« むしっと | トップページ | なぜなの蚊 »

2019年7月 3日 (水)

そばにある危機

  システムの  周知徹底  進めたら

         被害も少し  減れば幸い

 近年の異常続きの天候に、それまである程度のランク分けはされてたものの、ハッキリとした区分けを制定し直した大雨に関する情報も、少しずつ周知徹底されてきてると思ってます。

 文言や色による区分けも分かりやすくしたことで、何がどのような状況にあるのかを見ることなく、まずは速やかな避難へと導くようになりました。

 首都圏では、その土地の形状(ビルばかり)からゲリラ豪雨の影響が出やすいですが、今回の雨量は想像を絶するものになるんでしょうね。

 こちらでも数年前、栃木県の鬼怒川決壊という災害があり、そのとき初めて「線状降水帯」という言葉を聞きました。

 雨は長く降り続くことはないという常識も、近年の異常気象が常態化しつつあるので、大雨警戒情報のシステムも分かりやすく変更したことですし、私たち一人一人も意識を変えるときが来てると思います。

 大規模な災害と言えば地震のほうをイメージしますが、雨でもこれだけのことになるのだ・・・と思って行動するしかないですよね。

 ただ、足が悪い方、お年寄りでなかなか移動が困難な方、またはかえって避難しないほうが安全な場所など、完全な避難の正解というのは難しいのかもしれません。

 ウチの近くにも、多摩川へつながる支流の川があり、今回のような大雨になれば避難を余儀なくされるため、普通の雨の予報でも注意深く見ていきたいと思います。

 

« むしっと | トップページ | なぜなの蚊 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« むしっと | トップページ | なぜなの蚊 »