« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

あげたくなるぅ

  ネガティブな  イメージあるも  地元では

              可愛い悪魔に  魅了されちゃう

 毎年、主に渋谷ではハロウィンで人が集まることを、ネガティブなイメージで報道されますよね。

 ハロウィンそのものは楽しめるイベントですが、一部の輩によって、特に渋谷でのハロウィンといえば歓迎されるものではないような気がします。

 ところで、あくまでも今年はコロナのこともあり、渋谷のような狭いところに人が密集するのを避けようと自粛ムードになってますが、密にならない程度の小規模な仮装を楽しむイベントであればいいのかなと思ってます。

 そして、イベントではありませんが、スーパーへ買い物へ出かけたとき、可愛い悪魔を見かけました☆

 可愛い悪魔?・・・そう、幼い子供がちょっとした仮装をして歩いていたんです。

 ハロウィンカラーとも言える、オレンジや紫、黒が目につき、子供はよく分からずに歩いてるだけなんですが、周りから可愛いねぇと声を掛けられるとまんざらでもない笑顔を見せてるのが可愛かったです(*´∇`*)

 ニュースによると、今年はさすがに渋谷でも仮装する人の出が少ないようでひと安心です。

 このまま、きちんと決められたスペースやイベント以外で人が集まるようなムードが衰退すればいいのに・・・と思ってます。

2020年10月30日 (金)

予想通り

  北風に  吹かれた夜は  アレの出番

           そろそろ来ると  予想通りに

 これまで、朝晩が涼しくなって良かったと思ってましたが、いよいよ日中も肌寒いくらいの涼しさに変わってきました。

 ということは、朝晩の冷え込みが強くなっていて、今日は北風も少し強く吹き込んできたことで、秋を超えて冬の気配すら感じるようになりました。

 そして、そんな気配は形になって現れました。

 ・・・焼き芋屋さんという形で(笑)。

 夕食後、自分の部屋でまったりしてると、例の「い~しやぁ~き~も♪」という声が聞こえてきました。

 窓を開け、冷たい風を感じながらその声を聞くと、思わず買いたくなりますね(笑)。

 まだシーズンは始まったばかりなので、次は買おうかなと思ってます♪

2020年10月29日 (木)

2つの季節

  寒々と  した朝その後  ポカポカで

             短い時間で  服の調節

 今日、皆さんの地域では寒かったですか?それとも暖かかったですか?

 というのも、都心では朝が寒くて日中がポカポカしてたので、まるで2つの季節が1日の中にあった感じです。

 思い返せば春先もこんな感じなので、今はちょうどその真逆で秋が本格化しようとしてますから、今日みたいな2つの季節があるのは珍しいことではないのかもしれません。

 でも、いざその場に身を置くと、服の調整をこまめにする必要があります。

 と言いながら、私の場合はいつでも袖をまくってるので、それで十分だったりもします(笑)。

 お姉さまたちは朝にカーディガンを羽織り、午後は袖をまくってましたが、寒いほうには強い耐性を持ってるこねこに服の調整は必要ありませんでした(* ´艸`)

2020年10月28日 (水)

夢でも拒否

  突然の  異動命令  聞くこねこ

          いつもと違う  拒否の姿勢で

 今朝、社長さんとの打ち合わせで、私の異動の話が出ました。

 結果から言うと、実際には異動はありません。

 ではどういうことかと言えば、社長さんが今朝見た夢の話でした。

 私からすれば縁起でもない!・・・という内容ですが、それは社長さんも同じだったようです(笑)。

 でも、夢の中で異動を命じられた私は絶対拒否の構えだったそうで、普段の私からは想像もつかない姿とのことでした。

 実際にそういう話が出たらどうなるか想像もつかないですが、そのときの状況にもよるでしょうね。

 まだTくんとつき合ってて、もしくは一緒に住んでるとしたら遠方への異動だったら断るかもしれませんし。

 ただ、絶対拒否の構えと言ってたので、相当な抵抗をしてたんでしょうね(笑)。

2020年10月27日 (火)

手当て

  続いても  その心配は  親心

           母と同じく  癒しの時間

 お姉さまたちの心配は今日も続きます(笑)。

 元は言えば私が原因なので、ある程度の期間は仕方ないかなと思ってました。

 心配されるだけでも、ありがたいと思わないといけないですからね。

 で、今回は「手当て」がテーマです。
 え、看護でもされたの?と思うかもしれませんが、まぁ・・・似たようなものです(笑)。

 いつものようにお昼休みのこと。
 雑談中に一人のお姉さまが、私の背中をさすり始めました。

 あ、別に気持ち悪かったわけじゃないですよ(笑)。

 例のギックリ背中を心配してのことですが「こうやってると暖かくなってほぐれてくるんじゃない?」と言ってましたが、まさにその通りです。

 昔、どこか痛いところがあり、母がその部分をさすってくれると不思議と痛みが薄まっていくのを覚えていて、まさにそれに当てはまりますね。

 さすがに今回ばかりはいじりというより、完全に手当てですね。
 科学的に証明されてるか分かりませんが、人間の目に見えない力はホントにありますよね。

 ちなみに、ほぐれて暖かくなるのは確かですが、すでに痛みはなく、あれから再発どころか元気いっぱいなので、お姉さまたちの気持ちは嬉しいんですけど、半分はいじりも混ざってたかなと思ったりします(笑)。

2020年10月26日 (月)

保護観察

  重症と  思われがちも  軽症と

          言うもみんなで  保護と観察

 なんか物騒なタイトルですが、お姉さまたちの過剰なほどの心配を表現してみました。

 先週末にギックリ背中になり、お姉さまたちを心配させてしまったため、週明けの今日も朝から心配は続いてました。

 大丈夫なの?休んでもいいのにという声もありましたが、意外と軽症だったことを説明してもなかなか受け入れてもらえません。

 そのため、私が何かやればみんなの視線が集まり、それでも大丈夫であることを動きで証明するためにも、いつもよりは慎重にしながらいつもどおりに動きました。

 多少、過剰なところはありつつも、まさに保護と観察ですね(笑)。

 ちなみに社長さんには朝イチで状態を伝えてあるので、お姉さまたちほど過剰な心配はなかったです。

 代わりに、任せられる内容が軽めだったので、感情ではなくお仕事の面で考えてくださってたんだなと思いました。

2020年10月25日 (日)

ネイチャーパワー

  寒くても  外の空気に  触れたいと

           風に吹かれて  ベランダこねこ

 週末はおとなしくしよう期間ということで、今日もウチでじっとしてました。

 大丈夫なのになぁ・・・と思いながらも、昨日も言ったように万が一があってはいけないですし、明日からまた殺人的ラッシュ(専用車に乗りますけど)が待ってるので、大事を取らないといけませんね。

 しかし、これまた昨日と同じくウズウズしてしまうので、せめてガス抜きにとベランダで外の空気を吸うことにしました。

 あ、もちろん寒いですよ(笑)。

 でも、それは着込めば解決しますし、日差しもあったので大丈夫でした。

 ベランダに出たからといって何かするわけじゃないですが、部屋でじっとしてるよりはいいですね。

 真冬ほど冷たい風ではなく、そこそこ暖かい日差しに肌寒いくらいの風が軽く吹いてたので、私にとってはちょうど良かったです♪

2020年10月24日 (土)

静かな週末

  安静と  適度な動き  それだけの

          土曜になれば  つまらないかな

 昨日、ギックリ背中になりましたが、今日は痛みは全くありませんでした。

 息を深く吸っても大丈夫でしたし、いつものようにお散歩へ出かけても大丈夫そうでした。

 しかし、まずは整骨院で診てもらうことを優先し、その結果、安静にしながらも軽いストレッチにとどめるように言われたため、動きたいのをこらえてました。

 ウズウズしちゃうのと、お仕事のためにも体調を整えなければ・・・という心の葛藤がありました(笑)。

 ただ、万が一お散歩中に何かあっても、自ら救急車を呼ぶのも困難でしょうし、たかがギックリ背中でお世話になるのもどうかと思いますし、まずは安全第一ですね。

2020年10月23日 (金)

ギックリ

  背伸びして  物を取るとき  固まれば

             冷たい汗が  一筋垂れる

 今日の午後、資料室にてこねこはピンチを迎えていました。

 棚の上のほうにあるものを取ろうと、ちょっとだけ背伸びをしたとき、鋭い神経の違和感とともに体を動かせなくなりました。

 いわゆるギックリ腰と言われるものですが、違和感があったのが背中だったので、ギックリ背中・・・そんなのあるのか?(笑)

 と、そこへ一人のお姉さまが入ってきました。
 すぐ戻ると言って戻らないので、心配になったようです。

 しかし、そこにいたこねこを見てさらに心配させてしまいました(苦笑)。

 どうしたの!?から始まり、ほかのお姉さまたちも気づいたようで、別に2人のお姉さまたちも駆けつけてきました。

 私は呼吸するのも怖いくらい体を動かせなかったので、声も小さめでしたが現状を伝えることができました。

 すると、最初に入ってきたお姉さまが、できるところまででいいから呼吸を整えてと言い、その通りにしていくと次第に恐怖はなくなりました。

 そのお姉さまは旦那さまが以前にギックリ腰になったことがあり、その対処法を知ってたようです。

 それにしても、前に屈んだりしてなるのは聞きますが、背伸びをしようとして起こるのは初めて知りました。

 あ、実際にはギックリ腰の類ではないのかもしれませんが、私は何度もギックリ腰寸前ということを経験してるため、あと一歩乗り越えたらやらかすんだろうなという恐怖も知ってます。

 今回のがそれに近かったので、勝手にギックリ背中と名づけました。

 ちなみにその後、ある程度体を動かせるようになってからは痛みも全くなく、一応無理しないように動きをゆっくりすることを心掛けてました。

 今はもうほとんど痛みはないですが、やっぱり深呼吸しようとするとどこかで心理的に制御してしまいますね・・・。

2020年10月22日 (木)

ダイコン〇〇

  生足を  見れば食べたく  なるものに

            こねこもなぜか  巻き込む空気

 今日のお昼休み、いつもの雑談中にあるものが食べたいねという話になりました。

 しかし、なぜそれを食べたいかというワケが分かると、笑いの渦が起こりました☆

 突然、一人のお姉さまが「大根が食べたくなるね」と言い出し、ホントに突然だったので「急にどうしたの?」とほかのお姉さまに言われてました。

 すると「いや、〇〇さんの足を見てたらさ、ほら・・・ね」と暗に大根足だと言ってる感じで、含み笑いも生まれます(笑)。

 ちなみに、これも想定済みですが、私にも話は及びます。
 足ではなく、イメージ的に「ねこちゃんは、大根っていうよりマシュマロって感じよね」と言ってて、やっぱり幼児体型のイメージからそうなるよねと思いました。

 ま、私のことはいいとしても、よくよく考えると人のイメージを食べ物で連想するのって・・・どうなんでしょうね(笑)。

2020年10月21日 (水)

一日二善

  譲るため  席を立つなら  偶然に

            別の善意も  作り出すかな

 今日、偶然が重なったとはいえ、珍しいことが起きました。

 とある地下鉄に乗っていたこねこは、ドアのすぐ横の席で座っていました。

 と、次の駅で停車したときでした。
 別のドアから乗ってきたおばあちゃんが目に入ったので、席を譲ろうと立ち上がりました。

 すると、私の横のドアからは駅員さんが車内に板をかけ、電動の車いすの男性が乗りこんできました。

 そのとき、おばあちゃんの後ろにも車内を移動しようとするサラリーマンがいたので、まずはおばあちゃんに席についてもらい、その後ろのサラリーマンには軽く手で制しながら、先ほどの車いすの方が方向転換するのを待ってもらいました。

 おそらく自分が降りるとき、スムーズに降車できるように向きを変えてたんでしょうね。過去にも同じような場面に何度も遭遇してるので。

 ちなみに私は車いすの男性も、席を譲ったおばあちゃんとも面識は全くありませんが、サラリーマンの方に「お待たせしました」と車いすの向こうへ行けるように案内すると、サラリーマンの方は軽く頭を下げて何も言わずに車内を移動していきました。

 でも、車いすの男性には「ありがとう」と言われ、席を譲ったおばあちゃんはマスク越しの笑顔で、音を立てずに小さな拍手のアクションをいただきました♪

 一日一善という言葉がありますが、二善にはなったかな・・・?(*´∇`*)

2020年10月20日 (火)

いじりのきっかけ

  朝の顔  話すきっかけ  ちょうど良く

             その後の展開  予想通りに

 今朝、出勤してすぐ上着を脱いでると「何かいいことあったの?」とお姉さまに聞かれました。

 これといって思い当たることもないので「特に何もないですけど」と素直に答えました。

 しかし、すぐに昨夜の豚汁を思い出し、これまた素直にそのことを話すと「それだ」と笑顔のお姉さま。

 しまった・・・と思いましたが、時すでに遅しです(笑)。

 おいしいものを食べて、その翌日まで幸せが顔に出てるといじられましたが、お姉さまたちにとっては朝の挨拶に何か話すきっかけが欲しかったんでしょうね。

 でも、結果的にはいじりのきっかけを与えてしまいました(* ´艸`)ププ

2020年10月19日 (月)

ひんやりほっこり③

  低温と  知れば仕込みも  万全で

             冷えた体も  暖まるかな

 今日はお昼ごろから雨が降り出しました。
 予報通りだねと思いながら、そのまま午後のお仕事をして帰宅しました。

 そして夕食の準備をしてると、味噌汁の香りがするものの、もしかしたら・・・と思い、蓋を開けてみるとそこには豚汁が出来上がってました。

 母が今日の冷え込みを考えて、さらに冷たい雨の中を帰ってくる私のために、具だくさんの豚汁にしてくれました☆

 シチューや肉団子スープなど、ウチの寒いときの定番を食べたいなと思ってましたが、豚汁もその中に入ってるので嬉しかったです(*´∇`*)

 ちなみに、蓋を開けて豚汁だと分かり、嬉しそうな顔になってる私を見て「その顔だけで作った甲斐があったわ」と言われました。

 普通、食べ始めておいしそうな顔を見て・・・というなら分かりますが、その前段階で母にそう思われるんですから、見ただけでよほどおいしそうだというのが伝わったんでしょうね(笑)。

2020年10月18日 (日)

一瞬のチャンス

  衣替え  洗濯物も  出てくれば

          空の機嫌に  うまく合わせて

 昨日はずーっと雨でしたが、今日は予報よりも晴れる時間がありました。

 もっと曇りばかりで、時折雨が混じるのかなと思ってましたが、意外にも空が明るくて、これは晴れる時間もあるのではないかと思いました。

 となれば、衣替えによって出てくる洗濯物を片づけるチャンスです。

 完全に勘でしたが、もしかしたら空の明るさからして、晴れることもあるのではと思ったのが正解でした。

 長い時間晴れることはなく、1時間ほど晴れたら2時間が曇りみたいなかんじでしたけど、昨日よりはマシですね(笑)。

 だんだん気温が下がってくるこの時期、部屋干しの乾燥度合いはかなり低くなりますし、できるだけ乾いてくる外の空気で干したいですからね。

 結果として、朝に洗濯して夕方ギリギリに取り込めるくらいでしたが、一瞬のチャンスを逃さなくて良かったです♪

2020年10月17日 (土)

ひんやりほっこり②

  師走並み  寒さになるも  活かすなら

           おいしいもので  暖を取るかな

 冷えましたねぇ。
 え、顔がニヤケてるって?(笑)

 個人的に、夏が苦手なので気温が下がるほどに嬉しくなり、テンションも上がります。

 それでも、さすがに今日は冷えてるなと感じました。
 しかし、そのまま寒さとして感じるのではなく、おいしいものを食べる口実にします(笑)。

 といっても、今日は1日中雨でしたし、外食するわけじゃなく、普通にウチで鍋焼きうどんにしました。

 母も寒いときにはこれに限ると言ってましたし、私がお昼に食べようと提案したらすぐにOKが出ました☆

 急に決めたことなので、冷蔵庫にあるものをかき集めて具にしました。
 揚げや小松菜、玉子も入れて熱々の出来上がり♪

 ふぅふぅして食べ始めますが、お互いにその数が多くて笑っちゃいました(笑)。

 それだけ気温との差があるわけですが、それがおいしさを増すことにもなり、空腹が最高のスパイスとも言いますけど、今回は寒さが最高の段を取ることになりましたね(*´∇`*)

2020年10月16日 (金)

歯車

  読み取るも  否定されたら  かみ合わず

             順序立てれば  紐もほどける

 皆さん、コロナの注射ってしましたか?
 え、何言ってんの!?・・・と思いますよね。

 では、続きをご覧ください(笑)。

 今日のお昼休み、いつもの雑談中のことでした。

 一人のお姉さまが「コロナの注射やった?」と言い出し、全員が( ゚д゚)ポカンとしてると「ねこちゃんは?」と聞かれ、コロナの注射という意味が分からず、素直に「え、何の注射ですか?」と改めて聞いてみることにしました。

 しかし、そのお姉さまはやはり「コロナの注射よ」と言うので、もしかしたらコロナ関連でPCR検査のほうかな?と思い、その旨を伝えると「違う違う、コロナよ」と言い張るので、こねこは軽く困惑(笑)。

 でも、その瞬間気づきました。
 私はコロナのほうで読み取ってしまいましたが、注射といえばあれかなと思い、おそるおそる「もしかして・・・インフルエンザの予防接種のことですか?」と勇気をもって聞いてみることに。

 再び一瞬の沈黙があり、あれ?もしかしてこれも違う?と思ってると、ほかのお姉さまが全てを察したのか笑い始め、コロナの注射と言い始めたお姉さまも半分照れながら「そうそう、それそれ」と自らの非を認めて白状しました(笑)。

 今年はコロナの一年と言ってもいいくらい、その名称と感染症の恐ろしさは私たちの中に自然と染み込んでた・・・ということにしておきましょうか。

 そして、私までトンチンカンな答えを出さなくて良かったです(笑)。

2020年10月15日 (木)

ひんやりほっこり

  ひんやりな  空気になるも  こねこには

            エアコンよりも  好きな風かな

 今日は予報通り、天気は下り坂でした。

 それ自体は特に何かあるわけじゃないんですが、空気がひんやりしてきたことでこねこが喜んだというわけです(笑)。

 もともと夏以外の季節を好む私にとって、涼しければ何でもいいんですけど、エアコンの風というのは実はあまり好まなかったりします。

 夏だとほかに涼を得るものがないので仕方なく浴びてますが、できることなら自然の風がいいですね。

 そして、そんな自然の風は湿度を含んでいたものの、気温が低いのでちょうど良く感じました☆

 ちなみに「つるべ落とし」という言葉もあるように、これから12月になるまでの期間は急に気温が低くなっていくので、涼しいと思って浴びまくってると危険ですね(笑)。

2020年10月14日 (水)

ふわりふわり

  不規則に  漂うものを  要警戒

          してる姿は  不思議そのもの

 昨夜、夕食後の洗い物をしてるとき、母に恥ずかしい場面を見られました。

 といっても、人に言えないほどのことではありません(笑)。

 それは普通にお皿を洗ってるときでした。
 目の端に何かフワフワしたものが飛んでるのが見えて、手を止めて身を屈めました。

 あまりにも近かったので、虫だったら・・・と思って屈んでしまいましたが、母に「何してんの?」と笑いながら言われ、よ~く確認して見るとふわふわしたものは、洗剤から出たシャボン玉のようなものでした(笑)。

 一般的なサイズと比べて小さく、私が虫だと思って警戒したのも理解できるかと思いますが、それにしてもその姿を母に見られてたのは痛恨です(* ´艸`)

 ちなみにその出来事が面白すぎて、再び洗い物を再開したものの、思い出し笑いがこみ上げてしまいました(笑)。

2020年10月13日 (火)

ねこコップ

  突然に  命奪われ  無念でも

          違う形で  生きていくのか

 今朝、何とも不思議な夢を見ました。

 物騒な話ですが、私が街中で急に刃物で刺されて絶命するというところから始まります。

 え、絶命したらそれで終わりじゃないの?と思うかもしれませんが、そこは夢なので何でもアリです(笑)。

 私は確かに命を失いました。
 ま、実際に死んだことがないので、絶命した感覚というのは分かりませんが、それでも夢の中では死んだことになってました。

 意識を失い、真っ暗な世界になったと思ったら、少しするとパチッと目を覚まし、見慣れた景色を見ていました。

 生き返ったのか?それとも実は死んでなくて、助かったのか?・・・などと考えてると、目の前に見知らぬ白衣を着た人が立っていて、私の体の一部を改造し、1000年は生きられることを告げられました。

 1000年のところを除けば、まるで映画のロボ〇ップみたいな展開じゃないかと思ってしまいました(笑)。

 しかも、よくよく自分の体を見ると、刺されたであろう胴体の一部が機械化されてて、見えないですけど内臓も機械化されたことで1000年の命が保証されました。

 なんかいろいろとツッコミどころが多くて、夢なのにこんな人生になっちゃって・・・と思い、深いため息が出ました(笑)。

 個人的には1000年も生きられるなら、いろいろやれることもあるなぁと思いますけど、家族やTくんのことを考えると、いなくなってからも私は生き続けるわけで、その年月のほうがはるかに長いわけですし、そんな寂しさを持ったまま1000年近くも生きなければいけないのかと思って、白衣の人に「こんな体はイヤです!」と抗議しました。

 しかしその人はただ微笑むだけで、それ以上は何も答えてくれませんでした。

 そこで夢は終わってしまいました。
 当然ですが、あまりにも気味の悪い夢だったので、起きてすぐ自分の体を確認してしまいました。

 もちろんそこにあるのは、いつもどおりの幼児体型です(笑)。

 ただ、この夢は何だったんでしょうね。
 不思議だけで済まない何かを感じてしまいます・・・。

2020年10月12日 (月)

おいかける

  つまずいて  戻すバランス  崩れたら

             老いゆく様を  肌で感じる

 冒頭の言葉を見て、私が転んだのかと思われるかもしれませんが、その対象者はお姉さまです(笑)。

 お仕事中のとあるとき、自分のデスクの引き出し(足元にある)から何かを出そうとして、バランスを崩して床に転がってしまいました。

 私は一人挟んで横目で見えてたので、その一部始終で老いとはこういうところにも来るのか・・・と思ってしまいました。

 というのも、最初はそのお姉さまもイスに座りながら引き出しを開け、特にその姿勢に不安定さはありませんでした。

 しかし、引き出しの中にあるものを取ろうと重心が前に傾いたとき、イスからつんのめるような形になり、そのままでは前方にバタっと倒れてしまうため、なんとか踏ん張ろうとして踏ん張り切れず、コロコロと転がってしまったというわけです。

 私はお姉さまたちからすれば若いですが、それでも老いはやってきます。

 まだ踏ん張り切れずに転がるところまではいかないですけど、いつこういう日が来てもおかしくないですよね。

 幸いそのお姉さまは、笑いに変えることでその場を和ませてましたが、内心はきっとショックな面もあったのではないかと思ってしまいます・・・。

2020年10月11日 (日)

どんよりスッキリ

  曇りでも  どこか晴れやか  2人なら

            寒さがさらに  距離を縮める

 連休ではないものの、お誕生日お泊りということで今朝を迎えましたが、この数日で一番冷えてたかもしれません。

 2人で寝るとはいえ、さすがに毛布だけでは寒くなりそうということで、薄い掛布団をかけて寝ました。

 あ、一応言いますけど、コロナのこともあるので一緒に寝る以外の濃厚接触はしてませんので。

 と言いながら、一緒に寝てる時点で濃厚に近い接触でしょうけど(照笑)。

 でも、少し前にも今季一番に冷えたときがありましたけど、そのときは一人で寝てたので段違いの暖かさで今朝を迎えました。

 昨日までの長く降り続いた雨は上がってましたが、そのあとも晴れることなくどんよりとした空でした。

 それでもどこか心が晴れやかなのは、お泊りの効果でしょうか。
 寝起きで伸びをしてから起きようと思ったら、脇をコチョコチョされ、イチャイチャタイムに(*´∇`*)

 基本的に、暑い季節以外であればスッキリと朝を迎えられますが、2人だと天気がどうであろうとスッキリ度合いは倍増・・・いや、それ以上になりますね♪

2020年10月10日 (土)

まさかの!?

  吹き飛ばす  能力ほしいと  願うなら

             まさかの現実  笑いも混じる

 台風14号が迷走を始めました(笑)。

 Tくんのお誕生日のお祝い&お泊りは昨日の記事通り、まだ台風の影響もない朝のうちに来てくれました。

 それはそれとしていいんですが、台風の進路がどうなるかが心配でした。
 しかし、これまた昨日の記事でも触れてますけど、ふぅ~ってしたら逸れてくれないかなと思ってたら、現実になってしまいました(笑)。

 ところで、皆さんもニュースなどで台風の進路予報を見てると思いますが、Tくんがウチに着いてからテレビで予報を見てるとき、逸れそうなのが分かり、なおかつその進路の迷走ぶりを見て「まさか一周して戻ってこないよね」と彼がぼそっと言いました。

 私もなんとなく思ってたので「同じこと思ってた!」と言うと、笑いが生まれました☆

 ただ、もう1つの現実として、急激な進路変更によって伊豆諸島などに大雨による被害が出てるので、冗談で1周と言いましたけど、なんとかそのまま東のほうへ抜けてくれるといいですね。

2020年10月 9日 (金)

よりによって

  誕生日  祝うためなら  台風も

         飛ばすパワーが  欲しくなるかな

 今日はTくんのお誕生日でした。

 平日なのでメッセージくらいしか贈れませんが、この週末にまたお泊りに来てお祝いをする予定でした。

 ところが、皆さんもご存知のように台風が急激に進路を変え、太平洋側の沿岸と並行する形で向かってきてます。

 来週末に延期する形でもいいんですが、以前から決めてて、この週末の楽しみをモチベーションにしてきたので、まだ台風が来る前の朝に来てもらうことにしました(照笑)。

 Tくんは今夜でもいいけど?と言ってましたが、さすがにお仕事があった日の夜は慌ただしいので・・・。

 予報では、台風は少しずつ東海や関東地方の沿岸から離れていくように見えますが、ふぅ~っとして吹き飛ばすことができればいいんですけどね(笑)。

2020年10月 8日 (木)

カン!

  引き出しで  派手にぶつける  音立てて

               本人よりも  周りが騒ぐ

 今日の午後、静かな仕事場に「カン!」という音が響き渡りました。

 その音を出したのは・・・こねこです(笑)。

 別に静かな雰囲気を嫌って、音を出したわけじゃないですよ。
 ちょうどデスクの引き出しから事務用品の1つを取り出し、お姉さまに渡すところでした。

 渡した後、ちょっと強めにぶつけて軽く痛みを感じましたが、病院に行くとか冷やすほどではありませんでした。

 ところが、隣で聞いてたお姉さまが「大丈夫!?」と心配し、派手な音の主が私だったことに気づいたほかのお姉さまたちも心配しだしました。

 まず隣のお姉さまが私の手を取り、赤く腫れあがっていないか調べるんですが、何度も「大丈夫ですよ」といっても「腫れてからじゃ遅いんだから」と、まずは冷やすことを推し進めてきたので、仕方なく給湯室で冷蔵庫から出した保冷剤で5分ほど冷やしました。

 まさか5分で戻ってくるとは思ってなかったのか「早くない!?もっと冷やしてたほうがいいんじゃないの?」と言うんですが「いや、冷たくてそっちのほうが痛いです」と真面目に答えてしまいました(笑)。

 まぁ、それだけ心配してくださることはありがたいので、再度大丈夫であることを告げてお仕事に戻りました。

2020年10月 7日 (水)

好きな笑顔

  デザートに  アレを食べれば  無意識に

              出ちゃう笑顔は  みんな好物

 10月に入って数日が過ぎ、どんどん秋が進んでる印象があります。
 と言いながら、台風も近づいてるので要注意ですが。

 で、今日も過ごしやすい気温で、すっかり夏の暑さでグッタリしてたのも回復し、食事もおいしくいただいてます。

 そんな中、久しぶりにアレが食べたくて、お弁当の跡に冷蔵庫から取り出し、お姉さまたちが雑談してるのに紛れ込んで食べ始めました。

 すると、いじりの嗅覚が発動したのか、それとも察知能力が異常に高いのか、私がしれっとアレを食べてることに気づきました。

 ちなみに、私が食べてたのは・・・プリンです♪
 え、言わなくても分かるって?(笑)

 もう1つちなみに、プリンに限らずおいしいものを食べると私は笑顔が自然と出てしまいます。

 その特性を知ってるからか、察知した後も私が食べて、笑顔がいつ出るかを待ってる状態でした(笑)。

 期待に応えるわけではないですけど、やっぱり食べてればおいしくなって笑顔が出ますよね。

 そうなれば待ってましたとばかりに、こねこの笑顔に笑顔で見守るお姉さまたち。

 おいしい?と聞かれ、素直に「ハイ♪」と答えると大満足のようでした。
 私の笑顔でそう思っていただけるなら、毎日プリンを食べなければいけませんね(笑)。

2020年10月 6日 (火)

絵にかいたような

  静かなる  夜に響くは  派手なアレ

            音より文字が  見えてくるかな

 すっかり朝晩は涼しくなりましたが、まだ窓を開けてないと暑さを感じる時間もあります。

 と、そんな昨日の夜にベッドでストレッチをしてました。
 涼しくなるのは嬉しいですが、冷えてくると体がますます固くなり、痛みも出てきますからね。

 私の場合は腰を重点的にやってて、ちょうど整骨院の先生に教えてもらったストレッチをしてるときでした。

 ハーーックショイ!!

 再びセミの声も聞こえなくなり、静かな夜になったところで派手なクシャミの音が響き渡りました。

 もちろん私の声じゃないですよ。

 向かいのマンションの人と思われますが、普通のクシャミというより、ハクションという一般的な擬音がそのまま文字になって外に響いた感じでした。

 そう・・・音ではなく文字が飛び回る感じですね(笑)。

2020年10月 5日 (月)

臨時営業②

  蒸し暑さ  わずかに戻り  あの声も

            聞こえてくれば  臨時営業

 この週末、朝晩の涼しさは変わらないものの、日中の気温が高くなったのと湿度もあったことで、ちょっと前の季節を感じました。

 となると、人間以外にも季節の戻りを感じるものがいるわけで、その存在が声によって姿を現しました。

 ジ~~~~~~~~

 そう、アブラゼミです(笑)。

 あのセミはホントに活躍期間が長くて、6月後半くらいからニイニイゼミによって開幕しますけど、その直後からアブラゼミは鳴き出します。

 しかも、同程度の活躍期間があるミンミンゼミは朝や夕方をメインの舞台としてるのに対し、アブラゼミはその条件がないため24時間いつでも鳴いてるイメージがあります。

 それが余計に活躍期間の長さを感じますし、セミの中でも最もタフな種族というイメージもあります。

 で、10月になって一般的にはもう店じまいしたと思ってたアブラゼミですけど、昨夜かすかに鳴き声が聞こえてきました。

 最盛期と比べると10分の1くらいのわずかなものでしたが、ちょっとでも鳴ける条件があれば臨時営業するんですから、そのたくましさだけは見習いたいものです(笑)。

2020年10月 4日 (日)

よくできました☆

  信号で  止まってほしい  ママの声

            聞くより先に  自主的停止

 外出してると、いろんなところで可愛い子供を見かけます。

 さらに、信号などで先に走ってる子供に止まってほしい光景も、たまに見かけます。

 多くがなかなか母親の声を聞かずに、車道にこそ出ないものの信号の前で落ち着きなく走り回ってたりします(笑)。

 しかし今日、外出してた私がとある信号で待ってると、一人の男の子が走ってきて、後ろから母親が追いかけてきました。

 すると、母親の止まってほしい声と同時に、むしろそれよりわずかに早く男の子は私が待ってる横でピタッと足を止めました。

 それ以上走り回ることもなく、すぐに追いついた母親に「エライエライ」と頭をなでてもらうと、嬉しそうなしながらもどこかドヤ顔でした。

 しかも、そのドヤ顔を私のほうにも向けてきたため、ずっと様子を見て可愛いなぁと思ってたので、頭をなでる代わりに小さく拍手してあげると、照れたように母親にしがみついてました。

 それを見て、もっと可愛いなぁと思ってしまいました(*´∇`*)

2020年10月 3日 (土)

人林浴

  途中から  乗り込む人に  囲まれて

             電車の中も  そこは森林

 今日は土曜日ですが、通勤時と同じ路線に乗っていました。

 単にお買い物で渋谷へ行くのに乗ってただけなんですが、途中の駅から私は杉林の中に身を置くことになりました。

 え、電車の中で杉林・・・?

 ワケを話すと、途中の駅からバレーボールかバスケットボールの選手と思われる長身男性数人に囲まれたため、まるで杉林の中にいるような錯覚になったということです(笑)。

 こねこが153cmで、天井まで見上げるくらいの高さだったので、軽く190cmは超えてるものと思われます。

 Tくんが175cmで、一緒にいるときは必然的に見上げる形になり、それがうまい具合に上目遣いにも見られたりしますが(照笑)今回のは完全に顔を上に向けないと上半身しか見られない状態でした。

 どの身長の人も同じだと思いますが、自分とは違う身長から見える景色って興味がありますよね。

 2m近い身長の視界・・・今の私には想像もつかないです(笑)。

2020年10月 2日 (金)

飛ぶ

  前日の  意識が飛んだ  話題から

            別の話に  いつでも飛べる

 昨日、お姉さまたちにはご心配をおかけしました。

 今朝も、出勤してすぐ「大丈夫?」と聞かれ、私も何であんなことになったのか分かってないだけに、恐縮するばかりでした(;^_^A

 と、再びお昼休みになり、今度はしっかりお昼ご飯を食べてると「今日は大丈夫そうね」と、またまた心配させてしまいましたが「そういえばさ・・・」と、別の話を始めようとしたほかのお姉さまが言葉を詰まらせました。

 あ、これまた心配させてしまうので捕捉しますが、脳に何かあったわけではないですからね。

 単純に何を言おうとしたのか、ど忘れしたようです(笑)。

 しかし、そのときの言葉に詰まった様子が、昨日の私のフリーズを思い出してしまったようです。

 なので、昨日は意識が飛び、今日は言葉が飛び、明日は・・・土曜日だ(笑)。

 来週の月曜日にまた何か起こるのでしょうか(* ´艸`)

2020年10月 1日 (木)

フリーズ

  どことなく  聞こえる声も  気づかずに

              固まるこねこ  心配されて

 今日から10月になり、涼しさに歓喜、歓喜・・・となるところでしたが、お昼休みにちょっとしたことがありました。

 まだ食事中にもかかわらず、私は動きが完全に止まってしまい、一点を見つめたままになりました。

 周りのお姉さまたちも、最初は食べる手をちょっと止めたくらいに思ってませんでしたが、その後も全く動かないのを不審に思い、いろいろ声をかけてたようです。

 というのも、私はなんとなく聞こえてはいるんですが、未だに謎のフリーズ状態のときはその声もどこかうっすらとしか聞こえなくて、ますます心配になるお姉さまたちをよそに、フリーズ空間に漂ってました。

 今も言いましたが、今でも謎です。
 あの時間は何だったのか。単に疲れから来るものなのか。

 ちなみに、少し大きめの声と体を揺さぶられたことで、ようやく現実世界へ戻りました(笑)。

 あと、フリーズしてた時間がどのくらいか分かりませんが、私の感覚では物事を深く考えるときのちょっとした時間・・・くらいにしか思えませんでしたが、慌てて心配するお姉さまたちの様子を後から聞く限り、結構な時間止まってたんでしょうね。

 ホントに何なんでしょうね。
 状況的には疲れだったり、夏のダメージの反動みたいに思えますが、今までにないことだったのでこのままあちらの世界へ引きずり込まれるのかな、なんてことも思ったり(-_-;)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »