« 春はバケモノ | トップページ | ごあいさつ »

2019年3月11日 (月)

灯の記憶

  あの年の  あの日の記憶  いつまでも

            残し続けて  未来へつなぐ

 2011年3月11日。
 皆さんはどこで何をしてましたか?

 たしかあの日は金曜日で、私は仕事場にいました。

 週末前ということで、朝から忙しくしていました。
 午後もいつものように作業をし、少しでも残業を短くするようにと努めていると、あの震災が訪れました。

 都心では震度5弱~5強でしたが、異例の長時間の揺れにより、今まで経験した地震とは比べ物にならないくらいの恐怖を覚えました。

 仕事場はメチャクチャになり、ある程度片づけたあと、母が心配だったため交通機関も街の灯りもストップした中、約4時間ほどかけて徒歩にて帰宅したのもハッキリ覚えてます。

 そこで待っていたのは無事だった母でしたが、ウチのマンションは停電になってしまったため、懐中電灯を照らしながらの夕食をとった記憶も覚えています。

 母と2人で食べたご飯とみそ汁だけの夕食でしたが、今までに味わったことのないものでした。

 おいしいとかそういう感覚ではなく、こんなにも日常がありがたいものだったのか・・・と改めて思いましたし、これからどうなるんだろうという不安の味でもありました。

 あれから今日で8年が経ちました。
 何が変わって何が変わっていないのか。

 しかし、絶対に変わらないのは命の大切さであり、毎年言ってることではありますが、あの日の記憶をいつまでも伝え続けていくことですね・・・。

« 春はバケモノ | トップページ | ごあいさつ »

日記」カテゴリの記事

コメント

4時間かけて徒歩で帰宅したのですね。よく道がわかりましたね。
大阪も去年、大型の台風で大規模な停電がありました。
地震や豪雨・台風などの自然災害に対する備えを万全にしなければ(>_<)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 ウチまでの道のりは、国道246号線という大きな道路があるので、それに沿って行けば大丈夫です。

 ただ、それはあくまでも日常であればこそで、分かってる道でも灯りがないだけで非日常と化します。

 さらに言えば、多くの人が都心から放射状に離れて住んでるので、途中までは大勢の見知らぬ人たちと、ただただ無言で歩くのみでした。

 大阪は、地震もありましたよね。
 こちらも同じですが、自然災害はほかにもたくさんあるので、できる備えをするだけだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春はバケモノ | トップページ | ごあいさつ »