2020年9月20日 (日)

まきまき♪

  食欲も  戻る涼しさ  待ちわびて

          家族で作る  アレの巻き巻き

 4連休に入り、昨日の夕方にはTくんもお泊りに来ました。

 そのタイミングで涼しさも訪れたのは、私にとっては最高です(照笑)。

 で、涼しくなれば私の食欲も戻るわけで、前からやろうと思ってた「手巻き寿司」を母も交えて3人で作りました。

 以前は手巻きにしようと思ってちらし寿司にしたこともありますが、ようやく念願叶いました☆

 ちなみに、ただ作るだけじゃ面白くないということで、1つだけワサビを多めにしたものも作りました。

 あ、言っときますけど、テレビで見るような尋常ないほどの量を入れたわけじゃないですよ。

 少し多めにした程度だったので、咳き込んでどうにもならない・・・ということではありません。

 しかし、その当たり(ハズレ?)を引いたのが私だったようで、辛いものに耐性があるので最初は気づきませんでした。

 全部食べてから誰が食べたのか?ということになり、そういえば少し辛いのがあったかな?と思い返して告白しましたが「もっと多めにしないと分からなかったね」と、母のまさかの発言(笑)。

 でも、私の辛さ耐性を考えればそれもあながち間違いではなかったかもしれません。

 そのかわり、私以外の人に当たった場合は保証しませんが(* ´艸`)

2020年8月 6日 (木)

アジの日

  写真から  心の声が  聞こえると

          バテるこねこに  喝を与える

 今日は8月6日。

 一般的には、広島に原爆が落とされた日として知られてますが、こねこ家ではマルコの誕生日でもあります。

 もちろん今はこの世にいませんが、ウチでは今でも誕生日をお祝いしています。

 生きてるときから続いてますけど、マルコが一番好きだったアジの開きを食べることにしています。

 普通の日でもアジの開きを食べますが、この日だけは特別で、マルコの写真の前に小皿にいれたアジを置いて、一緒に食べてる雰囲気を出します♪

 亡くなってから毎年そうですが、アジを食べながら生前のマルコを思い出して、思わず笑顔になったりします。

 生前は、焼きたてのを少し冷まして、今使ってるのと同じ小皿であげるんですが、すでに焼いてるときから我慢ができないようで、グリルの前を行ったり来たり、ときには様子を見ようと背伸びをしますが、そこは危ないので私たちが見張ってます。

 そして焼き上がり、グリルから出すときから戦いが始まります。
 待ってました!と言わんばかりに、グリルからお皿に移し、小皿に分けるところまでマルコがグイグイ入り込んでくるため、誰か一人が抑えてないと作業ができません(笑)。

 で、いよいよ解禁となり、小皿に顔を突っ込んんで食べ始めたかと思うと、あっという間に完食。

 まだ食べきってない状態でこちらに向かって鳴くので「んまい、んまい」と聞こえるのはネコあるあるです☆

 当然足りないので催促をしますし、こちらもそのほうがおかわりをして満足感を与えられると思うので、あえてそこそこの量をあげて、おかわりしてちょうどいい感じにしてました。

 そして二杯目を食べ終わると、またも「んまい、んまい」と言いながら、今度はそれで終わりと分かってるのか、いかにもおいしかったというように口回りや顔を洗う仕草をしてました。

 私も「おいしかった?」と聞くと、今度は無言で口をモゴモゴしたり顔を洗ったり。

 人でもネコでも、おいしいものを食べると無言になるというのは本当なんですね(笑)。

2020年7月25日 (土)

止まぬもの

  張り上げる  声と物音  凄まじく

          顔を見合わせ  外を覗けば

 今朝、ケンカがありました。
 といっても、Tくんとは相変わらず仲良しなのでご安心ください(照笑)。

 それは朝の7時ごろでした。
 母も含めて3人で朝食の準備をしていると、どこからかケンカしてる声が聞こえてきました。

 外ではなく部屋の中から聞こえてくる感じだったので、同じ棟内というよりは私の部屋の向かいにあるマンションの可能性を感じたため、好奇心に駆られた私は見に行くことに。

 行く前に顔を見合わせたTくんもあとからきて「物好きだねぇ」と言って入ってきました。

 お互いさまでしょと思いつつも(笑)今度は2人で聞いてると、今度は声だけじゃなく何かを投げつけてるような音まで聞こえてきて「すごいね・・・」と再び顔を見合わせてしまいました。

 すると、なかなか戻ってこないからか、母まで部屋に入ってきて「どこ?」と興味津々(笑)。

 だいたいの方向は分かるものの、さすがに部屋の特定まではできないので、キッチンへ引き返しました。

 最初は私が興味を示したものの、Tくんも母もぞろぞろやってくるのを見ると、みんなもの好きなんですね(* ´艸`)

2020年7月24日 (金)

曜日②

  土曜まで  待てずに食べる  うなぎでも

            旨さ変わらず  楽しめるかな

 今日は金曜日ですが、土曜です。
 いえ・・・土用です。

 あ、ホントの土用は過ぎてるので、ただの金曜日ですけどね(笑)。

 で、スーパーで買ったものですけど、うな丼にして山椒を多めにかけて食べると・・・母、Tくん、こねこのほっぺが3つ落ちました(* ´艸`)

 こういう時期にしか食べないものですが、だからこそなのか、おいしさをしっかり覚えてるのは不思議ですね。

 そして、一度食べてしまうとまた食べたくなりますが、また次の土用の楽しみにしておきたいと思います♪

2020年6月21日 (日)

変更対応

  味つけが  似てるものなら  具材だけ

            あればいつでも  変更可能

 父の日の今日、久しぶりに会ってきました。

 親子とはいえ離れて住んでることもあり、緊急事態宣言などでなかなか会うことはできませんでしたが、外出することの制限も緩和されたことで、堂々と行くことができます。

 で、父に会うときはお昼が多く、同時に食事も一緒にすることから、予めリクエストを聞かれました。

 私は昨夜から今朝にかけて肌寒かったことから、うどんをリクエストしてましたが、父のところへ向かう頃にはムシムシし始めてたので、親子丼に変えられるか連絡すると、あっさりOKの返事。

 でも、あえて親子丼にしたのは、うどんからの変更がしやすいこともあります。
 うどんに入れる具材にもよりますが、味つけは近いものがあるので、あとは具だけちょこっと変えればいいと思ったので。

 父と娘で食べるから親子丼・・・という理由も多少はありますけど(笑)。

 実際、向こうへ着いてみると父も、全然違うジャンルじゃなくて良かったと言ってました。
 一応、変更しやすいものにしたことも言うと、そこまで気にしなくてもいいのにと優しい笑顔で言ってくれました(*´∇`*)

2020年6月 6日 (土)

チャレンジ!②

  甘エビと  誤解してから  始まれば

           母と仲良く  食べて完結

 先日、母がアマビエ様と甘エビを勘違いしたところから始まり、それから甘エビを食べたい欲求が高まっていました(笑)。

 そして今日、どうせ食べるならお寿司がいいかなと思って、お散歩のついでにスーパーへ寄りました。

 しかし、当たり前ですが甘エビだけのお寿司というのはなかなかないもので、お寿司になるとどうしても脇役のイメージになりがちなため、どうせなら自分で作ってしまおうと思いました。

 甘エビ単体であればいくらでも売ってますし、ほかの寿司ネタがどうでもいいとは言いませんが、今回は甘エビを食べたかったので(笑)。

 で、母に酢飯を用意してもらうように連絡し、甘エビ片手に帰宅のこねこ。
 ところが母から提案されたのは、素人が握り寿司なんて無理だから、どうせなら丼にしようということで、豪華な甘エビ丼を2人で食べることにしました♪

 出来上がりはとても単純です。
 酢飯に甘エビを乗せ、わさび醤油をサッとかけただけで、母とこねこの甘エビチャレンジは無事に完結しました(笑)。

2020年5月29日 (金)

チャレンジ!

  あるものと  思いながらの  話には

            展開するほど  笑い積まれて

 昨日、とある話題から「アマビエ様」の話になりました。

 いきなりなんじゃ?と思うといけないので軽く説明しますが、アマビエというのは簡単に言うと想像上の生き物で、疫病が流行ったときにその姿を書き写したものを人々に見せよ・・・という言葉を残したとされる妖怪のようです。

 詳しくはウィ〇ペディアなどで検索していただければ(笑)。

 と、そんなアマビエ様ですが、今回の新型コロナはまさに疫病ですし、注目を集めました。

 少し前ですがアマビエチャレンジといって、書き写したものを人々に見せよという言葉そのままに、さまざまな人がその姿を描いたものがSNS上に上がってるのは知ってました。

 で、そのことも含めてアマビエ様のことを母と話してると、自分もやってみたいというじゃありませんか。

 え、母に絵心あったっけ?と思ってると、そこからとんでもない勘違いから2人で大爆笑になりました。

 私は好きだからいくらでも食べられると言い出す母。
 食べられる?・・・え?何を言ってるの?と思ってると「だって甘エビチャレンジでしょ?食べ放題ってことよね」と言ったのを聞いてしまいました。

 〇 アマビエ

 ✕ アマエビ

 字で見ても間違えそうですが、パッと聞いただけでも間違えやすいですね。
 いやぁ、まさか母のド天然発言により、こんな展開になるとは・・・(笑)。

 でも、甘エビチャレンジだったら私もやってみたいですね。
 母と同じく、私も甘エビは大好きなので♪

2020年5月10日 (日)

ぐーたらデイ

  母の日に  限らず共に  住むものは

             感謝の証  常に表す

 今日は母の日ですが、ウチではマッサージをしてあげました。

 というか、これはバレンタインのときにも、こういう日をあえて利用して感謝を伝えるために、サンクスチョコと称したり、感謝を表すのはいつでもどんな手段でもできるということですね。

 なので、私にとって母の日は毎日です♪

 私のほうがお仕事で、束縛時間が多いのでどうしても母に家事を頼ることも多いですが、今のようなご時世だと時間も多少はできますから、今日のマッサージは特に丁寧にしました☆

 すると・・・これは私に似てるというより、母のそういうところが私もあるってことになりますけど、うつぶせになって肩や腰を揉んであげてると、いつしか寝てました(笑)。

 私のベッドでやってたから余計にそうなのかもしれませんが、寝たのが分かってからもふくらはぎまでマッサージして、今日はムシムシしてたの♪でタオルケットをかけてそのまま寝かせて起きました。

 その間、ちょうどよくキッチンが空くので、夕食の準備もついでにしちゃいました。

 で、わりと早く起きてきた母でしたが、すでに夕食も食べるだけと分かったときの笑顔はとても優しさにあふれてて、お礼もそのときに言われましたが、私にとってはその笑顔だけで十分でした(*´∇`*)

2020年5月 5日 (火)

ちらしてまとまる

  ちらしても  まとまるならば  作り甲斐

             あるもの食べて  家族団結

 昨日も少し予告してましたが、今日はあるものを作って食べました。

 Tくんもいることですし、力を必要とすることをお任せできるのがメリットです(笑)。

 といっても今回作ったものは、一部で多少疲れるかな?という程度のものだったので、彼にもそんなに負担をかけずに済みました。

 そのあるものとは・・・ちらし寿司です♪

 最初は手巻き寿司にしようと思ってたんですが、具材を無駄なく使いきりたかったので、どれだけ食べられるか分からない手巻きよりはチラシのほうがいいだろうという判断でした。

 また、ちらしのほうが具材をカットして酢飯と混ぜ込むだけなので、楽なのもいいですよね。
 酢飯を作るところだけ、私が混ぜながらTくんにうちわであおいでもらいました。

 そして、出来上がったのを母も含めて3人で食べましたが、やっぱり手作りはおいしいですね☆

 名前はちらし寿司ですが、おいしいものを食べるとみんな笑顔でまとまります(笑)。

2020年4月30日 (木)

ミート or フィッシュ

  突然に  肉と魚の  選択肢

       母のメールに  真面目に答え

 今日はお仕事の日でしたが、3時半~4時くらいの間に、母からメールがありました。

 着信時は手が離せなかったので、少ししてから確認すると「肉?魚?」とだけ書いてありました。

 ・・・・・・( ゚д゚)え?
 理解するまで2秒ほどかかりました(笑)。

 前にも、母は主語を抜かして話し始めるので、言わんとしてることを理解するのに大変という話をしたと思いますが、メールでもこんな調子です。

 でも、さすがに主語がなくても、今回はすぐに理解できましたし、私に肉?と聞くときは鶏肉が多いので、期待を込めて肉と返信しました。

 で、帰宅して夕食にしようと思ったら、出てきたのはシャケの切り身でした。

 あれ?魚って返信しちゃったかな?と思ってると「魚も肉のうちに入るでしょ」という、とんでもない強引な理論によって、私のおかずはシャケに決まりました(笑)。

 肉か魚と聞かれて肉と答え、出てきたのが魚という不思議な母娘です(* ´艸`)

より以前の記事一覧