2019年10月21日 (月)

ビクトリーロード

  世界にも  ファンを増やした  勇敢な

            桜の戦士に  拍手喝采

 寂しい・・・このひと言に尽きます。

 昨夜、ラグビーW杯の日本vs南アフリカ戦があり、残念ながら敗れてしまいました。

 その試合後のインタビューで、選手から出た言葉が「寂しい・・・」でしたが、まさにその通りです。

 前回大会の躍進から、今度は地元開催ということでさらに期待され、大会前のさまざまな不安も吹き飛ばす盛り上がりに、1試合ごとに注目されはじめ、にわかファンも含めて国内の盛り上がりは最高潮に達していました。

 ラグビーの一般的なイメージとして、激しいスポーツなのは分かるけど、ルールがよく分からないとか、野蛮な・・・という意見もあると思います。

 しかし私もそうでしたが、実はもっとも紳士的なスポーツであるというのを、試合中も含め、試合後、またはファンの交流など、いろいろ知っていくと紳士的なという意味を深く理解できました。

 試合中で言えば、ほかの競技で審判は裁く者というイメージですけど、ラグビーでは仲裁者の意味もあり、試合を成立させる大切な人であることで、両チームの選手もリスペクトをもって接します。

 これって、当たり前のようでなかなかできないことで、今回ラグビーを見てて清々しさを覚えたのはこういうことも大きく関係してるでしょうね。あえて何の競技とは言いませんが、ほかのスポーツではなかなか見られないことですから。

 また、試合後にはお互いの健闘をたたえ合い、両チームの選手がそれぞれに花道を作り、グラウンドを去るのを拍手で送りだしてるのを見たとき、スポーツマンシップの究極形ってこのことを言うのでは、と思いました。

 試合ではあれだけ激しくぶつかり合ったりしてても、終わればノーサイドと言われますし、それを言葉だけじゃなく形に表してるのも、簡単なようですけど、できることじゃなかったりしますよね。

 あと、これは試合とは関係ないですが、先日の台風の影響で試合が中止になったカナダの選手たちが、その空いた時間で被害に遭った地域に赴き、泥水除去のボランティアをしたというのを聞いて、ラグビーをするため、もっと言えば国のプライドをかけた世界大会に来たのに、なんて人たちなんだ・・・と思ってしまいました。

 そして日本代表、ブレイヴブロッサムズ(勇敢な桜の戦士)の戦いは終わりました。

 前回大会よりは結果も内容も前進、成長してますし、これを一時的なブームで終わらせないためにも、W杯が終わってもメディアなどで取り上げ続けてほしいですね。また、私たちも見守り続けたいと思います。

 選手たちには感動をありがとう、お疲れさまという気持ちでいっぱいです。
 これで戦いは終わりましたが、ブレイヴブロッサムズのビクトリーロードはまだ始まったばかりです・・・。

2019年9月29日 (日)

根づく文化

  マイナーと  呼ぶのはもはや  昔かな

             厚くて熱い  肉の塊

 現在、日本で開催されているラグビーのW杯を皆さんはご覧になっているでしょうか。

 日本ではまだマイナー競技のイメージが抜けないですが、競技そのものは知名度もありますし、何よりも前回のイングランド大会で、優勝候補でもあった南アフリカをジャイアントキリング(番狂わせ)で破った一戦は記憶に新しいと思います。

 あれから4年。
 昨日の試合で、日本は再び世界に衝撃を与えました。

 → https://www.youtube.com/watch?v=3RbylEEBLdQ

 今回は南アフリカよりもさらに強豪のアイルランドで、世界ランクも2位ということで、さすがに今回は厳しいかなと思ってました。

 何よりも体格が違い過ぎて、前線の選手を見ると緑の(アイルランドのカラー)厚い壁のように見えたからです。

 でも、試合が始まるとその壁にも負けない日本の連携の取れた攻守に、前半こそリードされたものの、後半はアイルランドに得点すら許さず、日本は逆転を果たしました。 

 今大会は初めて強豪国以外での開催、しかもアジア初ということで、日本ではメジャーではないこともあって、はたして盛り上がるのだろうかという懸念もありましたが、始まってみるとこんなにもファンがいて、スタジアムが大歓声で埋まるとは思ってもいませんでした。

 試合が行われたのは静岡でしたが、日本各地でパブリックビューイングが行なわれていて、昨日も外出してる途中で桜のジャージ(日本のユニフォーム)を着てる人を見かけたので、身近なところでも盛り上がりを感じました。

 ちなみに私も試合は見てましたが、サッカーのW杯と同じように、マンション内の人たちも見てたようで、窓の向こうから歓声が聞こえてました(笑)。

2019年3月22日 (金)

時代とともに

  平成と  共に歩んだ  ヒーローに
       常にギフトを  もらい続けて
 昨夜、突然のニュースに時が止まってしまいました。
 すでに皆さんもご存知と思いますが、あのイチロー選手が引退を発表しました。
 最近何かと「平成最後の〇〇・・・」というフレーズを聞きますけど、今回の引退はまさに、平成とともに1人のヒーローの歩みも終わりを迎えるときが来たのかなと思いました。
 28年という、長い現役生活の中で数多くの名場面がありましたが、個人的にはやっぱり2009年のWBC(ワールドベースボールクラシック)の決勝戦での、勝負を決めた一打が印象的です。
 シーズンとは違い、日本代表での戦いであり、国のプライドがぶつかり合う舞台で、相手にバットを向けるイチロー選手独特のフォームは、まさに刀を抜いたサムライのようにも見えました。
 数多くの記録を作り、様々な記憶に残る場面を見せていただき、本当にありがとうございました。そして長い選手生活、お疲れまでした。

2019年2月13日 (水)

全力応援

  大病も  みんなでエール  送りたい

           治る希望に  全て託して

 昨日、衝撃のニュースが飛び込んできました。

 日本水泳界の宝でもある、池江璃花子選手が白血病であることを公表しました。

 すでに治療のために入院しているとのことですが、あまりのことの重大さ、そしてまさか池江選手が・・・というショックで、最初にそのニュースを聞いたとき、信じられませんでした。

 おそらく本人が一番信じられない・・・いや、信じたくないと言ったほうがいいのかもしれませんが、なんでこんな大事な時期にという思いが強かったと思います。

 来年には東京オリンピックもあり、そのための選考会など、大事な時期でもあります。

 でも、以前と比べて生存率は高くなったとはいえ、裏を返せば少しでも危険な確率が残ってるということですから、今はオリンピックよりも治療に専念すること、また周りが全力でサポートしてあげられる状況を作り出すことが大切ですね。

 年齢的にもピークに近い状態で、しかも地元の東京で開かれるオリンピックに出られないかもしれないことは、本人が一番悔しいでしょうし、ショックも大きいと思います。

 私たちには直接何かしてあげられないかもしれませんが、とにかく無事に、まずは命が助かることを最優先にと、祈りを送るばかりです・・・。

2019年1月27日 (日)

快挙と成長

  覚醒と  努力の結晶  実を結び

        大坂時代の  到来告げる

 昨日、オーストラリアで行なわれていたテニスの全豪オープンにて、大坂なおみ選手が見事に優勝しました。

 しかも、優勝すれば世界ランキングも1位になれるということで、これも日本人としては初のことなので、ダブルの快挙となりました。

 すでに全米オープンを制したことでも快挙ですが、メジャーな4大大会のうち、今回の全豪オープンも制したことで、残りの2つ(全仏オープン、ウィンブルドン)も遠い目標や夢ではなくなってきたかもしれません。

 以前は、シングルの伊達公子さんや、ダブルスの杉山愛さんが世界の上位に食い込むことで夢を見せてもらいましたが、これからは大坂選手の時代ですね。

 テニスは試合間隔などが厳しく、かなりの体力を必要とされますが、彼女はまだまだ若いですし、ケガのないように年間を通して活躍できることを祈ってます。

2018年10月22日 (月)

愛の終演

  引退で  1つの時代も  終わるけど

          次の世代を  愛が支える

 昨夜、突然の速報に目を疑いました。

 結婚して一児の母になりましたが、みんなの愛ちゃんという感覚はあると思います。

 それはまだ幼いころから注目され、ずっと成長の過程を見続けてきたからこその思いでもありますし、それだけにこの引退は寂しくもありました。

 しかし、一時代を築いた彼女に代わり、若い世代がどんどん出てきたことも事実ですし、愛ちゃんの決断を尊重したいと思います。

 選手としては引退ですが、その経験値を活かして若い世代を育てる役目もありますし、東京五輪では選手のそばで、もしくは会場のどこかで、活躍する若手に涙する場面がみられるかもしれませんね。

 泣き虫愛ちゃん、永遠なれ!ヽ(´▽`)/
 そして、長いことお疲れさまでした。

2018年9月10日 (月)

ニューヒロイン

  パワフルで  女王に見事  勝利して

      新たなヒロイン  その名はナオミ

 サッカーのW杯で、日本が優勝するのと同じくらい難しいことを、まだ20歳の若きヒロインが偉業を成し遂げました。

 テニスの全米OPで、大阪なおみ選手が優勝しました。
 これはメジャー4大大会通じて、日本人として初めての優勝でもありました。

 男子では錦織圭選手が惜しいところまで行きましたが、女子は過去に伊達公子選手が世界で活躍し続けたものの、ここまでの成績はありませんでした。

 しかも、決勝での相手が女王と呼ばれる、セレナ・ウイリアムズ選手だったことも大きいです。

 しっかりと勝ち上がって、最後の相手も文句のつけようがない選手ですし、試合内容もパワーのある相手に力負けしてなかったので、誰もまぐれで勝ったとは言わないでしょうね。

 まだ20歳ですし、残りの3つのメジャー大会も優勝し、グランドスラム制覇も夢見てしまいます☆

 ちなみに、試合後のインタビューで何が食べたいかを聞かれて、カツカレーと抹茶アイスと答えたそうです。

 そんなんでよければ、いくらでもおごってあげたいです(笑)。

2018年8月21日 (火)

2つの星

  活躍の  場面これから  いくらでも

         あると思えば  涙を拭いて

 今日、午後に外出のお仕事があり、地下鉄の某駅構内を歩いていました。

 ほかにも移動してる人たちがいましたが、その半分くらいが立ち止まってスマホを見てるので、何か大きな事件でもあったのか?地震か?と思ってしまいました。

 しかし、ふと思い出したのが、そういえば今日は高校野球の決勝だっけ・・・ということでした。

 でも、過去にこんな光景は見たことがなく、今回は注目を集める対戦だったからこそ、皆さん立ち止まって見てたんでしょうね。

 スター軍団の大阪桐蔭に、公立高校の星・金足農高。

 結果は大きく有利が伝えられていた、大阪桐蔭高校が見事に優勝しました。

 一方、対戦相手の秋田・金足農業高校も、公立高校ながら決勝まで上がってきましたから、今回は相手が強すぎたということですね(結果も大差で大阪桐蔭)。

 金足農高のエース・吉田投手も最後は力尽きてしまいましたが、彼の活躍の場はまだまだこれからですから、涙を拭いて前を向いてほしいです。

 大阪桐蔭のほうは、何人が今年のドラフトに名前が出るのか・・・というスター選手の集まりでしたが、そう思われることもまた少なからずプレッシャーはあったと思いますし、その中で実力をしっかりと示したこともさすがです。

 今年は記録的な猛暑で、当初はそんな中での甲子園はどうなのかと言われてましたが、今回はちょうど100回の記念大会だったこともあり、これを区切りとして、来年は県予選から本大会の開催時期、または開催場所(ドーム球場など)も検討する時期が来たのかもしれません。

 伝統や歴史的に見て、なかなか甲子園や真夏の短期決戦を変えようという流れになりづらいと思いますが、長くプレイさせたいのであれば、やはり抜本的な改革をしなければいけないのかもしれません・・・。

2018年7月 3日 (火)

失意と決意

  爪痕を  残せば次は  土台にし

       さらなる上の  レベルに進む

 失意の朝となりました。
 しかし、選手たちが残したものは、次への決意ともなりそうです。

 サッカーのW杯ロシア大会での、日本の戦いは幕を閉じました。

 終わってみれば、日本はまだこのレベルなのかなと思わざるを得ませんが、それでも戦前の評価からすれば大健闘ですし、常に負けると言われてたどり着いた決勝トーナメント1回戦の相手、世界ランク3位の強豪ベルギーに大差で負けるという予想を見事に覆してくれました。

 負けはしたものの、爪痕を残したと思います。
 おそらく今後は世代交代も進み、選手も大幅に変わると思います。

 若い選手はこの爪痕を土台にして、ボルダリングのようにさらなる高みへと向かってほしいと思います。

 今はただただ・・・お疲れさま。

2018年6月25日 (月)

開き直りJAPAN

  下馬評も  相手の強さも  受け入れて

           開き直れば  怖いものなし

 今日は都心で32℃を超え、とても暑い1日でした。
 でも、今回は暑さというより「熱さ」でしょうか。

 昨夜、ロシアで行なわれてるサッカーのW杯で、日本の第2戦、セネガルとの試合がありました。

 大会が始まる前、技術でコロンビア、フィジカルでセネガル、経験でポーランドにそれぞれ何もできずに惨敗かと思ってました。

 ところが、第1戦のコロンビアでは開始早々のラッキーもあって、予想外の勝利を手に入れました。

 そして、コロンビアとは違う意味で危険だと思ってたセネガルにも、結果としては引き分けでしたが、二度のリードを許しながら追いついてのドローだったので、これもまた予想外でした。

 前回、コロンビアには勝ったものの、その後2連敗してグループリーグ敗退と予想しましたが、こうなったら開き直ってどこまで行けるか楽しみたくなりました。

 相変わらず、内容が悪い選手も一部にはいますが、勝負は結果の世界ですし、特に決勝トーナメントになれば一発勝負の連続なので、ポーランド戦はトーナメントのつもりで勝ちを狙いに行ってほしいですね。

 引き分け以上で自動的にトーナメント進出が決まりますが、セネガル戦同様、勝ちを狙いに行っての引き分けならいいと思います。

より以前の記事一覧