« 異世界 | トップページ | 15人の侍 »

2019年10月13日 (日)

惨状

  そこにある  いつもの風景  変わるなら

             自然の前に  小さな人類

 まず、今回の台風19号によって被害に遭われた方、さらに残念なことに亡くなられた方もいるということで、復興の祈念と哀悼の念を表したいと思います。

 また、15号の被害がまだ続いてる千葉県のほうでも、再び停電やそのほかの被害も出たということで、しかもピークを迎えようとしてるときに、その千葉県で震度4の地震(ウチのほうは3)まで起こり、お願いだからどっちかにして!・・・と思ってしまいました。

 ちなみに、ウチのほうはさほど大きな被害はなかったんですが、父が住む二子玉川では多摩川の氾濫もあって、浸水被害があったそうです。

 あ、父が住んでる場所は大丈夫とのことで、連絡が来たので大丈夫です。

 それにしても多摩川が氾濫するとは思いませんでしたし、前回と違って今回は雨の量が尋常じゃないくらいで、各地で記録的な雨量を計測したそうです。

 そして今朝、起きて外を見てみると・・・雨で流されたのか、前回のような枝葉が散らばってることは少なく、前日の嵐がウソのような景色が広がっていました。

 しかしテレビをつけて、各地の甚大な被害を見てしまうと、自然の前で人類は小さな存在であることをまざまざと見せつけられます。

 どんなに強固な堤防を作ろうとも、3.11のときと同じように設定された高さや強さを超えてしまえば、無残にも破壊されてしまいます。

 それすらも想定しなければいけないとしたら、どういうことをすれば正解なのか教えてほしいくらいです。

 時間が経つごとに交通機関も復旧し、水も引いていくんでしょうけど、これだけの被害を見てしまうとホントに今すぐ対策をしていかないと、自然は待ってくれないと痛感してしまいます・・・。

« 異世界 | トップページ | 15人の侍 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 異世界 | トップページ | 15人の侍 »