« もっともっと | トップページ | 丸い幸せ »

2020年9月13日 (日)

あきらめた

  真夏日が  戻るも鳴き声  力なく

          秋を感じて  途中でやめる

 昨日の涼しさがウソのように、今日は再び暑くなりました。
 これも予報で分かってたことなので仕方ありません。

 ところが、人間は天気予報を見ることもできますけど、セミはそうはいかないので大変ですよね。

 それこそ毎日が臨機応変力を求められるわけで(笑)。

 で、そんな暑さが復活となれば、当然のようにセミの鳴き声も戻ってきます。

 今朝も、涼しさが暑さへ変わるころから聞こえ始め、シーズンで息の長いアブラゼミやミンミンゼミが出てきました。

 と、その後を追うようにツクツクボウシも出てきましたが、鳴き始めると異変が・・・。

 いつものように独特のリズムを聞かせてくれるかと思いきや「・・・もういいや」という声が聞こえてきそうに、鳴くのを途中でやめてしまいました(笑)。

 アブラゼミやミンミンゼミと違って単純な鳴き方ではないので、途中でやめるのは珍しいですが、セミも実は暑さが苦手と聞いてるので、残暑バテでもしてるのでしょうか。

 基本的にセミが鳴くのは求愛行動の1つであり、子孫を残すためには大事なことだと思うんですけど、途中でやめてしまって大丈夫なんでしょうか。

 って、大きなお世話ですね(笑)。

« もっともっと | トップページ | 丸い幸せ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もっともっと | トップページ | 丸い幸せ »