« ドライヤー | トップページ | 今も変わらず »

2020年8月12日 (水)

2つの顔

  青空も  午後に顔を  変えたなら

            空の明るさ  梅雨に戻るか

 今日は予報にもありましたが、午後になると空が急変すると言われて、その通りになりました。

 朝からお昼ごろまでは連日の夏空と同じく、厳しい日差しとともに明るさをもたらしていました。

 しかし午後になると、それまでの空模様が急変。
 お昼前まではホントに変わるのか?と思うほどでしたが、いつしか空は暗くなり始め、時折ポツポツと窓に雨粒が当たる音も聞こえてきました。

 埼玉や北関東のような、真っ暗な空に雷が轟き、短時間に大量の雨が降るようなことはなかったですが、梅雨明けしてからはずっと同じような空や天気だったので、こういう変化もたまにはいいですね。

 というか、これからお盆を過ぎて下旬になってくると、ちょっとずつ夏の終わりの気配も出てくるんですよね。

 晴れ一辺倒が真夏だとすれば、夏の終わりの兆候としては夕立や突然の雷雨が出始め、もう1つ空や天気とは別に、ツクツクボウシが鳴き始めるのも兆候の1つでもあります。

 実際に終わるのは、お彼岸が過ぎるころまで待たないといけませんが、梅雨の前から続いた長い暑さ地獄も、先が見え始めるとちょっとだけ元気も取り戻せますね♪

« ドライヤー | トップページ | 今も変わらず »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライヤー | トップページ | 今も変わらず »