« いつでも | トップページ | 着る人による »

2021年3月21日 (日)

持ちこたえて

  目前に  控え嵐の  洗礼も

          満開までの  道のりになる

 今朝、目が覚めてすぐ聞こえてきたのは、激しい雨音でした。

 予報でそうなることは知ってたものの、前日の穏やかな曇り空からは考えられないほどの荒天になりました。

 一時的に弱まることはあっても、気づけば再びザァーっという雨音が聞こえました。

 そうなると心配なのは、満開もしくはそれに向かっている桜たちです。
 明日になってみないと分かりませんが、なんとか持ちこたえてほしいなと思ってます。

 桜は儚いイメージがありますけど、咲くまでのプロセスは自然の強さを感じさせるものがあり、全ての桜が無事とは言えないものの、この嵐を乗り越えて人々の目を楽しませてほしいですね。

 昨年に続いて大人数でのお花見ができないので、せめて個人的にお花見できるくらいは残っててくれたら、なんてね(笑)。

« いつでも | トップページ | 着る人による »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いつでも | トップページ | 着る人による »