« 風化と意識 | トップページ | 幸せのハト »

2020年3月12日 (木)

這い出る虫

  啓蟄を  過ぎれば春も  本格化

         あの音聞けば  さらに実感

 先日、天気予報のコーナーで啓蟄の日であることを伝えてました。

 啓蟄とは、冬の間眠っていた虫たちも出てくるほど暖かくなる日・・・だそうです。

 で、昨日なんかはまさにふさわしい日でしたが、今日も程よい気温で、とある虫が這い出てきました。

 それはお昼休みに入ってすぐのことでした。
 私もそうですが、お姉さまたちもお弁当を取り出してると、ぐぅ~~~という音が響き渡りました。

 言うまでもないですが、お腹の音です(笑)。

 そして、一人のお姉さまが「エヘヘ・・・」と照れ笑いの顔を浮かべてました。

 今回はこねこではありませんよ(笑)。

 で、その前に啓蟄の話をしてたところだったので「こんなところにも虫が這い出てきたよ」と、別のお姉さまのの的確なツッコミ♪

 お腹の虫はどうにもならないですからね。抑えようと思っても鳴いてしまいますし。

 というか、あんなツッコミが来るなら、私のお腹の虫が鳴らなくて良かったです(笑)。

« 風化と意識 | トップページ | 幸せのハト »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風化と意識 | トップページ | 幸せのハト »