« 保護観察 | トップページ | 夢でも拒否 »

2020年10月27日 (火)

手当て

  続いても  その心配は  親心

           母と同じく  癒しの時間

 お姉さまたちの心配は今日も続きます(笑)。

 元は言えば私が原因なので、ある程度の期間は仕方ないかなと思ってました。

 心配されるだけでも、ありがたいと思わないといけないですからね。

 で、今回は「手当て」がテーマです。
 え、看護でもされたの?と思うかもしれませんが、まぁ・・・似たようなものです(笑)。

 いつものようにお昼休みのこと。
 雑談中に一人のお姉さまが、私の背中をさすり始めました。

 あ、別に気持ち悪かったわけじゃないですよ(笑)。

 例のギックリ背中を心配してのことですが「こうやってると暖かくなってほぐれてくるんじゃない?」と言ってましたが、まさにその通りです。

 昔、どこか痛いところがあり、母がその部分をさすってくれると不思議と痛みが薄まっていくのを覚えていて、まさにそれに当てはまりますね。

 さすがに今回ばかりはいじりというより、完全に手当てですね。
 科学的に証明されてるか分かりませんが、人間の目に見えない力はホントにありますよね。

 ちなみに、ほぐれて暖かくなるのは確かですが、すでに痛みはなく、あれから再発どころか元気いっぱいなので、お姉さまたちの気持ちは嬉しいんですけど、半分はいじりも混ざってたかなと思ったりします(笑)。

« 保護観察 | トップページ | 夢でも拒否 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保護観察 | トップページ | 夢でも拒否 »