« マルコ談義 | トップページ | 違いは何? »

2020年12月14日 (月)

来年こそは

  一文字で  表す世相  この一年

            予想当たるも  どこか複雑

 今日は、今年一年の世相を表す漢字の発表がありました。

 毎年、京都の清水寺で行なわれてますが、今年はニュースで知るまでは全く意識してませんでした。それだけコロナ関連で気をつけることが多く、気にしてる余裕がなかった・・・ということでしょうか。

 しかし、いざその日だと知るとニュースで漢字が発表される前のわずかな時間で、ちょこっと予想してみました。

 まず今年がどんな年だったかを考えますが、そんなの誰に聞いてもコロナのことしか思い浮かばないくらいですよね。

 かといって、コロナでは漢字一文字にならないので、それに関連するものとしてまず浮かんだのは「密」でした。

 先に発表されてた流行語のほうでも出てましたし、コロナ関連としては代表的な字ですよね。

 次に浮かんだのが「禍」で、その次が「病」でした。
 後者は説明するまでもないですが、前者も「コロナ禍」という言葉がよく使われてたので、密じゃなければ禍かな?と思いました。

 と、そんなことを考えてるとテレビの画面では「密」が描かれていて、やっぱりそうだったかと思いました。

 短時間での予想でも当たるくらいですから、それだけ今年はコロナの一年だったということでもありますね。

 で、普通なら予想が当たれば多少なりとも嬉しくなりますけど、今年はそんな気分になれません(苦笑)。

 それでも、暗い世相ばかり続くわけではないので、来年は好転して明るい年にしたいですね。

« マルコ談義 | トップページ | 違いは何? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルコ談義 | トップページ | 違いは何? »