« 希望者 | トップページ | 冷却 »

2019年11月19日 (火)

つるべ落とし

  暗くなる  早さは日ごと  進むかな

            空と時間の  乖離も進む

 だんだんと秋も深まってくると「つるべ落とし」という言葉を聞きますよね。
 意味としては、少し前まで明るかったのに、夕方になって急に暗くなることだそうです。

 すでに立冬も過ぎたことで、古い暦ではもう冬なんですよね。

 今日もそんな感じで、まだ定時までは時間があると思って、外を何気なく見たら暗くなっていたので、慌てて時計を見て確認しました。

 まだ時間があることが分かり、少しホッとしたときにふと笑いがこみ上げてきました。

 あ、忙しくておかしくなったのではありません(笑)。

 もしかしたら皆さんも一度は思い浮かべたかもしれませんが、つるべ落としという言葉を聞いて、笑福亭鶴瓶さんのだるま落としバージョンの画が浮かんできました。

 あの人の顔はとても個性的で、イラストにも描きやすいので、鶴瓶さんのだるま落とし、つまりつるべ落としをスコーン!というのが浮かんできて、軽く笑顔になったというわけです♪

 あ、お姉さまたちには悟られてないので大丈夫です。
 見られたら、あれこれ聞かれて大変になるのは分かってますから(笑)。

« 希望者 | トップページ | 冷却 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 希望者 | トップページ | 冷却 »