« 検証花見 | トップページ | 季節の前後 »

2019年4月 1日 (月)

転換期

  新元号  時代に合わせ  象徴で

     とどめる機会  今がそのとき

 いよいよ新しい元号が決まりましたね。
 令和・・・と聞いても、いまいちピンと来ませんが(笑)。

 私は昭和生まれの平成育ちで今に至りますが、ずっと思ってたのは、公的な機関での元号の使用をそろそろやめてもいいのではないか、ということです。

 母がよく言ってたのは「今って昭和だと何年だっけ?」で、私は「それなら西暦で数えればいいじゃん」と返してます(笑)。

 なので、今の天皇の在り方も国王ではなく象徴ですし、元号も同じようにあくまでも象徴の位置づけにすればいいんじゃないかと思ってます。

 例えば履歴書などは、元号で書くのが決まりみたいになってますが、元号がそもそも何百年、何千年と続くわけじゃないので、変わるたびに何年だっけ?となるのもめんどいですよね。しかも、それで記入間違いして不採用にでもなろうものなら、私が言ってるように西暦でいいじゃないか!という声も上がるでしょうし(笑)。

 天皇の存在は長く伝わってきた伝統ですから、なくす理由もないので続けてもいいんですが、元号も時代に合わせて変える時期が来てるのではないでしょうか・・・。

« 検証花見 | トップページ | 季節の前後 »

日記」カテゴリの記事

コメント

そうですね。履歴書は西暦で統一してほしいですね。何年間勤めたのか瞬時に計算できない場合があります(>_<)

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【スマッシュさんへ】
 ほかにも、カレンダー業者や役所での記入欄でも元号が関わってきますから、本来であれば統一したほうがいいんですけどね。

 でも、ここまで長く続いた伝統があるのも事実なわけで、簡単に切り替えられないのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 検証花見 | トップページ | 季節の前後 »