも多かったのかなと思ったりします。

 幸い、テレビのほうは今後も放送を継続するようなので、サザエさんのようにずっと見られるといいなぁと思ってます。

 名付け親はウチの家族ですが、あちらの世界で生みの親とマルコが出会えているだろうか・・・なんて想像もしてしまいます。

 さくらさんにとっては誰ですか?となりそうですが、ウチの家族にとっては半分名付け親になってくれたようなものですから、感謝を申し上げるばかりです。

 そして、ご冥福をお祈り申し上げます。
 楽しい作品を生み出していただいて、ありがとうございました(合掌)。

« やっぱりあったんだ! | トップページ | カロリスト »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりあったんだ! | トップページ | カロリスト »