« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

ミート or フィッシュ

  突然に  肉と魚の  選択肢

       母のメールに  真面目に答え

 今日はお仕事の日でしたが、3時半~4時くらいの間に、母からメールがありました。

 着信時は手が離せなかったので、少ししてから確認すると「肉?魚?」とだけ書いてありました。

 ・・・・・・( ゚д゚)え?
 理解するまで2秒ほどかかりました(笑)。

 前にも、母は主語を抜かして話し始めるので、言わんとしてることを理解するのに大変という話をしたと思いますが、メールでもこんな調子です。

 でも、さすがに主語がなくても、今回はすぐに理解できましたし、私に肉?と聞くときは鶏肉が多いので、期待を込めて肉と返信しました。

 で、帰宅して夕食にしようと思ったら、出てきたのはシャケの切り身でした。

 あれ?魚って返信しちゃったかな?と思ってると「魚も肉のうちに入るでしょ」という、とんでもない強引な理論によって、私のおかずはシャケに決まりました(笑)。

 肉か魚と聞かれて肉と答え、出てきたのが魚という不思議な母娘です(* ´艸`)

2020年4月29日 (水)

控えめに

  行く場所の  自粛できれば  外出も

          控えめながら  楽しめるかな

 外出の自粛を言われてだいぶ経ちますが、諸外国のように全く出ちゃいけないわけじゃなく、必要以上、そして3密などの危険な状況に身を置かないようにすれば、ある程度の外出はしてもいいと思ってます。

 ということで、いつもの休日とあまり変わりませんが、お散歩に出てました。
 しかも最近はお散歩でありながら、ネコ探しの旅みたいになってるので、今日も楽しみながら歩いてました。

 ただ、いつもと違うのは人が多いところを避けようとするので、100%ネコ探しに集中できないのは残念でした。

 それでも外の空気を吸うだけで気分転換になりますし、自粛による鬱屈も軽減されますね。

 ネコは見つけられませんでしたが、帰りにコンビニでプリンを見つけたので良しとします(笑)。

2020年4月28日 (火)

つながり②

  テレトーク  続く楽しみ  お互いに

         声を聞くなら  寄り添う気持ち

 今日もお姉さまたちとのテレトークでした。
 昨日と逆になりますが、またまたお昼休みに電話でお話ししました。

 そんなに声を聞くのが嬉しいのかなと思いますが、電話の向こうの情景が目の前にあるかのような感覚になりました(笑)。

 というか、平常時でもお仕事の時間以外でお話しすることがあまりないだけに、非常時ということも忘れるくらい、お姉さまたちにとっては新鮮な感じなんでしょうね。

 私もあまり非常時と思いたくないので、お姉さまのお気持ちは嬉しいです。
 そして、社長さんもいつもと変わらず接してくれますし、私もそれに応えて、この非常事態勤務を乗り切りたいと思います。

2020年4月27日 (月)

つながり

  テレワーク  できぬ代わりの  テレトーク

               非常事態も  絆感じて

 今週も引き続き非常事態勤務で、またまた心配が尽きない週が始まりますが、お昼に電話がかかってきました。

 あぁ、やっぱり何かあったんだなと思ってると、何やら違う様相でした。

 電話の向こうの声はどこか明るくて、深刻な雰囲気は皆無でした。
 というか、笑い声も含めた明るい声に困惑気味のこねこ。

 どうやら、お昼休みになって私の声が聞きたくなったそうです(笑)。

 あ、そういうことね・・・と半分は安心でした。
 もう半分は、相変わらずだなぁと思いながらも、お姉さまたちの寂しさも分かりました。

 一応GW明けも続くようなら、メンバーを入れ替えるように伝えてあるので、それまではテレワークならぬテレトークによって、会えない寂しさを紛らわすようになるでしょうね♪

2020年4月26日 (日)

見える壁

  店員の  かける言葉も  見える壁

        聞こえづらくて  少し手間取る

 最近、コンビニやスーパーなどでもレジに並ぶまでに、一定の間隔を空けるようになってますよね。

 さらに、レジのところでは透明のプレートやビニールのカーテンのようなもので、ウイルスの飛沫感染防止策も取られてます。

 で、お散歩の帰り道でスーパーに寄って、母から頼まれてたものを手にして列で並ぶことに。

 次が私の番となったとき、前で会計を済まそうとしてるおばあちゃんがいましたが、少し手間取っていました。

 それは店員さんもおばあちゃんも悪いわけじゃないんですけど、店員さんから支払いの方法を聞かれても(現金かカードか)例のビニールのカーテンがあるために、おばあちゃんにとっては聞こえづらいようでした。

 というか、私ですらたまに聞き取れないときがあるので、感染の防止策とはいえ、思わぬところで弊害が出てしまいますね。

 かといって小さな穴を開けたら意味がないですし、店員さんには相手に合わせて声のボリュームやトーンを変える工夫があってもいいかなと思ってしまいました。

2020年4月25日 (土)

健全と安全

  外出の  自粛も人混み  避けながら

            同士の姿  探し回れば

 皆さんはステイホームしてますか?
 という会話もどこかで行なわれてるのでしょうか(笑)。

 私も基本的には不要な外出はしませんが、かといってずっと閉じこもってるのも気が滅入ってしまいます。

 ということで、これはいつもと変わりませんが、お散歩に出かけました。

 もちろん駅前など人が多いところは避け、住宅地中心に歩いていました。
 でも、それには1つの目的があり、それは・・・ネコ探しの旅です♪

 あ、迷いネコを探すボランティアをしてるわけじゃないですよ。
 単純に、地域で飼われてるネコ(野良も含めて)に出会いたいと思って歩いてます。

 今日は残念ながら出会えませんでしたが、GWも時間はありますし、少し遠出してでもネコ旅に出たいと思います。

 え、それなら猫カフェに行けばいいんじゃない?と思われそうですが、それはそれ、これはこれなんです(笑)。

 必ず出会えるわけじゃないところで出会ったほうが、なんか喜びが倍増するじゃないですか(*´∇`*)

2020年4月24日 (金)

未開封

  突然の  渡す手紙に  戸惑いも

         母の覚悟に  応えるこねこ

 今日、突然母から封をしてある手紙を渡されました。

 今までそんなこともなかったので、手渡されたはいいものの、どうしていいか分からずにいると「今は開けないでね。時が来たら開けるのよ」と言われました。

 それって遺書?・・・と思いながらも、私からは聞きたくなかったですし、母の年齢からしてまだ早いでしょと思ってると「こんな状況だから、いつ死んでもおかしくないからね」と、コロナウイルスによって急変死するニュースを聞いてのことだと思いますが、いざそうなると死に目にも会えないことになりますし、それも想定しての手紙なのかなと思いました。

 でも・・・先を考えたこととはいえ、何の前触れもなくこういう日が来ると、死というもの、さらには家族との別れというのも実感し、真剣に考えるきっかけにもなります。

 年齢的には父のほうが心配ですが、最近のニュースを見ても若くして急変して亡くなってる方もいるので、私も今の非常事態勤務で時間ができたことをいい機会として、いろいろ考える時間にしたいと思いました。

2020年4月23日 (木)

先の見通し

  緊急の  事態も備え  あるならば

          先の見通し  立てば安心

 非常事態勤務の2日目。

 おとといの初日でなんとなくペースはつかめましたが、やはりいつもと違うパターンや時間になると、一瞬動きが止まったりします。

 体の動きが止まるのはもちろん、思考も0.01秒くらい止まります(笑)。

 でも、今回のウイルスの件が本格的になる前からいろいろな想定はしてたので、緊急事態宣言はもちろん、もっと強い年封鎖なども頭に入れてありましたし、前々回の記事でなんとかなるさと書きましたが、今はもうそういう心境に変わってきてます。

 どんなことにも言えますが、ある程度の予想を立てておくと、その通りになればそれでよし、そうじゃなかったとしても適応力によってなんとかなりますからね。

 適応力は想像力と思ってますし、想像力=想定力でもあるので、GW明けに緊急事態宣言が解除されるとも思ってないですし、むしろこんな状況で解除されたら、日本は今度こそウイルスに支配されて終わりを迎えます。

 今の勤務体系も、慣れれば何とかなるんでしょうし、全てはケセラセラですね。
 なんとかなるさの精神で行かないと、長期戦も考えられる現状に立ち向かえないと思います。

2020年4月22日 (水)

休ませる

  取り出して  オーバーホール  したいかな

              脳の疲れも  ひと休みして

 今日は再び休日です。
 まだ始まったばかりで仕方ないですが、1日ごとにお仕事休みが繰り返されることに慣れないです(苦笑)。

 でも、昨日でだいぶ様子が分かり、社長さんもよほどのことがなければ普通に休んでて構わないと言われたので、今日は素直に休むことに集中しました。

 休むことに集中というのもヘンな表現ですが、疲れた脳を取り出してオーバーホールするくらいの1日にしたかったということです。

 完全にお仕事のことを忘れるのは無理ですが、あえて朝からのんびりしてみたり、1つ1つの行動をわざとゆっくりしてみました。

 普段がセカセカしてるわけではないんですけど、あえてそうすることによって、脳も休ませることができるのではないか・・・と思ったもので。

 今日1日終わってみて、その効果があったのかどうか実感はしてませんが、こういう日も意図的に作りたいところです。

2020年4月21日 (火)

なんとかなるさ♪

  なるように  なると思えば  ケセラセラ

            時の流れに  任せたいかな

 今週から始まった非常事態勤務も、今日が私の初日でした。

 昨日は連絡があり、特に大きな問題はなかったとの報告がありましたが、果たしてどうなのだろうか・・・という思いで出社しました。

 すると・・・いきなり一人のお姉さまが「会いたかったよぉ~」と抱きついてきました。

 え、いや先週の金曜日に会ってますけど?(笑)

 でも、お姉さまたちにとっては、連休でもないのに会えなかったのは寂しかったようです。

 私ももちろん嬉しいですが、それよりもお仕事のほうが気になっちゃって・・・(笑)。

 でも、昨日の報告の通り、特に問題はなく進んで、こちらが思ったよりも早く終わったり、難しいだろうと思ってたことがスムーズだったり、昨日でかなり進めてくれたのかなと思うと感謝でいっぱいです。

 そうなるように、社長さんと私で事前に進めてたのもありますけど、いくら綿密に計画を立ててもうまくいかないことってありますから、それがすんなり進んだことはとてもありがたいです。

 非常事態勤務に決まったときから、なんとかなるさ・・・という思いも多少はあったので、みんなで協力して支え合えれば、なんとかなりそうですね(*´∇`*)

2020年4月20日 (月)

備えあれば不安なし

  非常時の  勤務の備え  万全も

        どこか不安の  ソワソワこねこ

 非常事態勤務・・・と勝手に名付けてますが、今週から2つの班に分け、週の半分ずつの出勤となりました。

 もちろん新型コロナウイルス対策の1つで、朝の通勤時のリスクを避けるため、ウチの会社でも工夫して半分にしたというわけです。

 でも、仕事量に対して人が減れば、それだけ一人当たりの作業量は増えるわけで、しかもその初日の今日は私が出勤しないので、とても心配してました。

 お昼前に連絡してもらい、片づかないようなら緊急で出勤することも考えてましたが、電話の向こうのお姉さまは明るい口調で「大丈夫、大丈夫」と言ってて、そのあとに代わった社長さんからも「大丈夫だから休んでて」と言われて、ようやく安心しました。

 私がいないと回らないということはないですが、翌日は私が出勤するとなれば、もし前日にやり残しがあれば合算されて厳しくなりますからね(笑)。

 おそらく、かなり厳しい状況だと思いますが、お姉さまをはじめとして、社長さんも私が心配で出勤してこないように言ってくださったと思ってます。

 明日は私の出勤日ですが、さてどうなることやら。
 そして、この非常事態勤務がいつまで続くことやら・・・。

2020年4月19日 (日)

発散

  いろいろと  ストレスかかる  状況下

           朝のケンカで  発散できるか

 誤解されるといけないので言っておきますが、私がケンカをしたわけではありませんので。

 今朝のことですが、朝食を終えて部屋の掃除をしようかと思ってるところで、外から何やら大きな声が聞こえてきました。

 耳を澄まして・・・いや、澄まさなくても聞こえてくる声は、ケンカしてる声でした。

 コロナ関連でDVや虐待が増えてるというのは聞いてましたが、夫婦ゲンカもあるんでしょうね。

 ちなみにウチは母と2人ですが、ケンカどころかいつもと全く変わりません。
 昨日のように、たまには笑いも交えて過ごしてるのご安心くださいませ(笑)。

2020年4月18日 (土)

レッツ・マッスル!

  外出の  自粛もカラダ  動かすと

         決めた時間は  有意義になる

 今日は食材の買い出しに行こうと思ってましたが、夕方前まで強い雨に風も混じり、外に出たら確実にずぶ濡れになってたでしょうね。

 こんな状況下ですから、ちょっとした風邪も命取りにもなりかねないですし。

 ということで、母と筋トレをしました。
 あ、本格的なものではないですよ。

 2人でお互いに負荷を与えたり、タオルを使ったものなど、母でも比較的できそうなものを選びました。

 でも、最初に準備運動として、背中合わせで交互に背負って体を伸ばすのをやってると、私もそうでしたが母も久しぶりの感覚に笑いだしてしまい、私の背中に小刻みな振動を送ってきました(笑)。

 その後も、特に体が伸ばされるものをやるとなぜか笑いが出てしまう母。

 私は別におかしくなかったんですが、笑ってしまう母につられてしまいました(笑)。

 もはや筋トレよりもストレッチメインになってしまいましたが、久しぶりに母と一緒に体を動かして、有意義な時間を過ごせました♪

2020年4月17日 (金)

共に戦う

  目の前の  見えない敵に  立ち向かう

              日本国民  心ひとつに

 先に7都府県に出た緊急事態宣言ですが、いよいよ全国的に展開されました。

 最初の宣言でもスピード感や危機感のなさがありましたが、今回の全国的な宣言が出されたことにより、いよいよ日本が1つになって立ち向かうときです。

 言いたいことは山ほどあるどころか、天にも届きそうな感じですけど、もうそんなことを言ってる場合ではありません。

 また、こんな状況ですからあまり触れられてませんが、熊本地震から4年が経ちました。
 関東でも最近、震度4の地震がありましたが、自然災害は人間の都合に合わせてくれません。

 先日も記事で書きましたが、こういうときこそ1つになり、世界へ手本を見せるときだと思ってます。

2020年4月16日 (木)

ぬくとりゲーム

  会議にて  席を立つなら  そのあとに

         こねこのイスを  なぜか取り合う

 今日は、来週からの勤務体系変更の会議をしていました。

 詳しくは昨日の記事で書いてますが、そのための会議でした。
 と、その途中で私は席を立ちました。

 ・・・トイレに行くためなんですけど(笑)。

 で、戻ってみるとなぜかお姉さまたちが、私が座ってたあたりで何やら盛り上がっていました。

 何だろうと思って戻ってみると、どうやら私が座ってたところにぬくもりが残ってたようで、席の取り合いになってました。

 前にも似たようなことはありましたが、真冬でもないのにそんなにぬくもりが欲しいんですかね(笑)。

2020年4月15日 (水)

働き方改革

  8割の  削減目標  果たすなら

          班を分けての  変則出勤

 テレビなどでも、毎日のように大きな街の人の流れを報道していて、全体的な数値としては確実に減っています。

 しかし、品川駅の通勤時の様子を見ても、いつもとほぼ変わらない人の流れに、時間帯や場所を計算に入れてない平均的な数値でしかないのではと思ってしまいます。

 極端な例で言えば、いつもと変わらぬ人の流れが100%、全く外出が亡くなった街が0%とすれば、その平均は50%になります。

 品川駅を100%の人の流れとすれば、50%と発表されても、え?となりますよね。

 と、そんな前置きがありつつ、今日のお仕事で社長さんと少し前から話し合っていたことで、ほかの社員さんの同意も得て、ある決定をしました。

 ウチの会社はテレワークの環境がないことから、どうしても出勤しなければいけなかったんですが、ここへ来て内勤の業務が増えたこと、そしてその業務も時間ができたことで、社長さんを含めた12人を2つの班に分けて、月・水・金と火・木の隔日出勤の形をとるようにしました。

 もちろん、片方の班がずっと月・水・金だと不公平なので、翌週は火・木にして文句が出ないようにしました(笑)。

 どうしても半分以上減らすと業務に支障が出るため、零細企業の限界というか、これが精いっぱいの削減努力になります。

2020年4月14日 (火)

文句と北風

  仕事場へ  向かう人には  向かい風

           冷たいけれど  場は暖まる

 昨日の荒天から一夜明け、今朝の出勤時は晴れてました。

 しかし・・・北風が強すぎて、駅までの道の自転車でも、建物の間から吹く突風に煽られることも。

 と、仕事場のある駅で降り、地上へ出ると同じように強い風が吹いていました。

 幸い、私はちっこいので風の抵抗を受けにくいですが、同じほうへ歩いていたおじさんが、少々体の横幅が広い方で風の抵抗を受けまくりでした。

 すると「くっそぉ~」と文句を言いながら歩いてるのを聞き、あまり近寄らないようにしようと思って距離を取り始めたとき、横目でチラッと表情が見えたんですが、先ほどの文句とは裏腹になぜか笑顔でした♪

 そして、もう一度チラッと見ると、再び何か言い出しました。
 さっきは距離を取ろうとしてましたが、今度は縮めて声を聞きに行くと「アハハ・・・すげぇ~な、この風はよぉ」と、半分呆れた感じで言ってました。

 こんな社会情勢ですから、文句も言いたくなりますよね。
 でも、このおじさんのように笑いにかえられる余裕が欲しいものです。

2020年4月13日 (月)

逆戻り

  本格化  していく春も  小休止

        寒さと強雨  冬のものかな

 今日は寒かったですねぇ。
 個人的には、久しぶりの寒さに顔が凍る・・・いや、ニヤけてしまいましたが(笑)。

 加えて強い雨が降り続き、風邪もそこそこ強かったことから、まるで嵐のような1日でした。

 ま、今日は外出のお仕事がなかったので、窓から外を眺めるだけだったんですけど(* ´艸`)

 ちなみに、今日は寒くなることは分かってたので、例のアレをお昼ご飯に用意してました。
 言うまでもなく・・・スープはるさめです♪

 またやられたという顔で、食べてる私を見つめるお姉さまたち(笑)。

 今日はお弁当を少なめにしてあったので、さすがにおすそ分けはしませんでした。

 明日は今日より少し気温が上がるみたいですが、1人のお姉さまは「悔しいから、明日食べよう」と言ってました。

 悔しいからという理由はよく分かりませんが、食べたいときに食べればいいのでは・・・と思ってしまいました(笑)。

2020年4月12日 (日)

自粛しない

  外出の  自粛と寒さ  相まみえ

        衣替えなら  害もないかな

 タイトルを見て、こんなときになんてことを・・・と思うかもしれませんが、受けた要請はきちんとしてるので安心してください。

 じゃあ、何を自粛しないのか。
 それは・・・衣替えです♪

 母もそろそろ本格的な春になるだろうからと、二人で進めることにしましたが、これなら自粛しなくても文句は言われないですよね(笑)。

 また、衣替えの途中で小腹が空いたからと、ちょっとしたおやつとミルクティーを飲みましたが、これまたどこかのカフェに行かずともできることですし、自宅にいても楽しめることはたくさんありますね☆

2020年4月11日 (土)

くりんくりん

  目が合えば  互いの気持ち  理解して

            種を超え分かる  嬉しい姿

 人間と動物。
 生物という点では同じでも、さまざまな違いがありますよね。

 代表的なのは言葉が話せるかどうかで、一部には真似ではありますが、インコやオウムなどが言葉を発しますが、きちんと理解して自分の感情から出るものかと言われると、それは違い気もします。

 でも、不思議と互いの気持ちが分かりあえたりするので、科学ではまだ分からないところで何かが取り巻いてるのかもしれません。

 と、前置きが長くなりましたが、夕方にスーパーへ買い出しに行ったときでした。

 入店するときにはいなかったんですが、買い終わって出たところで、一匹のワンちゃん(トイプードル)がおとなしく飼い主を待っていました。

 そのとき、たまたま私と目が合ったんですが、トイプードル特有のつぶらな瞳がくりんくりんで、私の心を突き刺しました(笑)。

 すぐに寄っていくと、向こうも私の気持ちを感じ取ったのか、それまでおとなしくしてたのが急に立ち上がったり、激しくシッポを振りだしました。

 私が「可愛いなぁ~」という気持ちがあったから、向こうもそれに応えてくれたのかなと思いますが、ここには言葉がなくても伝わるんだなというのがよく分かるシーンでした。

 ま、私の可愛いと思う気持ちが強すぎて、すでに顔がニヤけてたこともあり、そこから感じ取ってたのかもしれませんけど(笑)。

 ちなみにシッポもそうですけど、ピョンピョンと跳ねるようにして私に何とかしてかまってもらいたいというのが前面に出てて、短い時間でしたけど癒しをいただきました☆

2020年4月10日 (金)

悲劇と喜劇

  吹き抜ける  風で髪の毛  乱れたら

          子供の笑顔  生み出すものに

 昨日と似たようなことになりますが、電車の窓が開いてることでの、悲劇と喜劇が入り混じりました。

 私の近くに座っていた人が、しきりに髪を気にしてるのが目に入り、チラッとそちらを見ると・・・明らかに毛量が少ない人でした。

 整髪料などで薄く見えないようにしてるみたいでしたが、車内を吹き抜ける風によって乱れ始めました。

 で、それだけだとその男性の悲劇で終わりますが、ここから喜劇に変わります。
 近くに幼い男の子がいましたが、髪の乱れを何度も直す様子を見て、笑いがこらえきれなくなったようです。

 一緒にいた母親が止めようとしましたが、その前に先ほどの男性が男の子に笑顔を向けてたのを見て、険悪な雰囲気にはならないなと思いました。

 というより、その男性が髪を直すのをやめ、子供の笑顔に笑顔で答え始めました。

 男の子のほうも、優しい笑顔に安心したのと、相変わらず乱れる髪が面白いのか、ずっと笑顔でした。

 おそらく、その男性はお孫さんがいらっしゃるのかなと勝手に想像し、だからあやすのが得意なのかなと思いました。

 ま、さすがに髪まで乱してあやさないとは思いますが(* ´艸`)

2020年4月 9日 (木)

葛藤の窓

  開ける窓  さらに大きく  強い風

          迷惑顔も  仕方ないかな

 コロナ対策の一つとして、電車の窓を開けるのもすっかり普通に感じてきましたが、今日の帰りの車内は耐える空間となりました。

 あ、朝のようにものすごく混んでたとか、そういうことではないですよ。
 今も言ったように開いてる窓が関係してますが、帰りの車内の窓はほとんどが半分近くまで開けられていました。

 当然ですが、途中まで地下を走る路線ですから、ゴォ~~~という音もすごくて、電車がすれ違うときも空気砲が襲ってきます(笑)。

 で、ようやく地上に出てもそこは二子玉川で、川のそばに駅がありますから、今度は自然の風が強く吹き込んでくる事態に。

 それでも乗客の皆さんはじっと耐えるしかないわけで。
 こんな状況下で窓を閉めるほうが白い目で見られそうですからね。

 実際、今までのちょこっとしか開けてない窓ってどうなのよ?と思ってたほうなので、このくらい思い切って開けるくらいがちょうどいいのかもしれません。

 これが真冬じゃなくて良かったですね。
 冬以外の季節なら窓を開けてもさほど問題はないですが、さすがに冬が好きな私でも走る車内に冷たい風がずっと吹き続けてきたら・・・なんとか耐えるでしょうけど(笑)。

 一般的には寒いと思うでしょうし、耐えられない人もいるでしょうから、花粉は別としても今の時期で良かったのかもしれません。

2020年4月 8日 (水)

今こそワンチーム!

  難局も  団結力で  乗り切れば

        明るい未来と  世界の手本

 自分のことを棚に上げる・・・という言葉がありますが、また某国が日本のことを批判してるそうですね。

 昨日の緊急事態宣言を受けて、某国が中途半端だのタイミングが遅いだのいろいろ言ってるようですが、そう言ってる国が世界で一番感染者数、死者数を出してるんですけど、それってどうなんでしょうか(苦笑)。

 ま、そんな声もありながら日本がやることはただ1つ。ウイルスに打ち勝つことです。

 そのためには、緊急事態宣言という一つの節目を機に、粛々と自粛をして感染拡大を押さえつつ、ピークアウトも狙うだけです。

 まだ世界中で蔓延してますから、しばらくは外国との交流は難しいと思いますが、各国が日本をお手本としてもらえるように、今こそワンチームになって立ち向かうときです。

 自粛の意図をなかなか理解してもらえない人もいるでしょうけど、大多数の人は再び明るい世の中が戻るのを期待してますから、その世界を自分たちの手で取り戻すときです。

 一人一人がすることは難しいものなんてないんです。
 基本的な手洗いやうがい、不要不急なことや外出を避けるだけなんですから。

 先が見えないことで不安感や焦燥感も出てくることでしょう。
 でも、ここで一致団結していかなければ、もっともっと先が見えない世の中になると思います。

 今こそワンチーム!

2020年4月 7日 (火)

常連の特権

  昔から  通い続ける  美容院

         宣言めぐる  不安の解消

 いよいよ緊急事態宣言が出され、いろいろと不安に思う人は少なからずいると思います。

 一応、テレビなどでも宣言後の生活はどうなるのか・・・みたいなことを長い時間かけてやってるので、それを見聞きして明日から過ごせればと思っています。

 で、そんな中で帰宅してすぐのこと、いつも通ってる美容院から連絡がありました。

 めったにないことですし、そこはいつも予約制にしてないので、時間の変更という連絡もなく、どうしたんだろうと思いました。

 すると、業務休止要請にて不要不急の業種に、美容院が入るのか・・・という問い合わせがあったことで、常連の中でも私のように子供のころから通ってる長い常連さんには、こうして連絡してるようです。

 たまたまですけど、そろそろ行こうかと思ってたところでの連絡に、とてもありがたいと思うのと同時に、わざわざ向こうからこちらの心配を払拭するようなことを言っていただき、感謝でいっぱいです。

 小さな美容院ですが、家族のように接してきたのでとても嬉しいですし、常連の中でも特別な常連にだけ連絡をしてるとのことで、長いこと通ってて良かったなと思いました(笑)。

2020年4月 6日 (月)

次のステージ

   緊急の  宣言出すと  予告なら

        要らぬパニック  起こりそうかな

 いよいよ出ますね。
 今日の夕方、緊急事態宣言を出すとの予告があり、明日から発令されるようです。

 しかし、その中身を見ると今までの自粛要請と何が違うの?と思ってしまうほどのもので、もっと強制力や法的拘束力があるものだと思ってただけに、拍子抜けというか、名ばかり?と思ってしまいます。

 言葉に重みを加え、拘束力を発揮することなく国民の自主性を信じたものになってるんでしょうけど、先日から自粛の中でもが不要な外出を続ける人たちには、きっとそういう思いは届かないんでしょうね。

 個人的には、警察と自衛隊で組んで街に配置し、職務質問のような形で不要な外出者を、ふるいにかけるようなことをしてほしいと思ってます。

 もし不要だと判断したなら、感染者の隔離と同じように2週間の身柄拘束をするとか、今までの自粛要請とは違う強いものにしないと、どうせ罰則はないんだし・・・と街へ出る人は減らないと思います。

 経済の萎縮など難しい問題もありますが、いつまでも中途半端な天秤にかけるようなことをしていては、現状の不安は打破できないかなと思ってます。

2020年4月 5日 (日)

憑依?降臨?

  寝起きでの  声とあくびで  在りし日の

            マルコと同じ  姿見るかな

 今朝、二度寝したことでスッキリとした寝起きを迎えられました。

 と、そのとき伸びをすると「んにゃ~~ぉ」という声が出ました。
 こねこを名乗ってるんだから当たり前でしょ?と思われそうですが、全く意識はしてません(笑)。

 その後、顔を洗うために洗面所へ行くと、洗う前に大きなアクビが出ました。
 ちょうどそこへ母も来たんですが「大きなアクビ!マルコみたいね」と言いました。

 先ほどの寝起きの声に大きなアクビを振り返ると、確かに母の言うようにマルコを思い出します。

 ネコって人ほど羞恥心はないので、人前であろうと大きなアクビをしたり、声が思わず出ちゃうことも何とも思わないですよね。

 だからって私に羞恥心がないわけじゃないですよ(笑)。
 ただ、母と私の二人しかいないので・・・ということです。

 でも、自分でも分かりました。
 マルコが乗り移ってるんじゃないかって思いましたから(笑)。

2020年4月 4日 (土)

量より質

  街の中  人数よりも  世代別

        見ればまだまだ  薄い危機感

 ここ最近、芸能人やアスリートなど、みんなが知ってるような人にも新型コロナウイルスの影が忍び寄ってます。

 先日は、私も大好きだった志村けんさんが亡くなり、幅広い世代に悲しみが訪れました。

 そして、ここへきてようやく皆さんにも実感がわいたのか、ずっと言われ続けてきた外出自粛も実を結ぶ形になってきました。

 しかし・・・やはりというか、まだまだというか、若い世代と高齢世代の方々がチラホラ見えて、明らかに不要不急の外出とは思えない感じでした。

 なかなか、そういう一部の人は存在するものと割り切るしかないのかもしれませんが、事が事なのでね・・・。

 また、緊急事態宣言なども、イメージで勝手に外出ができないと思ってしまうのか、買い占めがまた復活しちゃってます。

 こういう非常時ですから、いろいろパニックになるのは分かりますが、もう少し冷静な行動を心掛けたいものです。

2020年4月 3日 (金)

やめときぃ

  駆け下りる  速度増すなら  最後には

            足もバタバタ  ケガの寸前

 皆さん、エスカレーターは手すりにつかまって乗りましょう。

 え、急にどうしたの?(笑)

 今日の帰り、最寄りの駅で降りて改札までのエスカレーターに乗りました。

 急ぐ人も多いため片側を開けてますが、基本的には手すりにつかまって乗ることが推奨されてますよね。

 ま、そんな基本的なことに触れたところで・・・。

 私は手すりにつかまってましたが、横を駆け下りていく人が見えました。

 しかし、どこか様子がヘンです。
 降りていくごとにだんだんとスピードが増していて、明らかに制御不能に陥ってる感じがしました。

 そして案の定、あと少しで下り切るというところで足がバタつき、あわや大惨事になりそうでした。

 なんとか踏ん張って転ばずに済みましたが、かなり焦っていたのではないでしょうか(笑)。

2020年4月 2日 (木)

トライアゲイン

  前日に  逃したマスク  同じ店

          再度探すも  残像見える

 昨日はお姉さまとのドタバタ劇がありましたが、実は帰宅時にスーパーへ寄ったとき、ふとしたことからマスクを発見しました。

 きっかけは、買い物かごを手に下げた人とすれ違ったとき、チラッとマスクが目に入ったことでした。

 え?・・・もしかして売ってるの?と思い、店内の売ってそうなコーナーへまっしぐら。

 遠目に確認して、もし買えるなら・・・と思ってたら、横からスッと来た人に持っていかれ、それが最後の1枚でした(笑)。

 母が持ってるストックがもう尽きかけてたので、その分として買おうと思ってましたが、まだ私の花粉用としてのストックは少しだけあるので、それでなんとかやっていくしかないですね。

 で、今日も同じスーパーへ行ってみました。
 理由は・・・ちょっとだけ昨日のことが悔やまれたためです(笑)。

 ダメもとで昨日と同じ場所へ行ってみましたが、コーナーそのものは残ってたものの、マスクはありませんでした。

 ま、今まではその姿さえ見ることはなかったので、そう考えるとちょっとだけ光が見えたのかなと思いました。

 ちなみに見えたものはもう1つ。
 振り返って最後の悪あがきでもう一度確認したとき、昨日逃したマスクの残像が見えました(笑)。

2020年4月 1日 (水)

ヒップアタック

  ウソの日に  ウソかと思う  衝撃で

          こねこ吹き飛び  笑いも誘う

 今日はエイプリルフール。
 しかし、こんな社会情勢ですから、いいウソが思いつきません。

 ただ、こねこにはネタがつきまといます(笑)。

 今日は少し忙しく、資料室にて動き回っていたこねこに、災難が降りかかりました。

 といっても、笑える災難なので大丈夫です♪

 私が棚から資料を取り出してると、1人のお姉さまが私を探しに来ました。
 予め言ってあったので、すぐに見つけて近づいてきましたが、私は全くその気配に気づかず、下の段のほうにあるものを取ろうとかがんでいました。

 そこへお姉さまが声をかけようとしてたので、私のお尻によって吹き飛び・・・と同時に、私もその衝撃で棚にビターン!!

 私はお姉さまがいたことに驚き、お姉さまはまさかのヒップアタックによって、それぞれが「!!!」となりました(笑)。

 お互いに謝ってその場は収まりましたが、資料室から戻るとすぐ、ほかのお姉さまたちに話が広がりました。

 ま、想定はしてましたけどね。
 そして、すぐにいじりの舞台へ上がることも(笑)。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »