« セカンドシーズン | トップページ | 花より雪見 »

2020年3月27日 (金)

乱髪

  対策の  ためにと開ける  窓からの

           風にあおられ  髪も乱れる

 最初は、なんてことしてくれてんねん!と思いましたが、最近ではすっかり慣れました。

 え、何のこと?
 電車の窓のことです。

 新型ウイルスの対策として、電車の窓が開いてることが多くなりました。
 空気の流れを良くすることで、密集した車内でも感染の可能性を低くするのが狙いと思われます。

 個人的には、電車は走ってると空気の壁ができて、うまく換気はできないのでは?と思ってますが、何もしないよりはいいと思ってるんでしょうね。

 で、今日の帰りのことでしたが、私が乗る路線は途中まで地下を走るため、反対方向の車両とすれ違うと空気砲のような風が吹きつけてきます。

 私が乗ってた場所が悪かったんだと思いますが、すれ違う車両や駅に着くときに空気の圧力が大きく変わるため、そのたびに髪が乱れてしまいました(笑)。

 また、今日は午後から風が強く吹き荒れたため、電車を降りてからも再び乱れる髪。

 そんな中、帰宅すると母が私の姿を見て「公園で遊んできたの?」と言いました。
 どうやったらそういう発想に至るのか・・・と思いましたが、きっと子供時代に遊んで帰ったときの姿を思い出してたのかもしれません。

« セカンドシーズン | トップページ | 花より雪見 »

日記」カテゴリの記事

コメント

 花粉症の人にとって、窓が開いているというのはたまらないですが……コロナの感染よりはましという判断なのでしょうね。
 ただ、防衛手段であるマスクの供給がない状況でのこれは、きついものがあります。
 髪の毛が乱れたのも、被害の一つでしょうし……本当に発生源の国には、しかるべき形で賠償させるべきではないかと思ってしまいます。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【マークさんへ】
 私も花粉症ですから、窓を開けることは致命傷・・・とまではいかないにしても、かなりのダメージになってます。

 マスクの問題もありますから、なんでこんなことを・・・と思いたくなりますけど、命には代えらえないですからね。

 ただ、あれって雨が降ったらどうするつもりなんでしょうね。
 まだ窓を開ける対策をしてから雨が降ってないので、どうなのか気になってしまいました(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セカンドシーズン | トップページ | 花より雪見 »