« まだ食べる | トップページ | 落とし物 »

2019年6月19日 (水)

届く揺れ

  遠くても  かすかに揺れを  感じたら

           規模の大きさ  改めて知る

 昨夜、翌日のお仕事の確認をしてると、かすかな揺れを感じました。

 ん?地震?それとも自分の体が揺れてる?と思うほどの、わずかな揺れでした。

 一応確認しておこうと、そのときつけてなかったテレビの画面には津波注意報が映し出されていました。

 え、そんな大きな地震だったの?と思った次の画面には、新潟で震度6強、山形で震度6弱と書いてありました。

 ということは、遠く離れた日本海側の揺れが関東にも届いたことになります。

 幸い、津波のほうは甚大な被害になることはありませんでしたが、陸地のほうでは地面がひび割れたり、土地の一角が崩れたり液状化現象なども出てるようです。

 新潟での地震と言えば中越地震が記憶に新しいですが、今回は梅雨の時期の震災ということで、地盤が緩くなったところへの雨が怖いですよね。

 すでに気象庁は先を見越して、余震による土砂災害と同じく、雨による土砂災害の注意喚起もしてるようです。

 少し前、お隣の台湾や中国、さらには南太平洋な南米など、世界各地でかなり大きな地震が起きてるんですよね。

 こういうとき必ずひずみが出るもので、地震大国の日本だとその影響が出やすいですし、新潟・山形の余震だけじゃなく、国内のどこでも同規模クラスの地震が起こると思ってたほうがいいでしょうね。ひずみは別のひずみを生みますから・・・。

« まだ食べる | トップページ | 落とし物 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ食べる | トップページ | 落とし物 »