« ダイコン〇〇 | トップページ | 静かな週末 »

2020年10月23日 (金)

ギックリ

  背伸びして  物を取るとき  固まれば

             冷たい汗が  一筋垂れる

 今日の午後、資料室にてこねこはピンチを迎えていました。

 棚の上のほうにあるものを取ろうと、ちょっとだけ背伸びをしたとき、鋭い神経の違和感とともに体を動かせなくなりました。

 いわゆるギックリ腰と言われるものですが、違和感があったのが背中だったので、ギックリ背中・・・そんなのあるのか?(笑)

 と、そこへ一人のお姉さまが入ってきました。
 すぐ戻ると言って戻らないので、心配になったようです。

 しかし、そこにいたこねこを見てさらに心配させてしまいました(苦笑)。

 どうしたの!?から始まり、ほかのお姉さまたちも気づいたようで、別に2人のお姉さまたちも駆けつけてきました。

 私は呼吸するのも怖いくらい体を動かせなかったので、声も小さめでしたが現状を伝えることができました。

 すると、最初に入ってきたお姉さまが、できるところまででいいから呼吸を整えてと言い、その通りにしていくと次第に恐怖はなくなりました。

 そのお姉さまは旦那さまが以前にギックリ腰になったことがあり、その対処法を知ってたようです。

 それにしても、前に屈んだりしてなるのは聞きますが、背伸びをしようとして起こるのは初めて知りました。

 あ、実際にはギックリ腰の類ではないのかもしれませんが、私は何度もギックリ腰寸前ということを経験してるため、あと一歩乗り越えたらやらかすんだろうなという恐怖も知ってます。

 今回のがそれに近かったので、勝手にギックリ背中と名づけました。

 ちなみにその後、ある程度体を動かせるようになってからは痛みも全くなく、一応無理しないように動きをゆっくりすることを心掛けてました。

 今はもうほとんど痛みはないですが、やっぱり深呼吸しようとするとどこかで心理的に制御してしまいますね・・・。

« ダイコン〇〇 | トップページ | 静かな週末 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイコン〇〇 | トップページ | 静かな週末 »