« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月31日 (水)

あったっけ

  ニュアンスが  少し変われば  意味合いも

                   変わる言葉で  笑いに変わる

 今日は昨日よりさらに暖かさを感じました。

 気温自体は大きく上がったわけではなく、昨日と比べて1℃くらいしか違わないんですが、おそらく南風が吹いてたのではないでしょうか。

 同じ気温でも風の向きで体で感じる気温は変わりますからね。

 と、ここまで「変わる」ということにスポットを当てましたが、もう1つ変わったことがありました。

 それは・・・言葉です。

 今日は在宅だったので母と朝食をとったあと、私が洗い物をして母が洗濯機を回し始めました。

 私は洗い物が終わったらそのままお仕事に・・・と自分の部屋に向かいました。

 その後、お昼ごろになってどんどん寒さが緩んできて、今度はお昼ご飯を作ろうとしたとき、不意に思い出したことがあったので母に聞くことに。

 冷蔵庫にあるはずの食材のことで「〇〇あったっけ?」と聞いたんですが、母はどう聞こえたのか分かりませんが「暖かいねぇ」と返してきました。

 2人の間にわずかな時間「???」という空気が流れました。

 私はそんなに難しいこと聞いたかな?と思いましたし、何よりも食材のことを聞いて暖かいねと返されたので、全くの予想外過ぎる答えで固まってしまいました。

 おそらくは母「あったっけ?」と聞いた私の言葉を「あったけぇ(暖けぇ)」というニュアンスで受け取ってしまったんだと思います。

 そうじゃないとあの返しにはならないですから(笑)。

 すぐにお互いの「???」を解くべく話を進めましたが、完全に聞き間違い(勝手に変換?)したのは母のほうなので、自分でもなんでそう思ったんだろうと大笑いしてました。

 最初は会話が成り立ってませんでしたが、結果としてはお互いの言うことは分かりましたし、何よりもゼロから笑いが生まれたので良しとします(* ´艸`)

2024年1月30日 (火)

おばぁとわんこ

  暗くても  分かる笑顔の  その先に

                 鼻息荒く  喜ぶ姿

 なんか怪しい始まり方をしてますが、可愛く終わるので安心してください(笑)。

 今日、お仕事からの帰り道で駅から自転車を走らせ、途中のコンビニで買うものがあったので停めました。

 そして買い終わって外に出ると、なにやらしゃがみ込んでるおばあちゃんが・・・。

 しかも、よく聞くとハァハァという息遣いまで聞こえてきたので、これはただごとではないと心配になりました。

 ところが、なぜかしゃがみ込んでるおばあちゃんは嬉しそうな声を上げ、目の前にいるとあるものをなでていました。

 ・・・わんこです♪

 さらによく見るとわんこの飼い主さんも小柄なおばあちゃんで、しばらく存在に気づきませんでした(笑)。

 帰宅時間はすっかり暗くなってましたが、コンビニからの明かりもあって少しだけその様子を見ることが可能だったわけです。

 しゃがみ込んでるおばあちゃんは、わんこと視線を合わせたくてそうしたんでしょうけど、わんちゃんのほうはそれがよほど嬉しかったのか、鼻息がさらに激しくなり、これまた暗くても分かるくらいしっぽぶんぶんでした(*´∇`*)

 そのうち、おばあちゃんも寝転がって一緒に遊んでしまうんじゃないかと思うほどでしたが、できれば私も混ざりたかったです♪

2024年1月29日 (月)

ぽ・・・か?

  わずかでも  上がる気温に  よぎる春

                  肌と鼻にて  感じだすかな

 1月も終わりに差し掛かって、節分も迫ってます。
 つまり冬から春への節目ということですね。

 現実には真冬の洗礼が毎日のように訪れてるわけで、きっと節分の日を過ぎても春なんて感じないんだろうな・・・と思ってました。

 ところが今日は気温が少し上がったことで、じっとしてたら凍ってしまうほどの寒さからちょっとだけ解放された感覚になりました。

 北風が落ち着いたことも大きいでしょうね。
 冬はとにかく風が吹くだけで体感気温が5℃くらい変わってきますから。

 というか毎年思うことですが、この冷たい風を夏まで取っておきたいと妄想してしまいます(笑)。

2024年1月28日 (日)

速動

  わずかでも  感じる揺れに  すぐ反応

                  備えがあれば  常に動ける

 今朝、震度4の地震がありました。

 震源は東京湾だったので、頻繁に起こらないもののたまに大きめの地震になるのが特徴です。

 元旦に起きた能登半島地震もあったので、わずかに揺れを感じた瞬間すぐに反応してました。

 幸いウチのほうでは震度4寄りの3だった感じなので、被害という被害は何もなかったんですが、日曜の朝が緊迫したのは確かです。

 日本に住んでる以上、地震が起こらないことを祈るのは現実的に無理なので、24時間いついかなるときでも起こると想定した備えが大切になってきます。

 起きてから何かするのではなく、起こる前からできることを・・・。

2024年1月27日 (土)

夢の舞台

  唐突に  受け取るこねこ  招待状

                 晴れの舞台は  夢の領域

 やりましたよ。
 ついに夢の舞台へデビューです。

 ・・・文字通り「夢」の舞台ですが(笑)。

 最初にオチを言っておかないと今回の話は成り立たないので・・・。

 で、その夢の舞台というものですが、とあるブランドからの招待状でファッションショーにデビューで、こんなちんちくりんな私がまさかのまさかですよ。

 ちなみにその招待状はウチのドアのポストに入ってて、夢だからの設定なんですけど、普通に受け取って連絡を取り、舞台へ上がるという流れでした。

 現実だったらそんな怪しいものに手を出さないんですが(笑)。

 舞台へ上がるまでのプロセスは何もなく、次の場面ではもう煌びやかなステージに立つこねこ。

 いよいよスポットライトを浴びて・・・というところで照明は消え、次に明るくなったら目が覚めました。

 なぁ~んだという思いと、夢で良かったという思いが交錯しました。
 だって、現実にはちっこいこねこがステージで映えるはずもなく、ただのお子ちゃまショーになりかねないですからね(* ´艸`)

2024年1月26日 (金)

一家

  寒くても  食べたいものを  選んだら

                  そこはたちまち  南国と化す

 今、スーパーでもコンビニでも、季節のものはもちろん旬じゃないものでも簡単に買うことができます。

 で、今日は出勤してお昼休みになったので、お姉さまたちは暖かいおでんを買いたいということで、私も含めてコンビニへ行くことに。

 私も初めは同じようにおでんを買おうと思ってましたが、もう1つ目に入ったものを買いました。

 ・・・バナナです♪

 真冬に?と思われるかもしれませんが、目に入って食べたくなったので仕方ありません(笑)。

 私がバナナを買ったのを知らなかったお姉さまたちは、お昼ご飯を食べたときに気づきました。

 素直に食べたかったから買ったことを告げると「なんか、バナナを食べたくなるってお猿さんみたいだね」と言ったことから、本日の笑いのピークへ向かい始めました(笑)。

 最初は私とお猿さんのイメージがないので、そこまでいじりにつながることもなかったんですが、そのうち「でもさ、バナナの匂いって落ち着くよね」と言うお姉さま。

 落ち着く?と思いましたが、なんとなく言わんとすることは分かりました。

 独特の甘い香りですが、どこか南国をイメージするトロピカルな雰囲気に包まれますからね。マンゴーなんかあればもっといいかもしれません。

 で、初めは私と同じように気持ちは分かるという雰囲気だったのが、一人のお姉さまが妄想を働かせたのか、笑いをこらえる仕草を見せました。

 そして、別のお姉さまが理由を聞くと「なんかさ、私たちがお猿さんの一家になったのを想像しちゃって」と言い、続けて「ねこちゃんが採ってきて一家のみんなにおすそ分けしてるのも想像しちゃって」と言って、ついには普通に笑ってました(笑)。

 私も妄想することはありますが、バナナ1つでこの展開は想定外でした。

 でも、人それぞれ性格があるように、妄想にも人それぞれがあるんでしょうね(*´∇`*)

 

2024年1月25日 (木)

謎の〇〇

  身に覚え  何もなくても  見られたら

                 腕を取られて  分析会議

 痛くもかゆくもありません・・・て言うと、何かやらかしたのか?と思われそうですが、そうではありません。

 でも、文字通り痛くもなければかゆくもないんです。

 これだけじゃなんのこっちゃなので、きちんと説明していきます。

 お仕事をしてるとき私は袖をまくってることが多くて、寒い冬でも仕事場ではエアコンが効いてるのでまくってます。

 で、お昼になってお弁当を食べてると一人のお姉さまが「ねこちゃん、どうしたのそれ!?」と言って、箸を持ってる私の腕を引っ張りました。

 なんだなんだ?と思いながらも、箸を落とさなかった自分を褒めたいです(笑)。

 そのときになって私も初めて分かりましたが、右腕の内側、手首から肘の中間あたりに直径3cmくらいのアザができていました。

 ここで冒頭の言葉につながるんですが、指摘されるまで分からなかったので痛くもなければかゆくもないんです。

 しかし、そんな本人の思いをよそにお姉さまたちの中では大ごとになっていました。

 痛くないの?なんでこんなことに?から始まり、痛くないことを伝えると今度はどこでぶつけただの、誰かに殴られたんじゃないか?などと、もう私の手の届かないところで分析会議が始まりだしました(笑)。

 ちなみに、本人が分からないんだから・・・ということで謎のままで終わりましたが、一番知りたいのは私です(* ´艸`)

2024年1月24日 (水)

寒いけどホッコリ

  極寒の  朝を迎えて  冷えるねこ

               夕暮れ見れば  暖まるかな

 久しぶりに極寒の朝となりました。

 というより、昨夜の段階からこれは明日の朝は相当寒くなるぞという空気が流れ始めてたので、寝るときもしっかりと暖かい格好をしてました。

 それでもです。
 今朝、目が覚めて最初に思ったのは・・・さむっ!(笑)

 冬なので寒いのは当たり前なんですけど、それにしてもの寒さで予報通りになったなと思いました。

 で、その後は在宅勤務の準備をして、夕方まで来てそろそろ終わろうとする頃、ちょっとだけ換気でもしようと窓を開けました。

 網戸にしてすぐ戻るつもりでしたが、外の景色を見た瞬間そのまま空を見続けました。

 一部では雲も広がってたものの、綺麗な夕暮れが広がっていて、空気は冷たいものの心は暖まりました。

 ・・・ま、1分もしないうちに部屋に戻ったんですけどね(* ´艸`)

2024年1月23日 (火)

イメージ

  きな粉餅  おしるこ食べた  話にて

                  誤解したまま  進むイメージ

 いろんなスイーツがある中で、私はすぐに買えたり気軽に食べられるという理由でプリンが好きだと以前から言ってます。

 で、今日は出勤だったので仕事場で雑談をしてましたが、私が母とお餅を食べた話をしました。

 最初は普通に話を聞いてて「おいしそ~」などと言ってたお姉さまたちですが、ふと話が途切れた瞬間「でもさ、ねこちゃんってプリンしか食べないのかと思ってた」と言い出す一人のお姉さま。

 確かに公言するほどですから、プリンのイメージがあるのは分かりますが、だからってそれだけしか食べないなんてことはありません(笑)。

 しかも、プリンに負けないくらいお餅が好きなのもずっと言ってるんですけど、なんでそんな強いイメージがついたんでしょうね。

 というか、さすがに冬は寒いのでプリンの頻度は減りますし、そこまで特化したイメージがあるって私はよほどこだわりがあるか偏食かってことになりますね(笑)。

2024年1月22日 (月)

まぼろし~

  週末の  雪の空振り  雑談で

               話題になれば  笑いはヒット

 先週の土曜日。
 雪の予報もチラッとありながら、結局は雨のまま終わりました。

 天気は自然相手なのでそういうこともあるよね・・・で話は終わると思いますが、仕事場のお姉さまたちはそうではありません(笑)。

 今日のお昼のリモート雑談で、そのときのことが話に出ました。

 そして、雪といえばこねこと認識されてるくらいなので、私にも話は振られました。

 もちろん降らなかったことは残念ですが、先ほども言ったようにこればかりは仕方ないことなので・・・と言いました。

 ホントにそう思ってるので素直な気持ちを言ったんですけど、一人のお姉さまが「ねこちゃん残念だったねぇ」と言ったあと唐突に「雪はまぼろし~」と誰かさんのものまねを始めました(笑)。

 一瞬何が起こったのかとみんな固まりましたが、すぐに爆笑に包まれました♪

 あとで、ほかのお姉さまがなんでそんなこと言い出したのか聞いたら「だってねこちゃんが雪の空振りで悲しんでるだろうと思って、元気づけようかなって」と言ってましたが、確かに降らなかったことは残念ですけどそんなに悲しんでもいなければ、いつまでも引きずってもいないんですけっどね(* ´艸`)

2024年1月21日 (日)

もちパ

  お雑煮の  話が出れば  忘れじと

                甘いほうにも  お手手が伸びる

 今年に入って、お雑煮の話を2回しました。

 1つは自分の、2つ目は体調が回復したお姉さまの話です。

 で、ここまで来てなんか忘れてるなと思ったら、きな粉餅とおしるこを食べてないことに気づきました。

 そんなこと!?と思うかもしれませんが、私にとっては重要なことです(笑)。

 母に言うと、そういえばそうだねとなり、あっさりと作ることを承諾。

 このとき、どっちを食べるか話しましたが「そんなの2つ食べればいいじゃない」という母の言葉で全て解決(笑)。

 どちらかといえばきな粉餅に重点を置いてたので、きな粉2つおしるこ1つのお餅の割合にしましたが、3:2でも良かったかなと思ったり(*´∇`*)エヘヘ

 ただ、あまり食べすぎて、バレンタインあたりで会うであろうTくんに誰?と思われないにしないと(* ´艸`)

2024年1月20日 (土)

答え合わせ

  様々な  予報を見れば  雪の期待

                しながら待てば  行き着く答え

 ちょうど一週間前でしょうか。
 期待半分、諦め半分だったところで降った初雪。

 あれから日が経ち、今日は再び雪の予報が出ました。

 しかも大雪になる目安とされる南岸低気圧も通りかかるという、条件的には先週とは違って期待が大きい予報になってたため、朝からどんどん寒さが増しながらも個人的な心情としてはホットでした(笑)。

 予報では夕方から夜にかけて、雨にしても雪にしても激しさが増すとなっていましたが・・・結果として雪は降らず、雨ももっと嵐のようになるかと思いましたが、普通の雨でした。

 それでもこちらでは冬に雨が降ることが珍しいくらいなので、各地で家事も相次いでますし、普通の雨でも乾燥を軽減させるにはいいのかもしれません。

2024年1月19日 (金)

ゾーニング②

  回復の  朝に食べたら  取り戻す

                元気いっぱい  笑顔満点

 今日のリモート雑談にて、少し体調不良で休んでいたお姉さまが復帰しました。

 私は在宅の日なので自宅からでしたが、画面を通して元気になったのを見て嬉しくなりました。

 と、そんな雑談ですが、話の中でそのお姉さまが朝にお雑煮を食べてきたと言ってて、私も先日同じことをしたのでお伝えすると「ねこちゃんと同じこと下から元気になった」と喜んでました。

 ま、理由が後付けですが、私は素直にお礼を言いました(笑)。

 そのお姉さまは私が先日の朝食でお雑煮を食べたことは知らないので、今回は全くの偶然になりますけど、喜んでもらえたので良かったです♪

2024年1月18日 (木)

ガタイ

  抜け出せず  困る様子を  見たこねこ

                 軽く助けて  軽く疑い

 今日のお仕事の帰り、駅前にある駐輪場から自分の自転車を出そうとしてると、近くでなにやら困ってるおばちゃんがいました。

 声をかけると、どうやら自転車を固定するラックのあたりに車輪が引っかかってたようで、抜け出せずに苦労してるようでした。

 そのまま去ることはできないので(笑)どれどれ・・・と引っかかってる部分を観察してから、ヒョイっと持ち上げて抜け出すことに成功。

 あまりにも簡単にできたことで、お互いに違う意味で「???」という空気が流れました。

 向こうにすれば、もしかして怪力の持ち主?と思ってたかもしれないですし、私からすればちょっと違う角度から出しただけに過ぎないので、こんな簡単にできちゃったけど・・・という2つの思いが交錯しました(笑)。

 ちなみになんでこんな考察になったかといえば、実際にその人からお礼を言われたあと「あの、何かやられてるんですか?」と聞かれ、たぶんこの人は力づくでやったのかと推察したので、ちょっと角度を変えたことを素直に伝えました。

 そのまま別れましたが、あの人はこんなちっこくてちんちくりんな私を見て、何かのアスリートもしくはボディビルでもやってる人だと思われたのでしょうか(笑)。

2024年1月17日 (水)

ともに

  どこにでも  起こる災害  これからも

                 長く続くと  覚悟固める

 日本は自然豊かでありながら、世界的な先進国の1つでもあります。

 しかし、どうしても避けられない運命というか、何事も素晴らしいことばかりではないのが自然災害の多さです。

 ほかの国でも大雪や干ばつ、ハリケーンなどなど、日本より規模の大きな災害が起こることもありますけど、日本の場合は広くはない国土の中に様々な自然環境があるだけに、それに応じた災害も起きやすいです。また、最大の災害となるのがやはり地震ではないでしょうか。

 ここ30年でも見ても、インパクトの大きかった阪神淡路大震災に始まり、東日本大震災や熊本地震、そして今回の能登半島地震まで見ても、これだけの年数で最大震度の7クラスの大地震が起こってるのは、世界的に見ても珍しいことだと思います。

 今日は阪神淡路大震災から29年目。
 おそらく能登半島地震も同じように語り継がれていくことだと思います。

 まだ復興もままならない状態ですが、私たちは普段の生活を送りながらも被災者に心を寄せて、共に未来へ向かっていければ・・・と祈るばかりです。

2024年1月16日 (火)

熱くて暑い

  冷たさに  北風吹いて  倍加する

                寒い朝でも  熱い抱擁

 朝から抱擁?
 Tくんと・・・ではないです(笑)。

 今日は、というか昨夜からそうでしたが、とにかく冷えに冷えて最低気温が0℃にまで下がりました。

 そのためマフラーを巻き、手袋をつけての出勤になりました。

 すると仕事場に着いてすぐ、モコモコな私を見て「あ、来たよ!人間湯たんぽ!」と言って私に抱きつくお姉さまたち。

 最寄駅から少しだけ歩いてくるので、正直言って少しだけ体は暖まってたので、お姉さまたちの熱い抱擁は暑かったです(笑)。

 それにしても今日は一日を通して寒かったです。
 最低気温は先ほど言ったように0℃でしたが、最高でも7℃くらいまでしか上がらず、さすがに1月の寒さは格が違うなと思いました。

2024年1月15日 (月)

開け閉め

  寒くても  換気大事と  開ける窓

                切り裂く寒気  閉める理由に

 さぁ、今日から新たな週でお仕事も頑張るぞ!・・・と意気込んだ朝。

 寒さは相変わらずで、在宅勤務の日だと出勤で動くこともないため、起きたときの寒さが続いてしまいます。

 私は暖房の電気代を節約するため、毛布などを腰から下に掛けてデスクに向かっています。

 それはそれで自分の体温が循環するので暖まるんですが、同時に閉め切りの部屋だと空気も澱んできて頭が痛くなるので、時々換気のために窓を少し開けて網戸にしてます。

 今日もそうしようと思い、お仕事の合間に窓を開けましたが・・・・・・あまりの寒さに5分で再び閉めてしまいました(笑)。

 かといってそのままではまた頭が痛くなるので、今日はいつもより窓の開け閉めが多かった気がします。

 もちろん閉めてる時間のほうが長いんですけど、皮肉なことに何度も開け閉めのために行き来してると、それだけでも寒さが少し和らぐような気がしました。

 まぁ、気のせいなんでしょうけど(笑)。

2024年1月14日 (日)

夢のあと

  初雪の  名残り惜しくも  現実は

                 寒さ厳しく  目も覚めるかな

 昨日の初雪は短時間だったこともあって、まるで夢のような儚さもありました。

 もしかしたら今シーズンはこれが最後の雪になるかもしれないですが、そんな夢のようだったものも今朝は現実を突きつけられることに。

 目が覚めた私は雪の余韻を求めて窓を開けたものの、さすがにあのあと晴れた夜空に変わっていたため、積もってもいない雪の痕跡を見つけるのは無理ってもんです(笑)。

 そして、そんな私に厳しい現実が待ってました。
 そう・・・放射冷却による極寒の冷気が差し込んできて、ベッドへ逆戻りすることに。

 しかし、一度目が覚めた+冷気による刺激で、二度寝するような感覚にはならなくなりました。

 夢から覚めた瞬間でもありますね(笑)。

2024年1月13日 (土)

信じれば

  短くも  初雪降れば  寒さなど

               吹き飛ぶほどに  上がるテンション

 やはり信じるものですね。

 え、何を?(笑)

 今日は天気予報で午後から下り坂とは聞いてましたが、せいぜいちょろっと雨が降って終わりだろうと初めは思ってました。

 乾ききった空気を湿らすほどの雨さえ降らない・・・なんて思ってたら予報が急転、今度は初雪の可能性に言及してるのを聞いて、とたんに目を輝かせるこねこ(笑)。

 それでも、まさかねぇ・・・という思いが頭をよぎりましたが、そもそも雪の予報が出ること自体が珍しいので、ここは信じてみることにしました。

 といっても、雪が降ったから何かあるわけじゃないので、ただ初雪を信じるのみでした。

 そうこうしてると予報通り、夕方近くになって急に強い風が吹き荒れたかと思ったら、そのうち激しい雷光を伴った雨が降りました。

 日本海側だと普通らしいですが、太平洋側、特に関東では冬に雷を伴う雨というのが珍しいので、初雪以上に貴重な天気だったかもしれません。

 で、雷光が弱まったかと思ったら、叩きつける雨の音も弱まってきました。

 あれ?もしかしてこれはやっちまったか?と思いましたが、やはり信じるものです。窓を開けてみると・・・みぞれまじりの雪が舞っていました。

 その後、すぐにみぞれから雨に変わって短い夢の時間は過ぎました。

 ちなみに夢から覚めたのは、自分のクシャミに気づいたからです(笑)。

2024年1月12日 (金)

季節感喪失

  極寒と  昼間の気温  差があれば

               冬と春先  行き来する日に

 今朝の都心の最低気温は0,1℃だったそうです。

 ・・・もう0℃でいいじゃん(笑)。

 そんな寒い朝は1月なので仕方ないことですが、昼間には14℃となればその差はそのまま14℃なので、差すような空気が少し和らいだ感じがしました。

 1月の気温のイメージは一ケタがほとんどで、たまに10℃を超すような感じでしたが、それが4℃近くも上なら暖かく感じますし、朝の0℃からの差ですから季節感も変わってきますね。

 といっても、夏と秋のような暑さと涼しさという分かりやすい差ではなく、今日の昼間のようなほんのりと暖かさを感じるという、ちょっとしたことなんですよね。

 でも、そう思ってしまうのには理由があり、ほかの地域も似てるかもしれませんが、首都圏の冬はシーズンを通して安定した天気が続き、雪が降らない年だと冬=晴れのまま春になることも多いので、ほんのちょっとした変化も季節感が変わった感覚になってしまうんです。

 個人的には雪が好きなので、1シーズンに1回でもいいから降ってくれないかなと思ってます。

 あ、できれば3回くらい・・・(笑)。

2024年1月11日 (木)

派生型

  掛け声に  個性出始め  派生して

                あちらこちらで  聞かれるように

 昨年、私が荷物を持ち上げるときの「ほっ!」がお姉さまたちの間で流行りました。

 というか、今でもまだ流行り中です(笑)。

 そんな掛け声ですが、だいぶ経った今ではなぜか派生型も出てきて、社長さんはもちろん男性社員さんたちも「しゃっ!」とか「はっ!」という声を聞くようになりました。

 私は全く気にしてなかったんですが、なぜかお姉さまたちのほうが反応したようで、私に逐一教えてくれました。〇〇さんがこんな声出してるよ・・・みたいな(笑)。

 正直、心の中ではどうでも良かったんですが、明らかに私の声がきっかけになってるだけに、あまりにも聞かされてるとだんだんと気になるのと同時に、自分が発する声に躊躇も生まれてしまいます。

 単なる考えすぎなんですけど、こういうのってありませんか?
 自分では気にしないのに、周りから言われ続けると気にしてしまい、それまで自然とやってたことがやりづらくなるってこと。

 ま、意識するとホントにおかしな方向に行ってしまうので、気になりつつも今まで通り「ほっ!」でいこうと思います♪

2024年1月10日 (水)

ゾーニング

  年始なら  10日経てども  アレの出番

                 朝から食べて  お腹満足

 今朝も冷えて、慣れはしたものの寒いことに変わりません。

 そこで朝食にしたのが・・・お雑煮です♪

 お正月はあまりそういう気分じゃなくて、今日が初のお雑煮になります。

 ところでタイトルのゾーニングがなんとなく引っ掛かりませんか?

 というか、もうここまで来たら分かりそうなものですね。

 そう、お雑煮の朝食(ぞうに+モーニング)を合わせた造語です。

 あまりお仕事の日の朝にお雑煮を食べることはないですが、今日は在宅の日なのでできたことですね。

 なので、朝の寒さはどこへやら。
 お餅2コ入れたお雑煮を食べて、しっかりエネルギーを補給した状態で朝からお仕事に臨めました(*´∇`*)

2024年1月 9日 (火)

バチバチ②

  またしても  バチバチすれば  ネタになり

                    別の争い  なぜか始まる

 バチバチ・・・はい、静電気のことです。

 昨年末に母とのバチバチの争い、いや静電気が走ったことを書きましたが、今日は仕事場のお姉さまとの間で起きました。

 出勤してすぐ上着を脱いでると、あとから入ってきたお姉さまが私のそばで同じように上着を脱ぎ始めました。

 それはよくあることなのでぶつからないように・・・と脱いでましたが、その途中でバチバチバチとそこそこ長い時間擦れあったためか、静電気の痛みも長く続きました。

 お互いに反射的に「あ、ごめん!」「いえ、こちらこそごめんなさい」と声を掛け合いました。

 そのときはそれで終わったんですが、別のお姉さまが出勤したときに先ほどのお姉さまが「さっき、ねこちゃんとバチバチだったのよ」と言い始め「え、何かあったの!?」と驚いてました。

 そりゃそうですよね。
 バチバチしちゃったなら静電気かな?と思いますが、バチバチで言葉を止めてしまうと争いごとのほうを想像しちゃうと思います。

 そして、やはりというか「どうしたの?話聞こうか?」とすっかり仲裁モードのお姉さま。

 私たちは最初なんでそういう感じなのかな?と思いましたが、さっきのバチバチ発言が発端だなと気づきました(笑)。

 一応、私が経緯を説明して事なきを得ましたが、そこでも「だからバチバチだったの」と言う最初のお姉さまに対し「だから、バチバチしちゃったって言わないと誤解するでしょ」と不穏なムード。

 せっかく事なきを得たんだから・・・と、今度は私が仲裁モード。

 もう、連休明けの出勤で別の意味で疲れました(* ´艸`)

2024年1月 8日 (月)

お腹も優しく

  1日は  過ぎてもお腹  労われば

                年を通して  健やかになる

 今日までTくんのお泊りでしたが、今朝はお粥を食べました。

 え、せっかくのお泊りでお粥?と思うかもしれませんが、七草粥のことです。

 あれって1月7日じゃないの?と思いますよね。
 ハイ、昨日はすっかり忘れてただけです(笑)。

 なので今朝、お腹を労わる意味でも朝に食べるのがいいだろうということで、お泊り最後の朝食でしたが七草粥にしました。

 もちろんTくんは不満なんて言いませんし、お腹に優しくという配慮はありがたいと言ってくれたので、私もそんな気持ちに感謝です。

 今週から本格的にお仕事が始まる感覚なので、体を保つのに関わるお腹が健やかに・・・。

2024年1月 7日 (日)

小石

  拾い上げ  喜ぶ笑顔  向けたなら

               人違いでも  優しく応え

 人は生きていれば何かしらミスをします。

 可愛いものから、取り返しのつかないものまで様々です。

 今日は前者のものを紹介しますが、ミスをしたのは私ではありません。ここで書くとすぐに私のことだと思われそうですが、私ではありません(笑)。

 で、お天気も良かったので2人でお散歩してたんですが、とある道の途中で親子がお散歩してるのが見えました。

 向こうは若いパパと幼い女の子の組み合わせで、女の子が何やら下を向いて拾い上げました。

 そして、それを先ほどのパパに見せるかと思いきや、なぜかTくんに向かって満面の笑みで嬉しそうに渡してきました。

 Tくんも初めは人違いであることを伝えようと思ったらしいんですが、仮に人違いだったとしても女の子にとって拾い上げたものが嬉しかったことに変わりないということで、そのまま「ありがとう」と同じく笑顔で受け取りました。

 2秒くらいして女の子は間違いに気づくんですが、ビックリして泣いたりパニックになりそうなところ、パパのほうにさほど急ぐわけでもなく歩いて行って「プレゼント♪」と報告してました。

 あれ?もしかして間違いではなく、Tくんにもともとあげるつもりだった?と思ってしまうほどスムーズな流れでした。きっと女の子なりに間違ったことの恥ずかしさを違う形にして紛らわせたかったんでしょうね。

 ちなみに、ここまで拾い上げたものを書いてませんが、Tくんがもらったのは・・・小石でした。

 それも、客観的に見て特別美しい形や色をしてるわけでもなく、ホントにそこらに落ちてる普通の小石でした。

 でも、女の子にとっては何か心にかかるものがあったんでしょうね(*´∇`*)

2024年1月 6日 (土)

無言のハグ

  いつもより  お泊りの意味  重いかな

                  互いの存在  直に感じて

 昨年末から決まってたことですが、今日からTくんのお泊りです。

 今年最初なので、お泊り初めですね。

 元旦のあの地震があったことで自粛ムードになってはいけないと、Tくんも予定通り来てくれましたが、玄関先で黙ってハグしてくれました。

 お姉さまたちと同じで、お互い気持ちが分かってるので無言の時間が過ぎました。

 このとき、またも泣きそうになった私の顔を見たTくんは、優しい笑顔でもう一度軽く抱き寄せてくれました。

 ダメですね。
 いい歳なのに、未だ弱くて・・・(苦笑)。

 さすがにいつものお泊りのようにはしゃげませんが、それでも一緒にいる時間を大切にしたいと思います。

2024年1月 5日 (金)

ぽか

  在宅の  作業は眠気  誘うもの

               寒さ薄れて  加速するかな

 年末年始、いつもより寝る時間が多かったせいか、昨日の仕事始めは出勤もしてたので良かったですが、今日は在宅勤務だったので眠気が半端なかったです。

 というか、年始早々の寒さが薄れて、ちょっと暖かさも感じる空気で眠気が加速した感じです(笑)。

 もちろん誰の目がなくても勤務時間中に寝ることはないんですが、お昼休みに仮眠でも取ろうとベッドで横になったら1分以内にカクンと意識を失い始めたので、これはきっと午後の時間になっても起きないだろうなと思って起きました。

 しかも在宅だと通勤時間はもちろんのこと、外出のお仕事や資料室との行き来がないので消費カロリーも少なくなりがちなので、眠気覚ましも兼ねて軽くお散歩してきました。

 ついでに、帰り道のコンビニでプリンも買っちゃいました(*´∇`*)エヘヘ

2024年1月 4日 (木)

できるときに

  日常が  いつか非常時  訪れる

                悔やまぬように  命大事に

 今日から仕事始めです。

 しかし、元旦に起きた大地震の影響からか、さすがにお姉さまたちも出勤してすぐは最低限のあいさつで、少しの間はおとなしかったです。

 ちなみに今日は私たちの出勤組に加えて社長さんも出てきました。

 年始で調子が出ないのかと心配してましたが、そのうち社長さんが全員に「大きな災害があったけど、生きてる自分たちは普段の生活を送ろう」と声を出しました。

 そのうえで「今は何もできないかもしれないけど、祈ることはできるし、みんなの元気を送ってあげよう」と言葉をつづけました。

 それまでらしくないほどにおとなしかったお姉さまたちですが、急に私のもとに寄ってきてぎゅっとし始めました。

 最初は驚きましたが、何も言わずぎゅっとしてるお姉さまたちの気持ちを感じ取り、そのままにしておきました。

 でも、なぜか言葉にしてないのに意味が分かり、されるがままになってる私は涙が滲んできました。

 お姉さまたちも同じだったようで、体を離してお互いの顔を見てさらに泣くかと思いきや、笑いに変わってしまいました。

 社長さんの言葉が刺さったんですけど、全員が3.11を同じ場所で経験してることもありますし、生き残ってる今このときを悔いなく生きることの大切さを胸に、お仕事も頑張っていきたいと思います。

2024年1月 3日 (水)

無力感

  災害の  前では無力  感じられ

               何もできずに  もどかしすぎて

 自然災害の規模にもよりますが、その前では人間はかくも無力になるものか・・・と感じてしまいます。

 元旦に起きた能登半島地震。
 日が経つにつれて犠牲者の数も増え、さらには街の崩壊の様子もだんだんと分かってきました。

 比較的古い家屋の倒壊は早くから伝えられてましたが、普通のビルが完全に倒壊してるのを見て、ここまでなのかと思うのと同時に阪神淡路大震災を思い出し、避難できずに今も苦しんでる方々が多くいらっしゃるんだろうなと胸が締めつけられます。

 簡単なことでもなく、不謹慎に思われるかもしれませんが、ビルの倒壊なども大きな手でヒョイと動かせるなら・・・と考えてしまいます。

 もちろん現実的にはありえないことですが、そのくらいなんとかしたいという気持ちが高まってしまいます。

 今の私たちには祈ることしかできないのでしょうか・・・。

2024年1月 2日 (火)

再度確認

  災害は  時を選ばず  起こるもの

               常に備えは  確かめること

 1日経ち、能登地震の被害が分かってきました。

 発生直後は被害が大きいと情報の発信もままならないので、想像するくらいしかできず、なんとか無事を・・・という思いで一晩過ごしました。

 そして今朝、さらに時間が進むにつれて現地の様子が報道されると、想像以上の被害でした。

 震度7が直下で起こってるんですから仕方ないのかもしれませんが、家屋の倒壊、火事、道路の陥没や変形、液状化現象などなど・・・。

 水道や電気、ガスなどのインフラの復旧が最優先ですが、これらの被害は日本どこでも起こり得るもので、もしかしたら明日は我が身ということにもなりかねないので、改めて今回の地震を通して普段の備えの大切さを再確認させられます。

 明日と言わず、今このときも起こるものとして心がけておきたいものです。

2024年1月 1日 (月)

大心配

  新年の  始まりまさか  大地震

                被害多発で  無事の祈りを

 今回は新年のご挨拶を控えさせていただきます。ご了承くださいませ。

 今日は朝からいいお天気で、これぞ新年の空という感じで今年もいい感じで始まる・・・と思った夕方のことでした。

 私は本を読んでたんですが、リビングで母がテレビをつけてたことで緊急地震速報の音が聞こえてきました。

 ケータイが鳴ってないことを確認して、自分の部屋でもテレビをつけてどの地域なのかを見ました。

 すぐに石川県(能登地方)と出たので、少しでも被害がないようにと祈ってましたが、少しして震度蛾が発表されると・・・ゆら・・・ゆ~ら・・・ゆ~らゆ~ら・・・と遠く離れたこねこ家でも、なんとも気持ちの悪い揺れを感じました。

 と同時に、これは震源地ではかなり大きな被害が出る地震ではないかと思ってたら、さらに時間を置いて震度7の情報を聞きました。

 しばらくは現地からの情報がなかなか出なかったものの、だんだんと被害の大きさを知るたびに、これ以上・・・という祈りに変わっていました。

 揺れそのものの被害はもちろんのこと、伴う津波の恐ろしさは3.11でよく知ってるので、なんとか被害は最小限に抑えられればと思うばかりです。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »