« 腹を探る | トップページ | カラカラザラザラ »

2019年1月17日 (木)

つなぐ

  災害を  防ぐためにも  教訓を

        未来につなぎ  風化も防ぐ

 阪神淡路大震災から24年も経つんですね。
 私は当時12歳で思春期だったこともあり、未だに鮮明な記憶として残っています。

 その後、さまざまな大地震がありましたが、同じ都市部として感じた危機感は今でも続いています。

 しかし、どんな大災害でも、人の記憶が永遠じゃないように、風化して薄れてしまいますよね。

 私は感受性が強いのか、ほかの大地震もほとんど覚えてますが、地震そのものを覚えてることより、そういう災害で何を学んだか、そして後世にどう伝えていくかのほうが大切だと感じています。

 東日本大震災や熊本地震のときも同じことを言ってますが、どの地震であろうと、そのたびに思い出すことも大切ですし、もっと言えば日ごろから頭の片隅でも、災害はいつでも起こり、そのときにできることをする・・・という意識を持っていればいいかなと思ってます。

 人間ですから、記憶が薄れるのは仕方ないと思います。

 でも、風化は興味を示さなくなることも意味するので、トラウマやPTSDになってしまった人は別としても、災害時(または事前の準備)にどうすべきなのか、という興味だけは失わないようにしたいものです・・・。

« 腹を探る | トップページ | カラカラザラザラ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腹を探る | トップページ | カラカラザラザラ »