« 葛藤の窓 | トップページ | くりんくりん »

2020年4月10日 (金)

悲劇と喜劇

  吹き抜ける  風で髪の毛  乱れたら

          子供の笑顔  生み出すものに

 昨日と似たようなことになりますが、電車の窓が開いてることでの、悲劇と喜劇が入り混じりました。

 私の近くに座っていた人が、しきりに髪を気にしてるのが目に入り、チラッとそちらを見ると・・・明らかに毛量が少ない人でした。

 整髪料などで薄く見えないようにしてるみたいでしたが、車内を吹き抜ける風によって乱れ始めました。

 で、それだけだとその男性の悲劇で終わりますが、ここから喜劇に変わります。
 近くに幼い男の子がいましたが、髪の乱れを何度も直す様子を見て、笑いがこらえきれなくなったようです。

 一緒にいた母親が止めようとしましたが、その前に先ほどの男性が男の子に笑顔を向けてたのを見て、険悪な雰囲気にはならないなと思いました。

 というより、その男性が髪を直すのをやめ、子供の笑顔に笑顔で答え始めました。

 男の子のほうも、優しい笑顔に安心したのと、相変わらず乱れる髪が面白いのか、ずっと笑顔でした。

 おそらく、その男性はお孫さんがいらっしゃるのかなと勝手に想像し、だからあやすのが得意なのかなと思いました。

 ま、さすがに髪まで乱してあやさないとは思いますが(* ´艸`)

« 葛藤の窓 | トップページ | くりんくりん »

日記」カテゴリの記事

コメント

 小さい子供にとっては、見ているだけでも面白い光景だったと思います。
 ただ、止めようとした母親の気持ちも分かるので……その状況でむしろ積極的に笑顔を見せたその男性は、素晴らしいと感じました。
 最近心の狭い人が増えているので、こういう光景を見るとホッとさせられます。

【こねこのお返事♪】
 コメントしていただきありがとうございます☆

【マークさんへ】
 もしかしたら、この男の子にもこういうおじいちゃんがいて、親しみやすかったのかもしれません。

 あ、髪のことは別なので、それだけで単純に笑ってたかもしれませんが(笑)。

 心の狭い人は・・・今はこういう情勢ですから、狭いというより余裕がなくなってるんでしょうね。

 今回は風のいたずらで救われましたが、もしかしたらその風によって苛立ちが募り、当たり散らしてる人がいても不思議ではないかもしれません・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 葛藤の窓 | トップページ | くりんくりん »