« アレとアレがアレして | トップページ | 顔に出る »

2021年9月14日 (火)

夢中

  おじさんと  作業見つめる  女の子

              愛にあふれる  優しい時間

 今日は久しぶりに外出のお仕事がありました。

 お昼前に出かけて、昼食に間に合うように戻る途中の出来事です。

 電車で移動していて、とある駅で乗り換えをしました。
 そのとき、駅構内の一部で清掃が行なわれていて、一人のおじさんが作業をしていました。

 すると、私とは反対側から歩いてきた女の子(3歳くらい)が、その作業をじーっと見つめていました。

 もちろん女の子は一人ではなく、少し離れて母親が「行くよ~」と声をかけていました。

 しかし、何が夢中にさせるのか分かりませんが、その女の子は引き続き見つめていました。

 ちなみに清掃のおじさんはモップをかけていたんですが、拭き取るのにモップを左右に振ってる様子に釘付けのようでした。

 私からすれば何が面白いんだろうと思いますが、子供にしか分からない感覚ってありますからね(笑)。

 その後、おじさんも気づいたようで、女の子の目線に合わせるようにしゃがんで、母親のほうを指差して何やら話しかけてました。

 きっと「お母さんが待ってるよ?」とでも言ってたのでしょうか。

 そして、ようやく母親のほうへ走り出していきましたが、途中で振り返るとおじさんが小さく手を振っていて、それがまた子供心に何か嬉しかったのか、また走り出して母親に抱きついてました。

 ちなみに母親もその様子をずっと見ていたようで、おじさんに向かって軽く会釈して、そのおじさんも被っていた帽子に手を当てて挨拶を交わしていました。

 いいですねぇ、こういうの。
 可愛さもありながら、おじさんの優しさも見られて、こねこも大満足でした♪

« アレとアレがアレして | トップページ | 顔に出る »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アレとアレがアレして | トップページ | 顔に出る »